有名な武将を多数輩出している愛知県。歴史好きな方のなかには、愛知県に観光で訪れて、戦国武将ゆかりの地をまわる方も少なくありません。各武将の知識を身に付けておくと、より史跡巡りが楽しめます。
「愛知県ゆかりの武将」では、名古屋出身の武将をはじめ、愛知県にゆかりのある武将をまとめました。気になる戦国武将をクリックすると、その武将の生涯や名言・逸話、愛刀がご覧頂けます。詳しい解説を掲載しているので、武将好きな方はもちろん、歴史が得意でない方にもおすすめです。

天下統一を目指した武将として有名な「織田信長」。現在でも人気のある人物であり、織田信長に惹かれる人は少なくありません。斬新な手法を採り入れ、念願の天下統一を果たした織田信長の人生には数々の逸話があり、歴史に残る出来事も多いです。今回は、織田信長の名言や逸話、愛刀などを、その生涯とともにご紹介します。

「豊臣秀吉」は、安土・桃山時代に活躍した武将。「織田信長」に仕えて異例の大出世を果たし、織田信長の後継者という形で天下統一を成し遂げましたが、豊臣秀吉が織田信長に仕える以前に、どのように過ごしていたのかは明確には分かっていません。一方で、その人柄は稀代の「人たらし」という評価があり、人間関係に関する多くの名言や逸話が存在。今回は、謎が多い天下人・豊臣秀吉の名言・逸話と、愛刀家として知られる豊臣秀吉の愛刀を、その生涯とともにご紹介します。

「徳川家康」は、江戸幕府を開いてから265年も続いた幕藩体制を確立した人物として、とても有名な武将。肖像画に描かれた姿から「メタボな殿様」のイメージが強い徳川家康ですが、「織田信長」や「豊臣秀吉」の陰で機が熟すのをじっと待ち、絶好のタイミングで頭角を現した「策士家」としての一面も併せ持っていました。今回は、徳川家康が残した名言や逸話と、徳川家康にまつわる名刀について、その生涯とともにご紹介します。

「丹羽長秀」(にわながひで)は、周囲の評価や諸説ある死因など、気になる点が多い武将です。丹羽長秀の名は、一般的には広く知られている訳ではありませんが「織田信長」が天下統一を進めるにあたり、「もし、丹羽長秀がいなければ今の愛知県は変わっていた可能性も大いにある」と評される人物として有名。今回は、丹羽長秀の逸話や名言、愛刀について、その生涯とともにご紹介します。

「前田利家」は、大きな長槍を操って戦で活躍した戦国武将。「織田信長」の家臣として活躍していましたが、のちに「豊臣秀吉」に臣従し、豊臣秀吉没後は「徳川家康」に帰順したことで「加賀100万石」の礎を築くことに成功しました。今回は、前田利家の逸話・名言や、前田利家の愛刀などを、前田利家の生涯とともにご紹介します。

「服部半蔵」(はっとりはんぞう)は、「徳川家康」に仕え、数々の戦で武功を挙げた猛将。一般には「忍者」としてのイメージが広く浸透していますが、服部半蔵は忍者としてではなく「武将」として非常に優れた人物でした。服部半蔵の名言・逸話、愛刀について、その生涯とともにご紹介します。

「福島正則」(ふくしままさのり)は、「豊臣秀吉」に仕え、「賤ヶ岳の戦い」(しずがたけのたたかい)では「賤ヶ岳の七本槍」のひとりとしてその名をとどろかせた戦国武将。武勇に秀でた「槍の使い手」であったことから、「豊臣秀吉の一番槍」と謳われました。しかし、最晩年には改易され、そのあと福島家は取り潰されることになります。福島正則の名言・逸話、愛刀について、その生涯とともにご紹介しましょう。

戦国武将「加藤清正」(かとうきよまさ)は、肥後国(現在の熊本県)を統治し、日本を代表するお城のひとつである「熊本城」(熊本県熊本市)を築城したことで知られています。また、幼少期を愛知県で過ごしたことから、愛知県には加藤清正の痕跡を残す場所も多く存在。愛知県ゆかりの武将である加藤清正の名言・逸話や愛刀を、その生涯とともにご紹介します。

「柴田勝家」(しばたかついえ)は、室町時代末期から安土桃山時代にかけて「織田信長」に仕えた戦国武将。戦国時代に日本でキリスト教の布教活動を行った宣教師「ルイス・フロイス」から、「日本で最も勇猛果敢な武将」と評されたことで知られています。織田氏一筋に仕えた宿老・柴田勝家とは、どのような人物だったのか。柴田勝家の名言・逸話、愛刀を、その生涯とともにご紹介します。

「榊原康政」(さかきばらやすまさ)は、「酒井忠次」(さかいただつぐ)、「本多忠勝」(ほんだただかつ)、「井伊直政」(いいなおまさ)と並んで「徳川四天王」と称された歴戦の功労ある武将。幼少の頃から「徳川家康」の小姓として仕え、元服したあとは数々の戦に参戦し、武功を立てました。榊原康政の逸話・名言と愛刀について、その生涯とともにご紹介します。

戦国武将
日本の歴史に登場する戦国武将をイラスト付きでご紹介します。
武将・歴史人の日本刀
武将・歴史人のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。
武将・歴史人イラスト集
刀剣・日本刀に馴染み深い戦国武将や武将・歴史人のイラストをご覧頂けます。

名古屋市中区丸の内にある「刀剣ワールド名古屋・丸の内/ミニ博物館」は、名古屋刀剣博物館「名古屋刀剣ワールド」に先立ち、東建コーポレーション本社1階に開館致しました。
「愛知県ゆかりの武将」では、愛知県にかかわりのある有名な戦国武将をご紹介。各武将の生涯や名言・逸話、愛刀がご覧頂けるので、気になる武将について詳しくなれます。
「刀剣ワールド名古屋・丸の内/ミニ博物館」では、刀剣をはじめ、甲冑、槍、薙刀、火縄銃などといった様々な武具を展示。そのすべてをどなたでも無料でご覧頂くことができます。美術的価値の高い武具がずらりと並ぶ様子は、圧巻と言う他ありません。
「展示品の紹介」のページには、日本刀や甲冑などのコレクション情報を掲載。ご覧になってからの来館をおすすめします。

もっと見る▼