刀剣入門

日本刀の由来

文字サイズ

日本刀とは、日本独自の製法で作られた反りがある片刃の刀剣のことを言います。日本刀がはじめて現われたのは平安時代の頃。それまでは上古刀(じょうことう)と呼ばれる、大陸から伝来した両刃(もろは)の剣や直刀(ちょくとう)が主流で、海外の刀剣との大きな違いはありませんでした。日本刀発祥の歴史とそのルーツについて紹介します。

日本刀の起源

大陸からの伝来

日本ではじめて刀と呼ばれる刃物が出現したのは、紀元前にさかのぼります。弥生時代に日本に鉄器や青銅器が中国大陸から伝わり、3世紀には鉄を加工する鍛治技術も伝来しました。

古墳時代以前には日本でも刀が作刀されるようになり、古墳時代に入ってからは製鉄技術も日本に伝来。この製鉄技術は、日本刀を作刀する上で最重要工程となる「たたら製鉄」の基礎となります。

この頃の刀の姿は両刃で反りがなく、も刃とひと続きの鉄製で、刃の断面は単純な三角形をした物。この時代の刀で特に有名なのが、三種の神器のひとつである「草薙剣」(くさなぎのつるぎ:天叢雲剣とも)です。草薙剣は712年(和銅5年)に編纂された「古事記」にはじめて記載された神剣で、現在は「熱田神宮」(愛知県名古屋市)の御神体として祀られています。

一方、4世紀頃に朝鮮半島の百済から伝来した「七支刀」(しちしとう)は、両刃(もろは)の刀身(とうしん)の左右から、6本の枝刃が互い違いに分岐した特徴的な姿をしたもの。このため、七支刀は武器としてではなく、儀礼に用いられたと考えられているのです。現在は「石上神宮」(奈良県天理市)の神体として祀られています。

天叢雲剣

天叢雲剣

このように、古墳時代の刀は武具ではなく祭神具としての意味合いが強く、儀礼に用いられたり、天皇家や豪族などの古墳に副葬品として埋葬されたりしたものがほとんどでした。

神話上の日本刀の起源

古事記

古事記

720年(養老4年)に成立した「日本書紀」では、神代の最も優れた名工として「天目一箇神」(あめのまひとつのかみ)という神様の名前が挙げられています。

この天目一箇神は鍛治や金工を司る神様で、国造りの神である「大物主神」(おおものぬしのかみ)を祀る際には祭具を制作し、皇祖神である「天照大神」(あまてらすおおみかみ)に仕えました。

天目一箇神は代々皇室に仕えて古来日本の鍛治法について伝え、子孫は倭鍛治(やまとかぬち:鍛造技術を持った技術者の集団、金工師のこと)として朝廷に仕官したと記載されています。神代から隣国である朝鮮半島との交流があったことから、日本の神話上では天目一箇神から受け継いだ日本の鍛治技術に、大陸の技術を取り込んだものが、現在の日本刀の由来となったとされているのです。

最初期の日本刀

反りのない直刀

大陸から日本に刀が伝来した古墳時代から、奈良時代に至るまでの上古時代の刀を「上古刀」(じょうことう)と呼びます。上古刀は両刃もしくは片刃の直刀(ちょくとう)で、刺突に優れたもの。飛鳥時代になると、刀に平造り(ひらづくり)や切刃造り(きりはづくり)、刀身に稜線を持つ鎬造り(しのぎづくり)などの造込み(つくりこみ)が見られるようになります。

これらの造込みは日本刀の原型となり、美しい刃文(はもん)や地鉄(じがね)などが確認できる、日本刀としての特徴を持つようになりました。

飛鳥時代に戦いの規模が大きくなると刀の需要が高まり、併せて性能の向上も図られるようになります。刺突に優れた従来の刀から、切刃造りなどの造込みが行われた、頑強さを意識した刀が作られるようになったのです。飛鳥時代の代表的な作品に、「聖徳太子」が佩用していたとされる「七星剣」(しちせいけん)と「丙子椒林剣」(へいししょうりんけん)があります。

この2振は、現存する日本最古の飛鳥時代の上古刀として、聖徳太子ゆかりの寺院である「四天王寺」(大阪府大阪市)に所蔵されています。丙子椒林剣の細身のすっきりとした刀身には、細い直刃(すぐは)の刃文が鋒/切先(きっさき)に向かって先細るように入れられました。一方七星剣には、刀身の鎬地(しのぎじ)に2筋の「」(ひ:重量とバランスを取るための溝)が掻かれ、やや内側に反るなどの特徴があり、飛鳥時代には現在の日本刀に近しい姿が見られるようになったことが分かります。

七星剣
七星剣
鑑定区分
国宝
刃長
62.1
所蔵・伝来
聖徳太子 →
四天王寺
七星剣
七星剣など、様々な「名刀」と謳われる刀剣を検索できます。
丙子椒林剣
丙子椒林剣など、様々な「名刀」と謳われる刀剣を検索できます。

湾刀の出現

平安時代に入ると、現在の日本刀のルーツとも呼べる刀が現われました。平安時代初期に「坂上田村麻呂」(さかのうえのたむらまろ)によって蝦夷征討(えぞせいばつ)が行われたことで、蝦夷が用いた、柄が湾曲した刀剣「蕨手刀」(わらびてとう)の形状を模した刀が作刀されるようになったのです。

蕨手刀は、大和政権で用いられていた直刀よりも斬ることに特化しており、馬上での戦闘に有利であると考えられました。平安時代の中頃には、少しずつ形状が変化し、「日本刀のルーツ」とされる、柄に近い刀身が湾曲した形の「毛抜形太刀」(けぬきがたたち)が登場。毛抜形太刀は急速に普及し、天皇親衛隊である「衛府官人」の正式な武具として採用されるようになりました。

毛抜形太刀(金象嵌銘)鉄雄(花押)
毛抜形太刀(金象嵌銘)鉄雄(花押)
(金象嵌)鉄雄
鑑定区分
未鑑定
刃長
69.9
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

日本刀の成立

平安時代中期以降、武士達が登場したことにより、より実践向きの刀が求められるようになります。当時の武士の戦法は騎馬戦が主流。そのため、馬上で素早く抜刀することができる刀身に反りのついた刀が作刀されるようになったのです。

なお、反りのついた湾刀は刺突が目的の直刀とは違い、力で圧し切ることなく引いて斬ることができるのが特徴。反りがあることで、相手の刃を受けるときの防御などでも扱いやすく、流れるような動作が可能となったのです。これ以降の刀を日本刀と呼び、またそれまで呼ばれていた刀の呼称も「大刀」から「太刀」へと変化しました。現在呼ばれる「日本刀」は、公家社会から武家社会へと変化する過渡期に、時代の要請によって成立したのです。

平安時代の中期に作刀された有名な日本刀が、山城国(現在の京都府)の「天国」(あまくに)が作刀したとされる「小烏丸」(こがらすまる)。天国は「日本刀の祖」と呼ばれる大和国(現在の奈良県)の刀工です。小烏丸は、刺突を目的とした直刀から、斬撃を目的とした湾刀への過渡期に作刀された日本刀。腰反りが強く入っているものの、鋒/切先が両刃となった「鋒/切先両刃造」(きっさきもろはづくり)という、刺突と斬撃の双方が可能となる、特徴的な造込みがされました。

小烏丸
小烏丸
鑑定区分
御物
刃長
63
所蔵・伝来
平貞盛 →
明治天皇 →
東京国立博物館
小烏丸
小烏丸など、様々な「名刀」と謳われる刀剣を検索できます。

時代ごとに変容していく日本刀の姿

進化をし続けた日本刀

平安時代後期になると、平氏と源氏をはじめとする武家勢力が台頭し、大きな合戦が起こるようになったことで日本刀はさらなる発展を遂げます。日本刀の需要が高まったことで、作刀に適した地域に刀工達が工房を構えるようになり、日本刀には土地ごとの作風が見られるようになりました。「五箇伝」(ごかでん)と呼ばれる有名な日本刀の流派が出現し、各地の刀工から優れた伝法が代々伝えられていったのです。

その後も日本刀は刃文や地鉄などの技術や、長さや重さ、反りなどの形状が、刀工達の腕前や作風、戦法の変化などによって変容していきました。時代の要請に応えてきた日本刀は、長い間武士の魂として武具としての意味だけでなく精神的な意味合いを持ち、現在まで受け継がれてきたのです。

五箇伝の名工
日本刀(刀剣)の歴史に名を残した、数々の名工をご紹介します。

日本刀と言う名称

日本刀と言う呼称は、元々、独自の製法や形状を持つ日本の刀を、海外の刀と区別する際に用いられた呼称であると言われています。古来より日本刀は、日本国内において、「大刀」や「太刀」、「刀」などの名称で呼び表わされていました。

日本において「日本刀」という呼称が使われ始めたのは、長い間閉じていた国を開き、海外の武具が流入してくるようになった江戸時代末期からのこと。日本刀の名の由来は、北宋の詩人である「欧陽脩」(おうようしゅう)が書いたとされる「日本刀歌」に見られます。

日本刀歌は、中国で「宝刀」と呼ばれていた日本の刀の美しさについて詠ったもの。大陸から伝来し、独自の発展を遂げた日本の刀が、すでに平安時代後期から鎌倉時代前期にかけて、輸出品として海外に認められていたことが分かります。

日本刀の由来

日本刀の由来をSNSでシェアする

「刀剣入門」の記事を読む


時代別に見る刀剣の特徴

時代別に見る刀剣の特徴
「日本刀」は、大別して「古刀」(ことう)、「新刀」(しんとう)、「新々刀」(しんしんとう)、「現代刀」(げんだいとう)の4つの時代に区分することができ、作刀された時代によって様々な特徴があります。各時代で作刀された刀剣にはどのような特徴があるのか。時代ごとに異なる刀剣の特徴をご紹介します。

時代別に見る刀剣の特徴

最強の日本刀

最強の日本刀
「日本刀」とは、かつて武器として使用されていた刀剣類のこと。漫画や映画などのフィクション作品では、「最強武器」のひとつとして挙げられるほど人気が高いことで知られています。最強の武器というイメージは、細身であやしい光を放つ見た目から来ていますが、実在する日本刀も、実はその切れ味の良さによって「格付け」がされていました。「最強の日本刀」を作刀した「最上大業物」(さいじょうおおわざもの)と呼ばれる刀工と共に、抜群の切れ味を誇る最強の日本刀に関する伝説、逸話をご紹介します。

最強の日本刀

名物と呼ばれる刀

名物と呼ばれる刀
「名物」(めいぶつ)とは、「享保名物帳」(きょうほうめいぶつちょう)に記載された日本刀のこと。日本刀に関する書籍に必ず登場する他、博物館などで展示される場合は「名物」と明記されるため、日本刀に詳しくない人でも言葉だけなら聞いたことがあるかもしれません。「名物」と呼ばれる刀とは、どのような刀なのか。「名物」に関する基本知識をご紹介します。

名物と呼ばれる刀

刀の楽しみ方

刀の楽しみ方
日本刀は、漫画や映画が好きな人であれば、誰もが一度は憧れる武器です。その理由は、「一目見ただけでも切れ味の良さを思わせる姿」や「素早い動きで標的を一刀両断することができる」などが連想されるため。実際に、アニメやゲーム、映画などに登場する際は、作中で「最強の武器」に設定されることもあることから、「日本刀は格好良いから好き」と言う人も少なくありません。そして、それらのフィクション作品を鑑賞する以外にも日本刀の楽しみ方は様々。現実で楽しむことができる「刀の楽しみ方」をご紹介します。

刀の楽しみ方

刀匠の紹介(時代別)

刀匠の紹介(時代別)
日本刀は、一見するとどれも同じに見えますが、大きさによって「太刀」や「打刀」、「脇差」、「短刀」などに分類されます。また、この他にも作刀者や作刀年代、作刀された地域、その時代の戦闘形式によって、様々な形状の刀が作られました。各時代、各地域で発達した刀工集団のなかには、「刀匠」と呼ばれる、優れた腕前を持つ刀鍛冶が多く存在します。そして、その作は日本史上有名な戦国武将や、幕末時代に活躍した志士達に愛用されました。それぞれの時代では、どのような刀匠が活躍していたのか。時代別に活躍した著名な刀匠とその作をご紹介します。

刀匠の紹介(時代別)

日本刀鑑定の古書(秘伝書)

日本刀鑑定の古書(秘伝書)
日本刀の研究は、武士制度の発展と共に進歩をしてきました。時代が進むにつれて刀剣研究家や刀剣鑑定士など、刀剣に関する専門家と呼べる人達が現われるようになり、刀剣・刀工の紹介、刀工の系譜や刀剣逸話・刀剣鑑定に関する書物などが作られるようになります。そうした日本刀に関する古書について紐解いていきましょう。

日本刀鑑定の古書(秘伝書)

日本刀と神社・寺

日本刀と神社・寺
日本には、神仏に対する感謝や崇敬の気持ちを込めて、神社や寺にお供え物を奉納する文化があります。これは古代から続く文化であり奉納する物も様々。収穫したばかりの米や作りたての酒、そして祭の山車や神楽舞なども奉納の一種です。日本刀が奉納されるのもこうした理由からで、人々にとって価値のある物を神仏に捧げることが感謝の意であり、今後も幸運をもたらして貰うための祈りでもありました。神社や寺のご紹介と、奉納された日本刀について見ていきましょう。

日本刀と神社・寺

刀剣鑑賞会のマナー

刀剣鑑賞会のマナー
日本刀は、実際に手に持って鑑賞することができる美術品です。そのため、日本刀を美術館や博物館で鑑賞するうちに、「もっと間近で、手に持って鑑賞してみたい」と思うようになる刀剣ファンも少なくありません。昨今の刀剣ブームにより、全国各地で「刀剣鑑賞会」が多く開催されるようになりましたが、一方で「刀剣鑑賞会は難しそう」と言う不安を感じて、参加できないと言う方も多いです。刀剣鑑賞会に参加するにあたり、事前に知っておくと便利なマナーや、鑑賞する際のポイントをご紹介します。

刀剣鑑賞会のマナー

鍔・目貫・小柄・笄・縁頭

鍔・目貫・小柄・笄・縁頭
日本刀は、その刀身だけではなく、刀身を保護する外装「拵」(こしらえ)を装着することで魅力が増す美術品です。拵に付属する「鞘」(さや)や「柄」(つか)などのことを「刀装」(とうそう)と言い、刀装を構成する各部のパーツのことを「刀装具」(とうそうぐ)と呼びます。そして、刀装具は制作者によって様々な装飾や彫刻が施されるのが特徴です。代表的な刀装具と、著名な制作者をご紹介します。

鍔・目貫・小柄・笄・縁頭