刀剣入門

刀の楽しみ方

文字サイズ

日本刀は、漫画や映画が好きな人であれば、誰もが一度は憧れる武器です。その理由は、「一目見ただけでも切れ味の良さを思わせる姿」や「素早い動きで標的を一刀両断することができる」などが連想されるため。実際に、アニメやゲーム、映画などに登場する際は、作中で「最強の武器」に設定されることもあることから、「日本刀は格好良いから好き」と言う人も少なくありません。そして、それらのフィクション作品を鑑賞する以外にも日本刀の楽しみ方は様々。現実で楽しむことができる「刀の楽しみ方」をご紹介します。

刀の楽しみ方①「木の枝やおもちゃの剣でチャンバラをする」

チャンバラ

チャンバラ

男の子であれば、誰もが一度はやったことがある遊びと言えば「チャンバラ」です。チャンバラは、道端に落ちている木の枝や、市販のおもちゃの剣で斬り合う遊びのことですが、人によっては高校生や大人になっても、ついやってしまうほど人気のある刀の楽しみ方のひとつ。

「子ども達がなりたい職業」のランキングで上位を獲得する「YouTuber」(ユーチューバー)は、子ども向けのおもちゃを紹介したり、昔から存在する遊戯にオリジナルのルールを付けて遊んだりしていますが、なかには全力でチャンバラを披露するYouTuberも存在。チャンバラは、子どもから大人まで幅広い世代が楽しめる遊戯と言えます。

刀の楽しみ方②「施設へ行って鑑賞する」

フィクション作品などから日本刀を好きになった人は、実在する日本刀にも興味を持つことが多いです。そして、そういった人たちが日本刀への知識を深めるために行うのが、美術館や博物館など、日本刀を展示する施設へ足を運んで、かつて武器として実際に使用された日本刀を鑑賞すること。

日本刀を目当てにそういった施設を見て回るうちに、他の美術品の良さにも気付いて、美術館や博物館巡りが趣味になる人も多く、SNSやブログなどのインターネットサービスを通じて、訪れた施設の情報を発信する人も少なくありません。また、同じ趣味を持つ人同士で「オフ会」(インターネット上で知り合った人と実際に会うこと)を実施し、親睦を深め、最終的に自分たちでイベントを主催する人もいます。

刀剣展示 博物館の日本刀
全国の博物館・美術館に展示されている日本刀を一覧でご覧頂けます。
旅探「全国の神社・寺・教会」
旅全国の「神社」、「寺(仏閣)」、「教会」が検索できる情報サイトです。

刀の楽しみ方③「コスプレのために自作する」

コスプレ

コスプレ

漫画や映画が好きなファンのなかには、作中に登場するキャラクターになりきる「コスプレ」が好きな人も多いです。コスプレを楽しむ人のことを「コスプレイヤー」と言い、コスプレイヤーは自分が演じるキャラクターをより原作のキャラクターに近づけるために、小道具などを自作することがよくあります。

近年では、「コスプレサミット」をはじめとしたコスプレイベントが各地で行われるようになった関係から、コスプレイヤーは年々増加傾向にあると言われており、またそういったコスプレ需要に応えるため、コスプレ用の小道具を売るお店も増えてきました。

一方で、インターネットの普及に伴い、以前よりも小道具の作り方などを比較的簡単に調べることができるようになったため、原作作品へのリスペクト(尊敬)の意味を込めて小道具を自作するコスプレイヤーも多く存在。刀も例外ではなく、自作しようと思うとそれなりの工夫が必要になる小道具ではありますが、細部まで作り込めば、市販の模造刀と変わらないほどのクオリティに仕上げることができます。

刀剣コスプレ
コスプレの基本知識をはじめ、衣装や小道具、メイク術などの情報をご紹介します。
刀剣コスプレコンテスト
「名古屋刀剣ワールド」のサイト公開記念第2弾「コスプレ写真コンテスト」を開催中。渾身のコスプレ写真を撮影して応募しよう!

刀の楽しみ方④「剣術、居合術の道場へ通う」

日本刀は、鑑賞する以外の楽しみ方ができる美術品です。様々な展示施設を回るうちに、実際に刀を扱ってみたいという意欲が出ることがあり、そうした人は剣術や居合術などの道場へ通うことがあります。

江戸時代から続く伝統的な剣術道場は、現代でも全国各地に存在。幅広い年代の人たちが日夜稽古を積んでいます。剣術などで使用される刀は、実際に物を切ることができる「真剣」です。藁を断ち切る楽しさや緊張感は、実際にやってみなければ分かりません。

刀の楽しみ方⑤「刀を購入する」

施設などで刀剣を鑑賞するうちに、次第に「自分の愛刀を持ちたい」と思うようになる刀剣ファンも多いです。

日本刀は、持ち歩くと「銃砲刀剣類所持等取締法」に違反する恐れがありますが、購入したり、家に飾ったりする場合は、特別な資格はいりません。日本刀を購入する場合は、日本各地にある「刀剣商」へ訪れるのが一般的です。刀剣商とは、刀の売買を行うお店のこと。刀をはじめて購入する場合、刀に詳しい店主やスタッフが丁寧に説明してくれることが多いため、刀を買いたいと思った際は刀剣商へ訪れると間違いありません。

全国の刀剣商(刀剣買取・販売店)リンク
日本全国の刀剣商(刀剣買取・販売店)リンクを一覧でご覧頂けます。
全国の刀剣販売・日本刀販売
全国の刀剣販売・日本刀販売では、お住まいの地域で刀の販売を行っている刀剣商(刀剣店)が検索できます。

刀の楽しみ方⑥「深い知識を身に着けたいなら書籍やサイトを見る」

日本刀に興味を持つようになり、博物館などへ訪れる頻度が高くなってくると、次第に「ただ刀身を眺める」だけでは物足りなくなってくることがあります。そして、その感覚こそが日本刀を楽しむ上で重要な感覚と言えるのです。

展示されている日本刀をより楽しむ場合に大事なのは、その日本刀が「いつ」、「どこで」、「誰によって作刀されたか」を知ること。美術館や博物館などでは、展示されている刀に紹介文が書かれていることが多いですが、紹介文をよく見ると「作刀された時代」や「切られている銘」、「文化財指定を受けているかどうか」などの情報はあっても、その刀が「どこで」、「誰によって作刀されたのか」という詳細な情報は明記されていないことがあります。

しかし、少ない紹介文でも「この刀は、いつ、どの流派が作刀した刀だな」と特定することができる愛好家も多く存在。愛好家は、日本刀の長さや反り、刀の表面に表れる「刃文」(はもん)などの見た目(姿)の特徴を観ることで、作刀された場所や年代、作刀者やその流派を特定することができるのです。

日本刀関連の書籍やサイトは、昨今の刀剣ブームによって増加傾向にあります。そうした書籍やサイトでは、刀のことを詳しく知らない初心者でも理解しやすいように説明されていることも多いですが、一方で日本刀は難解な専門用語がたびたび登場する美術品であるため、はじめはその専門用語を覚えるだけでも大変です。しかし、一度用語や特徴を覚えれば、より興味を持って日本刀を鑑賞することができるようになります。

日本刀を最大限に楽しみたい場合におすすめなのは、時代や作刀者ごとの特徴を学び、様々な展示施設へ訪れて、名刀を多く鑑賞し、自分がどのような「刀推し」なのかを知ることです。「刀推し」とは、刀剣ファンの間で使用されている言葉のこと。刀には、様々な形状があるため、人によって「細身の刀身が好き」や「反りは浅い方が好き」、「鋒(切先)[きっさき]は小さい方が好き」など、見た目や特徴の好みが分かれます。特定の流派や刀工が作刀する形状の刀が好き(刀推し)であれば、その刀が展示してある施設や企画展を巡ることができる他、同じ「刀推し」の人と知り合って、どのような点が良いかを語り合うこともできるのです。

刀剣図書館
刀の特徴や歴史などを学ぶのにオススメの本・書籍をご紹介します。
刀剣ワールド財団が企画監修!『明智光秀と三英傑』を徹底解剖!
明智光秀と三英傑(織田信長、豊臣秀吉、徳川家康)の出生の謎や愛刀に迫った刀剣ワールド財団監修のムック本を発売中!

刀の楽しみ方

刀の楽しみ方をSNSでシェアする

「刀剣入門」の記事を読む


時代別に見る刀剣の特徴

時代別に見る刀剣の特徴
「日本刀」は、大別して「古刀」(ことう)、「新刀」(しんとう)、「新々刀」(しんしんとう)、「現代刀」(げんだいとう)の4つの時代に区分することができ、作刀された時代によって様々な特徴があります。各時代で作刀された刀剣にはどのような特徴があるのか。時代ごとに異なる刀剣の特徴をご紹介します。

時代別に見る刀剣の特徴

日本刀の由来

日本刀の由来
日本刀とは、日本独自の製法で作られた反りがある片刃の刀剣のことを言います。日本刀がはじめて現われたのは平安時代の頃。それまでは上古刀(じょうことう)と呼ばれる、大陸から伝来した両刃(もろは)の剣や直刀(ちょくとう)が主流で、海外の刀剣との大きな違いはありませんでした。日本刀発祥の歴史とそのルーツについて紹介します。

日本刀の由来

最強の日本刀

最強の日本刀
「日本刀」とは、かつて武器として使用されていた刀剣類のこと。漫画や映画などのフィクション作品では、「最強武器」のひとつとして挙げられるほど人気が高いことで知られています。最強の武器というイメージは、細身であやしい光を放つ見た目から来ていますが、実在する日本刀も、実はその切れ味の良さによって「格付け」がされていました。「最強の日本刀」を作刀した「最上大業物」(さいじょうおおわざもの)と呼ばれる刀工と共に、抜群の切れ味を誇る最強の日本刀に関する伝説、逸話をご紹介します。

最強の日本刀

名物と呼ばれる刀

名物と呼ばれる刀
「名物」(めいぶつ)とは、「享保名物帳」(きょうほうめいぶつちょう)に記載された日本刀のこと。日本刀に関する書籍に必ず登場する他、博物館などで展示される場合は「名物」と明記されるため、日本刀に詳しくない人でも言葉だけなら聞いたことがあるかもしれません。「名物」と呼ばれる刀とは、どのような刀なのか。「名物」に関する基本知識をご紹介します。

名物と呼ばれる刀

刀匠の紹介(時代別)

刀匠の紹介(時代別)
日本刀は、一見するとどれも同じに見えますが、大きさによって「太刀」や「打刀」、「脇差」、「短刀」などに分類されます。また、この他にも作刀者や作刀年代、作刀された地域、その時代の戦闘形式によって、様々な形状の刀が作られました。各時代、各地域で発達した刀工集団のなかには、「刀匠」と呼ばれる、優れた腕前を持つ刀鍛冶が多く存在します。そして、その作は日本史上有名な戦国武将や、幕末時代に活躍した志士達に愛用されました。それぞれの時代では、どのような刀匠が活躍していたのか。時代別に活躍した著名な刀匠とその作をご紹介します。

刀匠の紹介(時代別)

日本刀鑑定の古書(秘伝書)

日本刀鑑定の古書(秘伝書)
日本刀の研究は、武士制度の発展と共に進歩をしてきました。時代が進むにつれて刀剣研究家や刀剣鑑定士など、刀剣に関する専門家と呼べる人達が現われるようになり、刀剣・刀工の紹介、刀工の系譜や刀剣逸話・刀剣鑑定に関する書物などが作られるようになります。そうした日本刀に関する古書について紐解いていきましょう。

日本刀鑑定の古書(秘伝書)

日本刀と神社・寺

日本刀と神社・寺
日本には、神仏に対する感謝や崇敬の気持ちを込めて、神社や寺にお供え物を奉納する文化があります。これは古代から続く文化であり奉納する物も様々。収穫したばかりの米や作りたての酒、そして祭の山車や神楽舞なども奉納の一種です。日本刀が奉納されるのもこうした理由からで、人々にとって価値のある物を神仏に捧げることが感謝の意であり、今後も幸運をもたらして貰うための祈りでもありました。神社や寺のご紹介と、奉納された日本刀について見ていきましょう。

日本刀と神社・寺

刀剣鑑賞会のマナー

刀剣鑑賞会のマナー
日本刀は、実際に手に持って鑑賞することができる美術品です。そのため、日本刀を美術館や博物館で鑑賞するうちに、「もっと間近で、手に持って鑑賞してみたい」と思うようになる刀剣ファンも少なくありません。昨今の刀剣ブームにより、全国各地で「刀剣鑑賞会」が多く開催されるようになりましたが、一方で「刀剣鑑賞会は難しそう」と言う不安を感じて、参加できないと言う方も多いです。刀剣鑑賞会に参加するにあたり、事前に知っておくと便利なマナーや、鑑賞する際のポイントをご紹介します。

刀剣鑑賞会のマナー

鍔・目貫・小柄・笄・縁頭

鍔・目貫・小柄・笄・縁頭
日本刀は、その刀身だけではなく、刀身を保護する外装「拵」(こしらえ)を装着することで魅力が増す美術品です。拵に付属する「鞘」(さや)や「柄」(つか)などのことを「刀装」(とうそう)と言い、刀装を構成する各部のパーツのことを「刀装具」(とうそうぐ)と呼びます。そして、刀装具は制作者によって様々な装飾や彫刻が施されるのが特徴です。代表的な刀装具と、著名な制作者をご紹介します。

鍔・目貫・小柄・笄・縁頭