刀剣入門

刀の取り扱い方
 - 刀剣ワールド名古屋・丸の内/ミニ博物館

文字サイズ

博物館や美術館に展示されている「日本刀」は、どれも美しく輝いています。良い状態で鑑賞するためには、正しく取り扱い、丁寧に手入れをすることが必要です。日本刀を持つときの注意点や保管のポイントについて紹介します。正しい扱い方を学びましょう。

日本刀を持つときの注意点

日本刀は、扱い方を間違えると、けがをしたり破損したりする危険があります。ルールを守り慎重に取り扱うことが大切です。

日本刀を持つ前の準備

まず、腕時計やアクセサリー類を外します。特に指輪は、(さや)や刀身(とうしん)に触れた際、擦れて傷が付く恐れがあるため注意が必要です。

身支度を整え、手をきれいに洗っておきます。

手に持ったら喋らない

日本刀は鉄でできています。唾が付くと錆の原因になるため、手入れ鑑賞で刀身を持ったときには喋らないようにしましょう。咳やくしゃみがでることもありますので、マスクをしておくと安心です。

素手で「鎺元」(はばきもと)より上を触らない

鎺元

鎺元

どんなにきれいに洗っても、皮脂は分泌されますし、汗をかくこともあります。唾と同様に錆の原因になるため、(なかご)以外の刀身を素手で触るのは禁止です。もしも触れてしまった場合は、すぐに手入れをしましょう。

また、打ってそれほど時間がたっていない刀の場合、特に錆びやすいので、茎も素手で触らないようにします。

持ち運ぶときに気を付けること

日本刀を持ち運ぶときは、安全のため必ず鞘に入れ、(つか)を上にして先がさがるように持ちます。柄を持つと鞘が抜けてしまうので、必ず鞘の部分を持つようにして下さい。

保管の注意点

手入れは丁寧に

保管の前の手入れはとにかく丁寧に行いましょう。特に重要なのが、刀身が錆びないために塗る油。薄く、ムラなく塗りましょう。ただし、塗る量が多すぎると油が流れて、鞘などを傷めてしまいます。また、手入れ道具は刀身に直接触れる物ですので、清潔にしておくことが大切。ほこりやごみが付いた状態で手入れをすると、かえって傷付けてしまう恐れがあります。

白鞘に入れる

保管するときは、「白鞘」(しらさや)に入れておきます。刀身は鉄でできているため、むき出しのままにしておくと湿気で錆びてしまうからです。

」(こしらえ)が付属している物も多くありますが、保管には適しません。なぜなら、拵の表面には漆で装飾が施されているため気密性が高く、錆びやすくなってしまうから。さらに、拵は湿度が低すぎるところは保管場所として適さないので、白鞘で保管しましょう。

白鞘は、自然乾燥させた朴(ほう)の木で作られます。朴の木は油分が少なく、強度があるものの固すぎないため刀身を傷めません。さらに、湿気を吸収する作用があるため、白鞘に入れておくと錆びにくくなります。

刀袋に入れる

刀袋

刀袋

刀身を白鞘に入れたら、さらに刀袋(かたなぶくろ)に入れて保管しましょう。袋に入れておくことで、日焼けを防ぐことができます。

また、万が一白鞘が湿気で膨張し、「鞘走り」(さやばしり:刀身が自然に鞘から抜け出ること)してしまったときにも、刀身が飛び出ることを防げます。袋に入れる向きは、「」(こじり:鞘の末端部分)から。逆にすると刀身が抜ける恐れがあり、危険です。

保管は湿度の低いところで

日本刀の保管に適した場所は、湿度の低いところ。押し入れの中などは湿度が高くなりやすいので、避けたほうが良いです。桐でできた着物箪笥などに横にして入れておくのが理想的です。

桐箱の結び方

日本刀をより安全に保管するために、桐箱に入れておくという方法もあります。刀の種類によって脇差(わきざし)用、短刀(たんとう)用などがあり、手持ちの刀に合わせて特注で作ってもらうことも可能です。

また、桐箱には紐が付いている物があります。紐にはいくつか種類があり結び方も様々ですが、ここでは平紐(真田紐)の結び方をご紹介。正しく結ぶことができれば、持ち運ぶ際に安全であるだけでなく見た目もきれいです。

桐箱の結び方

桐箱の結び方

  1. 輪になった方を左側に置き、右側にあるAとB紐の長さを合わせます。このとき、紐がねじれていないか確認して下さい。
  2. 輪を箱の中心に置きます。
  3. Aの紐を輪の上から通し、右下に流します。
  4. Bの紐をAの紐の上から通して右上に流して交差させます。
  5. 上下に流した紐を引いてよく締めます。このとき、交差したところが箱の中心に来るようにして下さい。
  6. Aの紐を右上に折り上げ、輪を作ります。
  7. Bの紐をAの輪の上に重ねます。
  8. 輪を作り、Aの輪の下から左上にくぐらせます。
  9. 左右が均等になるように形を整えて完成です。

錆びさせないために気を付けること

日本刀にとって、錆びは最大の敵。湿気や手で触ること以外にも、錆びの原因となることがあります。錆びさせず、美しい状態を保つための注意点をまとめました。

こまめに手入れをする

保管の際、丁寧に手入れをしたからといって、いつまでも錆びないという保証はありません。古い研ぎの刀は半年に1度、新しい刀はひと月に1度程度手入れをしましょう。定期的に手入れをすれば、状態の変化にいち早く気付くことができます。

鞘の状態をよく確認

「鞘当り」(さやあたり)といって、刀身が鞘に接触していると、油が乾かないように手入れをしても錆びてしまうことがあります。これではどれほど手入れをしても錆びが出てしまうので、鞘師(さやし)に相談して直して貰いましょう。

また、古い鞘は内部に錆や汚れなどが残っていることがあります。これも錆びの原因になるので、新しい鞘に入れ替えなければなりません。

防虫剤は使わない

保管をする際、防虫剤(しょうのうなど)の使用は止めましょう。揮発ガスによって錆びてしまう恐れがあります。

結露に注意

寒い季節、温かい部屋で刀を扱うと、気温差で結露が発生することがあります。結露をそのままにすると錆の原因となることも。そのため、まず寒いところから暖かいところに移動した場合は、刀をすぐに抜かず、刀と室温が同じになるまで待ちます。それでも結露が発生したときには、よく手入れをしてから鞘にしまいましょう。

虫を切ってしまったら

鑑賞中や庭先などで素振りをしているとき、うっかり虫を切ってしまうことがあるかもしれません。そのときは、紙などで拭う前にお湯で洗い流します。

もしも錆びてしまったら

万が一錆びてしまったら、すぐ研師(とぎし)に相談して下さい。自力でどうにかしようと錆びを削ってしまうと、かえって研ぎの手間がかかるばかりか余計に傷付けてしまうことになります。

刀の取り扱い方

刀の取り扱い方をSNSでシェアする

「刀剣入門」の記事を読む

時代別に見る日本刀の特徴

時代別に見る日本刀の特徴
「日本刀」は、大別して「古刀」(ことう)、「新刀」(しんとう)、「新々刀」(しんしんとう)、「現代刀」(げんだいとう)の4つの時代に区分することができ、作刀された時代によって様々な特徴があります。各時代で作刀された刀剣にはどのような特徴があるのか。時代ごとに異なる刀剣の特徴をご紹介します。

時代別に見る日本刀の特徴

日本刀の由来

日本刀の由来
日本刀とは、日本独自の製法で作られた反りがある片刃の刀剣のことを言います。日本刀がはじめて現われたのは平安時代の頃。それまでは上古刀(じょうことう)と呼ばれる、大陸から伝来した両刃(もろは)の剣や直刀(ちょくとう)が主流で、海外の刀剣との大きな違いはありませんでした。日本刀発祥の歴史とそのルーツについて紹介します。

日本刀の由来

最強の日本刀

最強の日本刀
「日本刀」とは、かつて武器として使用されていた刀剣類のこと。漫画や映画などのフィクション作品では、「最強武器」のひとつとして挙げられるほど人気が高いことで知られています。最強の武器というイメージは、細身であやしい光を放つ見た目から来ていますが、実在する日本刀も、実はその切れ味の良さによって「格付け」がされていました。「最強の日本刀」を作刀した「最上大業物」(さいじょうおおわざもの)と呼ばれる刀工と共に、抜群の切れ味を誇る最強の日本刀に関する伝説、逸話をご紹介します。

最強の日本刀

名物と呼ばれる刀

名物と呼ばれる刀
「名物」(めいぶつ)とは、「享保名物帳」(きょうほうめいぶつちょう)に記載された日本刀のこと。日本刀に関する書籍に必ず登場する他、博物館などで展示される場合は「名物」と明記されるため、日本刀に詳しくない人でも言葉だけなら聞いたことがあるかもしれません。「名物」と呼ばれる刀とは、どのような刀なのか。「名物」に関する基本知識をご紹介します。

名物と呼ばれる刀

刀の楽しみ方

刀の楽しみ方
日本刀は、漫画や映画が好きな人であれば、誰もが一度は憧れる武器です。その理由は、「一目見ただけでも切れ味の良さを思わせる姿」や「素早い動きで標的を一刀両断することができる」などが連想されるため。実際に、アニメやゲーム、映画などに登場する際は、作中で「最強の武器」に設定されることもあることから、「日本刀は格好良いから好き」と言う人も少なくありません。そして、それらのフィクション作品を鑑賞する以外にも日本刀の楽しみ方は様々。現実で楽しむことができる「刀の楽しみ方」をご紹介します。

刀の楽しみ方

刀匠の紹介(時代別)

刀匠の紹介(時代別)
日本刀は、一見するとどれも同じに見えますが、大きさによって「太刀」や「打刀」、「脇差」、「短刀」などに分類されます。また、この他にも作刀者や作刀年代、作刀された地域、その時代の戦闘形式によって、様々な形状の刀が作られました。各時代、各地域で発達した刀工集団のなかには、「刀匠」と呼ばれる、優れた腕前を持つ刀鍛冶が多く存在します。そして、その作は日本史上有名な戦国武将や、幕末時代に活躍した志士達に愛用されました。それぞれの時代では、どのような刀匠が活躍していたのか。時代別に活躍した著名な刀匠とその作をご紹介します。

刀匠の紹介(時代別)

日本刀鑑定の古書(秘伝書)

日本刀鑑定の古書(秘伝書)
日本刀の研究は、武士制度の発展と共に進歩をしてきました。時代が進むにつれて刀剣研究家や刀剣鑑定士など、刀剣に関する専門家と呼べる人達が現われるようになり、刀剣・刀工の紹介、刀工の系譜や刀剣逸話・刀剣鑑定に関する書物などが作られるようになります。そうした日本刀に関する古書について紐解いていきましょう。

日本刀鑑定の古書(秘伝書)

日本刀と神社・寺

日本刀と神社・寺
日本には、神仏に対する感謝や崇敬の気持ちを込めて、神社や寺にお供え物を奉納する文化があります。これは古代から続く文化であり奉納する物も様々。収穫したばかりの米や作りたての酒、そして祭の山車や神楽舞なども奉納の一種です。日本刀が奉納されるのもこうした理由からで、人々にとって価値のある物を神仏に捧げることが感謝の意であり、今後も幸運をもたらして貰うための祈りでもありました。神社や寺のご紹介と、奉納された日本刀について見ていきましょう。

日本刀と神社・寺

刀剣鑑賞会のマナー

刀剣鑑賞会のマナー
日本刀は、実際に手に持って鑑賞することができる美術品です。そのため、日本刀を美術館や博物館で鑑賞するうちに、「もっと間近で、手に持って鑑賞してみたい」と思うようになる刀剣ファンも少なくありません。昨今の刀剣ブームにより、全国各地で「刀剣鑑賞会」が多く開催されるようになりましたが、一方で「刀剣鑑賞会は難しそう」と言う不安を感じて、参加できないと言う方も多いです。刀剣鑑賞会に参加するにあたり、事前に知っておくと便利なマナーや、鑑賞する際のポイントをご紹介します。

刀剣鑑賞会のマナー