刀剣はその美しさや深い歴史から、人々を魅了し続けてきました。かつては武器であった刀剣ですが、現在では国内外問わず人気の美術品となっています。また刀剣には多くの種類があるとともに、織田信長や豊臣秀吉などの有名な武将が所有者となっている場合もあり、知識を身に付けることも刀剣の楽しみ方のひとつです。
「刀剣入門」では、そんな刀剣について入門書のように勉強することができます。内容は日本刀の由来や時代ごとの刀剣の特徴、最強の日本刀、刀の楽しみ方など盛りだくさん。「刀剣初心者向けの入門サイトを探している」という方から、「もっと刀剣についての知識を深めたい」という方まで、幅広い方々におすすめです。

「剣」(つるぎ/けん)と言えば、アニメやゲームに登場する西洋の騎士が扱っている物というイメージがあるのではないでしょうか。しかし、剣はれっきとした日本刀の一種。西洋の剣とはルーツが異なる、由緒正しい歴史があるのです。剣の定義と語源、中国剣と西洋剣との関係、「刀剣コレクション名古屋・丸の内」展示の剣について、詳しくご紹介します。

日本刀は、その刀身だけではなく、刀身を保護する外装「拵」(こしらえ)を装着することで魅力が増す美術品です。拵に付属する「鞘」(さや)や「柄」(つか)などのことを「刀装」(とうそう)と言い、刀装を構成する各部のパーツのことを「刀装具」(とうそうぐ)と呼びます。そして、刀装具は制作者によって様々な装飾や彫刻が施されるのが特徴です。代表的な刀装具と、著名な制作者をご紹介します。

ひと口に「刀剣・日本刀」と言っても、その種類は様々です。広い意味で日本刀に含まれる「槍」(やり)や「薙刀」(なぎなた)、「剣」(けん/つるぎ)などは姿が特徴的であるため見間違うことはありません。また、刃長が1尺(約30.3cm)以下の「短刀」(たんとう)や、短刀よりは長いものの2尺(約60.6cm)には満たない「脇差」(わきざし)は、その長さによって容易に区別することができます。では、刀剣や日本刀と聞いて多くの方が思い浮かべる「太刀」(たち)と「打刀」(うちがたな)は、どのように見分けられるのでしょうか。太刀と打刀の違いが分かるポイントを探っていきましょう。

「槍」(やり)とは、刃を持つ「穂」(ほ)と長い「柄」(つか)を組み合わせた「長柄武器」(ながえぶき)の一種です。一方の「長巻」(ながまき)は「太刀」(たち)から発展した片刃(かたは)の刀剣で、「銃砲刀剣類所持等取締法」(銃刀法)では「薙刀」(なぎなた)のカテゴリに分類されます。槍と長巻それぞれの特徴について解説し、「刀剣ワールド財団」が所蔵する槍、長巻の逸品から3振をご紹介。さらに槍と長巻を比較しながら、その違いについて述べていきます。

日本刀は、その役割や寸法によっていくつかの種類に分けることができます。「太刀」(たち)や「打刀」(うちがたな)は刃長が2尺(約60.6cm)以上と規定。それより短く、江戸時代の武士が打刀と共に腰に差した日本刀が「脇差」(わきざし)です。「短刀」(たんとう)はさらに短く、1尺(約30.3cm)以下。短刀のなかでも合戦の際に活用されたのが「鎧通」(よろいどおし)で、甲冑を身に着けた相手に有効な武器でした。脇差と短刀、鎧通の特徴に焦点を当てながら、区別できるポイントを見ていきます。さらに、「刀剣ワールド財団」が所蔵する脇差・短刀・鎧通の名刀から1振ずつをご紹介しましょう。

日本刀は、全体を眺めるだけでも興味深く美しい美術品です。細部の造込みにも刀工のこだわりや、長い歴史の変遷を感じ取ることができます。日本刀の名称は日常的に使わない言葉が多く、中々覚えられないもの。そこで日本刀の部位名称をしっかり覚えることで、日本刀への理解が深まり、今後、日本刀鑑賞をする際にもきっと役立つことでしょう。

「刀装具」(とうそうぐ)とは、刀剣の拵(こしらえ)に附属する装飾部品の総称のこと。鍔(つば)、目貫(めぬき)、笄(こうがい)、小柄(こづか)、鎺(はばき)、柄(つか)、鞘(さや)、縁頭(ふちがしら)、下緒(さげお)などがあります。本来は実用的な目的で拵の補強具として作られていましたが、豪華に飾り立てることで地位や権威、信仰心や美意識を示すシンボルとなり、趣向を凝らした様々な意匠が施されるようになりました。草花、架空の霊獣、動物、魚、昆虫、道釈人物(どうしゃくじんぶつ:道教や仏教の神や高僧)、和歌、故事や伝説など図柄は千差万別。時代とともに流行も変遷して行きます。実際に刀装具の図柄を見てみましょう。

日本刀とは、日本独自の製法で作られた反りがある片刃の刀剣のことを言います。日本刀がはじめて現われたのは平安時代の頃。それまでは上古刀(じょうことう)と呼ばれる、大陸から伝来した両刃(もろは)の剣や直刀(ちょくとう)が主流で、海外の刀剣との大きな違いはありませんでした。日本刀発祥の歴史とそのルーツについて紹介します。

「日本刀」は、大別して「古刀」(ことう)、「新刀」(しんとう)、「新々刀」(しんしんとう)、「現代刀」(げんだいとう)の4つの時代に区分することができ、作刀された時代によって様々な特徴があります。各時代で作刀された刀剣にはどのような特徴があるのか。時代ごとに異なる刀剣の特徴をご紹介します。

「五箇伝」(ごかでん:別表記として五ヵ伝、五ヶ伝)とは、日本刀の主な5つの生産地である大和国(現在の奈良県)、山城国(現在の京都府)、備前国(現在の岡山県東部)、相模国(現在の神奈川県)、美濃国(現在の岐阜県南部)で生まれた伝法のこと。五箇伝は、日本刀が作られた時代のなかでも最も古い「古刀」(ことう)の時代に作刀されており、愛刀家の間でも格別の人気を誇るのが特徴です。五箇伝の伝法それぞれの歴史と特徴をご紹介します。

「天下五剣」(てんがごけん)とは、数ある日本刀のなかでも「名刀中の名刀」と評される5振の刀①童子切安綱(どうじぎりやすつな)、②大典太光世(おおてんたみつよ/おおでんたみつよ)、③数珠丸恒次(じゅずまるつねつぐ)、④三日月宗近(みかづきむねちか)、⑤鬼丸国綱(おにまるくにつな)のこと。天下に名高い5振の名刀天下五剣とは、どのような刀なのか、それぞれが持つ逸話を中心に、各刀を作刀した刀工や来歴などをご紹介します。

「日本刀」とは、かつて武器として使用されていた刀剣類のこと。漫画や映画などのフィクション作品では、「最強武器」のひとつとして挙げられるほど人気が高いことで知られています。最強の武器というイメージは、細身であやしい光を放つ見た目から来ていますが、実在する日本刀も、実はその切れ味の良さによって「格付け」がされていました。「最強の日本刀」を作刀した「最上大業物」(さいじょうおおわざもの)と呼ばれる刀工と共に、抜群の切れ味を誇る最強の日本刀に関する伝説、逸話をご紹介します。

「名物」(めいぶつ)とは、「享保名物帳」(きょうほうめいぶつちょう)に記載された日本刀のこと。日本刀に関する書籍に必ず登場する他、博物館などで展示される場合は「名物」と明記されるため、日本刀に詳しくない人でも言葉だけなら聞いたことがあるかもしれません。「名物」と呼ばれる刀とは、どのような刀なのか。「名物」に関する基本知識をご紹介します。

日本刀は、一見するとどれも同じに見えますが、大きさによって「太刀」や「打刀」、「脇差」、「短刀」などに分類されます。また、この他にも作刀者や作刀年代、作刀された地域、その時代の戦闘形式によって、様々な形状の刀が作られました。各時代、各地域で発達した刀工集団のなかには、「刀匠」と呼ばれる、優れた腕前を持つ刀鍛冶が多く存在します。そして、その作は日本史上有名な戦国武将や、幕末時代に活躍した志士達に愛用されました。それぞれの時代では、どのような刀匠が活躍していたのか。時代別に活躍した著名な刀匠とその作をご紹介します。

日本刀の研究は、武士制度の発展と共に進歩をしてきました。時代が進むにつれて刀剣研究家や刀剣鑑定士など、刀剣に関する専門家と呼べる人達が現われるようになり、刀剣・刀工の紹介、刀工の系譜や刀剣逸話・刀剣鑑定に関する書物などが作られるようになります。そうした日本刀に関する古書について紐解いていきましょう。

日本刀は、漫画や映画が好きな人であれば、誰もが一度は憧れる武器です。その理由は、「一目見ただけでも切れ味の良さを思わせる姿」や「素早い動きで標的を一刀両断することができる」などが連想されるため。実際に、アニメやゲーム、映画などに登場する際は、作中で「最強の武器」に設定されることもあることから、「日本刀は格好良いから好き」と言う人も少なくありません。そして、それらのフィクション作品を鑑賞する以外にも日本刀の楽しみ方は様々。現実で楽しむことができる「刀の楽しみ方」をご紹介します。

日本刀は、実際に手に持って鑑賞することができる美術品です。そのため、日本刀を美術館や博物館で鑑賞するうちに、「もっと間近で、手に持って鑑賞してみたい」と思うようになる刀剣ファンも少なくありません。昨今の刀剣ブームにより、全国各地で「刀剣鑑賞会」が多く開催されるようになりましたが、一方で「刀剣鑑賞会は難しそう」と言う不安を感じて、参加できないと言う方も多いです。刀剣鑑賞会に参加するにあたり、事前に知っておくと便利なマナーや、鑑賞する際のポイントをご紹介します。

博物館や美術館に展示されている「日本刀」は、どれも美しく輝いています。良い状態で鑑賞するためには、正しく取り扱い、丁寧に手入れをすることが必要です。日本刀を持つときの注意点や保管のポイントについて紹介します。正しい扱い方を学びましょう。

かつては武器として使われていた「日本刀」ですが、現在では美術品として価値が評価され、鑑定ランクが付けられます。評価する機関は国と公益財団法人「日本刀美術刀剣保存協会」です。2つの機関で日本刀がどのように評価されているのか見ていきましょう。

昨今、海外では日本刀の人気が高まっています。アニメや漫画のサブカルチャー、ユネスコ無形文化遺産に登録された和食など、クールジャパンブームが、日本刀人気を後押ししている現状です。日本刀と海外のかかわりについて、いつ頃から始まり、どのように広まったのか、ご紹介したいと思います。

現在、日本刀は美術工芸品として全国各地の寺社や博物館、美術館などに展示され、古代から現代に作られた物まで多くの作品を観ることができます。しかし、歴史を振り返ってみると、その用途は美術品として鑑賞されたり、贈答品になったりする以上に、武器として戦いの場で使われることが多かったのです。また、帯刀(たいとう)や所持の規制が厳しくなるまでは、街中で抜刀し刃傷沙汰になることも珍しくありませんでした。そして、戦場や事件が起きた場所のなかには、今なお日本刀による切り傷が残っているところがあります。どのような場所に切り傷があるのか、そこで起きたできごととともに紹介します。

日本には、神仏に対する感謝や崇敬の気持ちを込めて、神社や寺にお供え物を奉納する文化があります。これは古代から続く文化であり奉納する物も様々。収穫したばかりの米や作りたての酒、そして祭の山車や神楽舞なども奉納の一種です。日本刀が奉納されるのもこうした理由からで、人々にとって価値のある物を神仏に捧げることが感謝の意であり、今後も幸運をもたらして貰うための祈りでもありました。神社や寺のご紹介と、奉納された日本刀について見ていきましょう。

刀剣の基礎知識
刀剣に関する基礎知識から、刀にまつわる歴史など、刀剣情報を幅広くご紹介します。
刀剣・日本刀写真/画像
刀の種類や鑑定区分、制作時代などから刀剣を検索することができます。
刀剣・日本刀写真/画像
国宝や重要文化財など、美術的に価値の高い刀剣が動画で鑑賞できます。
刀剣写真ランキング
アクセス数の多い順にランキング形式で、刀剣写真をご紹介します。
刀剣年表
「有名な刀工」や「有名な刀剣」などを年表に沿ってご紹介しています。
刀剣の基本
刀剣の種類や鑑賞方法など、刀剣に関する基礎知識をカテゴリ別にご紹介します。
バーチャル刀剣博物館 刀剣ワールド
刀剣ワールドでは、美術的に価値の高い刀剣・日本刀や甲冑(鎧兜)にまつわる様々なコンテンツを公開しています!
名古屋刀剣博物館名古屋刀剣ワールド(メーハク)
愛知県名古屋市中区栄の名古屋刀剣ワールドでは、刀剣の魅力を存分にお楽しみ頂けます!

愛知県名古屋市中区にある「刀剣コレクション名古屋・丸の内」は、2020年6月開館(延期)の名古屋刀剣博物館「名古屋刀剣ワールド」に先立ち、東建コーポレーション本社1階に開館致しました。
「刀剣入門」は、刀剣について様々な種類の知識が身に付きます。日本刀の由来や時代ごとの刀剣の特徴など、幅広い内容を解説しており、刀剣好きの方におすすめです。
「刀剣コレクション名古屋・丸の内」では、刀剣をはじめ、甲冑、薙刀、火縄銃といった様々な武具が集められており、そのすべてをどなたでも無料でご覧頂くことができます。他にも、なかなか観ることのできない、「動く御殿」とも呼べる絢爛豪華な女乗物も展示中です。
「刀剣コレクション名古屋・丸の内」へご来館をお待ちしております。

もっと見る▼