刀剣入門

刀剣鑑賞会のマナー

文字サイズ

日本刀は、実際に手に持って鑑賞することができる美術品です。そのため、日本刀を美術館や博物館で鑑賞するうちに、「もっと間近で、手に持って鑑賞してみたい」と思うようになる刀剣ファンも少なくありません。昨今の刀剣ブームにより、全国各地で「刀剣鑑賞会」が多く開催されるようになりましたが、一方で「刀剣鑑賞会は難しそう」と言う不安を感じて、参加できないと言う方も多いです。刀剣鑑賞会に参加するにあたり、事前に知っておくと便利なマナーや、鑑賞する際のポイントをご紹介します。

刀剣鑑賞会とは

刀剣を間近で鑑賞する

刀剣鑑賞会

刀剣鑑賞会

刀剣鑑賞会」とは、刀剣を手に取って、刀の美しさを鑑賞する会のこと。

日本刀は、一見するとどれも同じ形状に見えますが、作刀された年代や地域、作刀者によって、部位の形状や「地鉄」(じがね)と呼ばれる刀身(とうしん)の表面に付く模様が異なります。そのため、刀剣愛好家は形状や地鉄の特徴を観て「この刀は、いつの時代に、どの流派の刀工が作刀した刀だな」と推測することができるのです。

作刀年代や地域は、事前に特徴などを調べておくことである程度推測することができますが、展覧会などのガラスケース越しでは、じっくりと鑑賞することはできません。その理由は、展覧会では自分以外にも大勢の人が鑑賞しており、1ヵ所に長時間留まってしまうと他の人の迷惑になることがあるため。

また、刀身の模様は光の加減や角度で見え方が変わるため、どれほど熱心にガラスケース越しに観察しても、その刀身の模様をすべて観ることはできないのです。1振の刀をじっくりと細部まで鑑賞するには、実際に手に取って、光に当てながら、様々な角度から観る必要があります。

「刀剣鑑賞作法」日本刀の鑑賞方法 YouTube動画

刀剣鑑賞作法|日本刀の鑑賞方法 YouTube動画

刀剣鑑賞の基本

刀剣鑑賞会へ行く前に

初心者向けの刀剣鑑賞会では、実際に刀剣を鑑賞する前に、初歩的な知識の説明を行うことが多いです。しかし、日本刀は難しい専門用語が多く、各時代、各地域で活躍した刀工によってその特徴は様々。そのため、初心者の方は刀剣鑑賞会へ行く前に部位の名称や、日本刀の主な5つの生産地である「五箇伝」(ごかでん)をはじめとした基本的な刀剣用語を調べてから行くことをおすすめします。

なお、刀剣用語をはじめからすべて覚えるのは大変なため、画像と照らし合わせながら学ぶと効率よく覚えることが可能です。刀剣用語を覚える上で1番の近道は、実際に様々な年代や流派の日本刀を鑑賞して、その違いを比較することと言われています。

五箇伝の名工
日本刀の歴史に名を残した、数々の名工をご紹介します。
刀剣事典・甲冑事典(イラスト・図解付)
刀剣に関する様々な用語をイラスト付きで解説している刀剣事典です。

服装のマナー

刀剣鑑賞会の服装

刀剣鑑賞会の服装

日本刀は、刀身を目線よりも上に上げて地鉄などを鑑賞するため、腕を動かしづらい窮屈な服は避け、動きやすい服装にするのが望ましいです。

なお、動きやすい服と言っても袖や裾がひらひらとした服は、鑑賞している最中に刀身が引っかかって、思わぬ事故につながる恐れがあるため、そういった服装は、避けた方が良いと言われています。

指輪やブレスレット、腕時計などの金属製品は、刀身を傷付ける恐れがあるため、鑑賞する際は事前に外すのが一般的です。また、この他にも鑑賞中に質問をする際、息や唾(つば)が刀身にかかることを防ぐ目的で、マスクの着用が推奨されることもあります。

刀剣鑑賞におけるその他の注意点

刀剣鑑賞会は、横一列に並んで、1人1振の刀を鑑賞するのが基本です。初心者のなかには、日本刀を手に取った興奮から無意識に刀を動かしてしまう人がいますが、むやみに刀を振り回すと、刀剣を傷付けるだけではなく、周囲の人や自分自身が怪我を負う恐れもあります。初心者を対象とした刀剣鑑賞会では、最初に刀剣の扱いに関する注意事項を主催側が喚起することがほとんどです。

基本的に、主催側から説明されるマナーやルールに従っていれば問題ありませんが、それに反する不適切な行為があった場合、強制的に退場させられることもあります。

刀剣鑑賞におけるポイント

刀剣を鑑賞する際の大まかな流れは以下の5つ。それぞれの動作の意味やポイントをご紹介します。

  1. 刀に一礼する
  2. 刀を持ち上げて、目の前に真っ直ぐ立てて「姿」(すがた)を観る
  3. 刀を横にして地鉄を観る
  4. ライトの光を当てて「刃文」(はもん)を観る
  5. 刀をもとの場所へ戻し、刀に一礼する

①刀に一礼する

刀に一礼する

刀に一礼する

鑑賞する刀に一礼をする理由は主に2つ。ひとつ目は、刀の所有者へ対するお礼。刀剣鑑賞会で鑑賞することができる刀は、所有者がいない刀ではなく、刀剣愛好家の方が所有している、世界にたった1振の刀です。様々な所有者を経て、現代に残る刀は美術品としてだけではなく、文化財としても貴重な1振。それを間近で見せてもらう、という感謝を込めて一礼をするのです。

2つ目の理由は、刀を鍛えた刀匠への敬意を表するため。どのような美術工芸品でもそうですが、その作品には必ず制作者が存在します。そして、刀匠が鍛えた作は、そのすべてが現存しているとは限りません。作刀されてから現代に至るまでに、合戦によって失われたり、廃刀令などで破棄されたりして、ほとんど現存数が残っていない刀匠も多いのです。美しく、貴重な1振を作刀した刀匠を思い描きながら刀に一礼をすることで、深い関心を持って刀剣を鑑賞することができるようになります。

②刀を持ち上げて、目の前に真っ直ぐ立てて「姿」を観る

姿を観る

姿を観る

刀剣鑑賞会では、刀は「刀枕」(かたなまくら)と呼ばれるクッションの上に置かれているのが一般的です。そのため、刀を持ち上げる際は、(つか)に収める部位である「」(なかご)を両手で持ち、鋒/切先(きっさき)が床やテーブルなどにぶつからないよう、慎重に動かして、真っ直ぐに立てて「姿」を観ます。

姿とは、刀の反り具合や鋒/切先の大きさ、身幅(みはば:刀の幅)など、全体的な形のこと。反り具合や鋒/切先の大きさ、身幅と言った特徴は、作刀年代や作刀流派によって様々であるため、事前に自分がどのような刀を鑑賞するのかを調べてから鑑賞会に臨めば、その刀の特徴をしっかり意識して鑑賞することができます。

なお、刀身を持ち上げるときや真っ直ぐに立てるときに、茎ではなく刀身そのものに触れると錆の原因になるため、刀身に指が触れてしまった場合はすみやかに主催者の方へ申告するのがマナーです。

③横にして地鉄を観る

地鉄を観る

地鉄を観る

姿を観たあとは、刀を片手で持ち、刀枕や「袱紗」(ふくさ)などを用意して、そこに刃と逆側の(むね)を優しく当ててから横向きに倒します。このとき、刀をぎゅっと握ったり、刀枕や袱紗でこすったりすると、刀に傷が付く恐れがあるため、慎重に行うのが大事です。

蛍光灯の光を使って、刀身の表面に付く模様や色合いをじっくりと鑑賞します。

④ライトの光を当てて刃文を観る

刃文を観る

刃文を観る

刃文とは、刃に沿って現われる模様のことで、刀匠の個性が最も表われる部位です。鑑賞する際は、鉄砲を構えるようにして鋒/切先を前方、茎を自分の体側へ向け、ライトの光を使って刃文を観ます。

刀身にライトを当てることで、見えなかった刃文が浮かび上がるように見えるのが面白い点。反射させる光の角度によって見え方が変化するため、様々な角度で観ることをおすすめします。

⑤刀をもとの場所へ戻し、刀に一礼する

刀をもとの場所へ置く際は、持ち上げたときと反対の動きで行うのがポイント。このとき、指が刀身に触れないようにする他、鋒/切先が床やテーブルにぶつからないようにするという意識も忘れずに。

そして、刀へ向かって「ありがとうございました」の一礼をします。はじめは、こうした動作を忘れてしまうことがありますが、何度か参加するうちに自然とできるようになるため、焦らず、楽しむことが大事です。

刀剣鑑賞会のマナー

刀剣鑑賞会のマナーをSNSでシェアする

「刀剣入門」の記事を読む


時代別に見る刀剣の特徴

時代別に見る刀剣の特徴
「日本刀」は、大別して「古刀」(ことう)、「新刀」(しんとう)、「新々刀」(しんしんとう)、「現代刀」(げんだいとう)の4つの時代に区分することができ、作刀された時代によって様々な特徴があります。各時代で作刀された刀剣にはどのような特徴があるのか。時代ごとに異なる刀剣の特徴をご紹介します。

時代別に見る刀剣の特徴

日本刀の由来

日本刀の由来
日本刀とは、日本独自の製法で作られた反りがある片刃の刀剣のことを言います。日本刀がはじめて現われたのは平安時代の頃。それまでは上古刀(じょうことう)と呼ばれる、大陸から伝来した両刃(もろは)の剣や直刀(ちょくとう)が主流で、海外の刀剣との大きな違いはありませんでした。日本刀発祥の歴史とそのルーツについて紹介します。

日本刀の由来

最強の日本刀

最強の日本刀
「日本刀」とは、かつて武器として使用されていた刀剣類のこと。漫画や映画などのフィクション作品では、「最強武器」のひとつとして挙げられるほど人気が高いことで知られています。最強の武器というイメージは、細身であやしい光を放つ見た目から来ていますが、実在する日本刀も、実はその切れ味の良さによって「格付け」がされていました。「最強の日本刀」を作刀した「最上大業物」(さいじょうおおわざもの)と呼ばれる刀工と共に、抜群の切れ味を誇る最強の日本刀に関する伝説、逸話をご紹介します。

最強の日本刀

名物と呼ばれる刀

名物と呼ばれる刀
「名物」(めいぶつ)とは、「享保名物帳」(きょうほうめいぶつちょう)に記載された日本刀のこと。日本刀に関する書籍に必ず登場する他、博物館などで展示される場合は「名物」と明記されるため、日本刀に詳しくない人でも言葉だけなら聞いたことがあるかもしれません。「名物」と呼ばれる刀とは、どのような刀なのか。「名物」に関する基本知識をご紹介します。

名物と呼ばれる刀

刀の楽しみ方

刀の楽しみ方
日本刀は、漫画や映画が好きな人であれば、誰もが一度は憧れる武器です。その理由は、「一目見ただけでも切れ味の良さを思わせる姿」や「素早い動きで標的を一刀両断することができる」などが連想されるため。実際に、アニメやゲーム、映画などに登場する際は、作中で「最強の武器」に設定されることもあることから、「日本刀は格好良いから好き」と言う人も少なくありません。そして、それらのフィクション作品を鑑賞する以外にも日本刀の楽しみ方は様々。現実で楽しむことができる「刀の楽しみ方」をご紹介します。

刀の楽しみ方

刀匠の紹介(時代別)

刀匠の紹介(時代別)
日本刀は、一見するとどれも同じに見えますが、大きさによって「太刀」や「打刀」、「脇差」、「短刀」などに分類されます。また、この他にも作刀者や作刀年代、作刀された地域、その時代の戦闘形式によって、様々な形状の刀が作られました。各時代、各地域で発達した刀工集団のなかには、「刀匠」と呼ばれる、優れた腕前を持つ刀鍛冶が多く存在します。そして、その作は日本史上有名な戦国武将や、幕末時代に活躍した志士達に愛用されました。それぞれの時代では、どのような刀匠が活躍していたのか。時代別に活躍した著名な刀匠とその作をご紹介します。

刀匠の紹介(時代別)

日本刀鑑定の古書(秘伝書)

日本刀鑑定の古書(秘伝書)
日本刀の研究は、武士制度の発展と共に進歩をしてきました。時代が進むにつれて刀剣研究家や刀剣鑑定士など、刀剣に関する専門家と呼べる人達が現われるようになり、刀剣・刀工の紹介、刀工の系譜や刀剣逸話・刀剣鑑定に関する書物などが作られるようになります。そうした日本刀に関する古書について紐解いていきましょう。

日本刀鑑定の古書(秘伝書)

日本刀と神社・寺

日本刀と神社・寺
日本には、神仏に対する感謝や崇敬の気持ちを込めて、神社や寺にお供え物を奉納する文化があります。これは古代から続く文化であり奉納する物も様々。収穫したばかりの米や作りたての酒、そして祭の山車や神楽舞なども奉納の一種です。日本刀が奉納されるのもこうした理由からで、人々にとって価値のある物を神仏に捧げることが感謝の意であり、今後も幸運をもたらして貰うための祈りでもありました。神社や寺のご紹介と、奉納された日本刀について見ていきましょう。

日本刀と神社・寺

鍔・目貫・小柄・笄・縁頭

鍔・目貫・小柄・笄・縁頭
日本刀は、その刀身だけではなく、刀身を保護する外装「拵」(こしらえ)を装着することで魅力が増す美術品です。拵に付属する「鞘」(さや)や「柄」(つか)などのことを「刀装」(とうそう)と言い、刀装を構成する各部のパーツのことを「刀装具」(とうそうぐ)と呼びます。そして、刀装具は制作者によって様々な装飾や彫刻が施されるのが特徴です。代表的な刀装具と、著名な制作者をご紹介します。

鍔・目貫・小柄・笄・縁頭