刀剣入門

鍔・目貫・小柄・笄・縁頭

文字サイズ

日本刀は、その刀身だけではなく、刀身を保護する外装「拵」(こしらえ)を装着することで魅力が増す美術品です。拵に付属する「鞘」(さや)や「柄」(つか)などのことを「刀装」(とうそう)と言い、刀装を構成する各部のパーツのことを「刀装具」(とうそうぐ)と呼びます。そして、刀装具は制作者によって様々な装飾や彫刻が施されるのが特徴です。代表的な刀装具と、著名な制作者をご紹介します。

鍔の役割

」(つば)は、(さや)と(つか)の間に装着する刀装具です。鍔の役割は、日本刀を使用するときに手が刃の方へ滑ることを防ぐため。鍔の起源は古墳時代まで遡ると言われており、当時作刀された刀剣は「倒卵形」(とうらんけい:卵をさかさまにした形状)の鍔が附属した状態で発掘されています。

鍔

鍔には、技巧が凝らされた彫物や図柄が施されるイメージが強いですが、その装飾が精巧になるのは江戸時代以降です。それまでの鍔はあくまでも刀剣の付属品であり、実用を重視していたため、美しく見せる必要はありませんでした。

戦国乱世が終わった江戸時代になると、「打刀」(うちがたな)と「脇差」(わきざし)を腰に差す「大小二本差」(だいしょうにほんざし)が武士にとっての正装になります。そして、武士は日本刀を自分の家柄や身分などを誇示する道具のひとつとして見なすようになり、特に正面にいる相手からよく見える鍔に意匠を凝らすことで、鞘のなかの刀身(とうしん)も良い出来であると言うことを示しました。

目貫

目貫の役割

目貫」(めぬき)とは、柄に装着する装飾金具のこと。室町時代以前の目貫は、刀身の(なかご:柄に収める部位)と柄がずれないように固定する留め具「目釘」(めくぎ)に飾りを付けたパーツとして使用されていましたが、室町時代以降は、目釘の一種ではなく装飾品として見なされるようになったと言われています。

目貫

目貫

目貫の意匠は、子孫繁栄や戦勝祈願などの「願掛け」の意味を持つ道具や動物が多いです。日本人は、古くから縁起を大切にしてきた民族であるため、自らが所有する武器や道具に、縁起が良いとされる図柄を施すことで験を担ぎました。特に目貫は、刀装具のなかでも装飾を施しやすいパーツであったため、美術品としての価値を高める様々な形状の意匠が凝らされたのです。

小柄・笄

小柄・笄の役割

小柄」(こづか)とは、鞘の片側に取り付けられる片刃の小刀のこと。もともとは、小さな細工をするために使用していたと言われていますが、江戸時代以降は(こしらえ)の見栄えをよく見せるための装飾品として見なされるようになりました。

」(こうがい)とは、鞘の片側、小柄と反対側に取り付けられる細長い小道具のこと。その役割は、髪を整えたり耳を掻いたりなど諸説ありますが、実際にどのように使用していたのかは明確に分かっていません。江戸時代以降は、小柄と同様に装飾品として制作・装着されるようになったと言われています。

小柄・笄

小柄・笄

なお、小柄、笄、目貫の3点が同一の製作者で、同一の図柄である場合は「三所物」(みところもの)と呼び、三所物は刀装具のなかでも格上の価値があると見なされていました。

縁頭

縁頭の役割

縁頭」(ふちがしら)とは、柄の両端に付ける「縁金」(ふちがね)と「柄頭」(つかがしら)の総称のこと。鍔と接する部位に取り付けるのが縁金、その反対側に取り付けるのが柄頭です。

縁頭

縁頭

縁金の役割は、柄に巻く紐や糸の巻きはじめの部分を覆い隠し、紐などが緩まないようにすること。そして、柄頭の役割は紐や糸の巻き終わりの部分を覆い隠し、縁金と同様に紐などが緩まないように固定することです。安土桃山時代以前の縁金と柄頭は、それぞれ異なる模様などが彫られていましたが、次第に美術品として見なされるようになったため、同一の図柄が施されるようになりました。

刀装具の著名な制作者

後藤祐乗

後藤祐乗」(ごとうゆうじょう)は、室町時代中期に活躍した金工師(きんこうし:金属に細工を施す職人)です。金工史上において、金工師としてはじめてその名が登場した人物で、室町幕府8代将軍「足利義政」(あしかがよしまさ)に仕え、意匠を凝らした三所物を制作したと言われています。

現存する作のほとんどが無銘(むめい:作刀者の記名がない作品)や極め銘(きわめめい:後世になってから鑑定した際に、推定の作刀者名を施すこと)ですが、江戸時代以降に活躍した金工師の多くが後藤祐乗の作に影響を受けました。

横谷宗珉

「横谷宗珉」(よこやそうみん)は、江戸時代に京で活躍した金工師です。はじめは、後藤祐乗を祖とする金工一派「後藤派」として活動していましたが、のちに独立して浮世絵師や画家の作品の下絵を応用した「絵風彫刻」(絵画的な彫刻)を創始し、一世を風靡しました。

東京都品川区にある「鳳凰山天妙国寺」には、横谷宗珉の代表作と言われる「仁王図二所物」が現存します。二所物とは、ひとりの制作者が図柄を同一に揃えた小柄と目貫のこと。「仁王図二所物」の小柄と目貫には、仁王像が高彫りの色絵で作られており、特に目貫は「宗珉の仁王」と言う通称が付けられるほどの傑作として有名です。

一宮長常

一宮長常」(いちのみやながつね)は、江戸時代に江戸で活躍した金工師で、優れた作を多く制作したことから横谷宗珉と並び称されました。絵画的構図を得意とし、「光格天皇」(こうかくてんのう)の衝立を調進したことで「越前大掾」に任じられただけではなく、朝鮮国王から献上品の制作依頼を受けるなどして、その名声を上げたと言われています。

一宮長常の特徴は精巧なばかりではなく、時に大胆で無骨な構図を手掛ける点。一宮長常は、図柄をあえて荒く描くことで、生命の力強さを表現したのです。

加納夏雄

加納夏雄」(かのうなつお)は、幕末時代から明治時代にかけて活躍した金工師です。幼い頃から彫刻に親しみ、少年期には彫金師や絵師のもとで技法・写実などを学んで、小柄や鍔へ図柄を施す金工師として名声を上げるようになりました。

また、加納夏雄は愛刀家として知られる「明治天皇」とも交流があり、明治天皇から直刀に合う拵の作刀を依頼された際には、見事にこれを完成させています。この直刀は、のちに明治天皇によって「水龍剣」と言う号が与えられました。

鍔・目貫・小柄・笄・縁頭

鍔・目貫・小柄・笄・縁頭をSNSでシェアする

「刀剣入門」の記事を読む


時代別に見る刀剣の特徴

時代別に見る刀剣の特徴
「日本刀」は、大別して「古刀」(ことう)、「新刀」(しんとう)、「新々刀」(しんしんとう)、「現代刀」(げんだいとう)の4つの時代に区分することができ、作刀された時代によって様々な特徴があります。各時代で作刀された刀剣にはどのような特徴があるのか。時代ごとに異なる刀剣の特徴をご紹介します。

時代別に見る刀剣の特徴

日本刀の由来

日本刀の由来
日本刀とは、日本独自の製法で作られた反りがある片刃の刀剣のことを言います。日本刀がはじめて現われたのは平安時代の頃。それまでは上古刀(じょうことう)と呼ばれる、大陸から伝来した両刃(もろは)の剣や直刀(ちょくとう)が主流で、海外の刀剣との大きな違いはありませんでした。日本刀発祥の歴史とそのルーツについて紹介します。

日本刀の由来

最強の日本刀

最強の日本刀
「日本刀」とは、かつて武器として使用されていた刀剣類のこと。漫画や映画などのフィクション作品では、「最強武器」のひとつとして挙げられるほど人気が高いことで知られています。最強の武器というイメージは、細身であやしい光を放つ見た目から来ていますが、実在する日本刀も、実はその切れ味の良さによって「格付け」がされていました。「最強の日本刀」を作刀した「最上大業物」(さいじょうおおわざもの)と呼ばれる刀工と共に、抜群の切れ味を誇る最強の日本刀に関する伝説、逸話をご紹介します。

最強の日本刀

名物と呼ばれる刀

名物と呼ばれる刀
「名物」(めいぶつ)とは、「享保名物帳」(きょうほうめいぶつちょう)に記載された日本刀のこと。日本刀に関する書籍に必ず登場する他、博物館などで展示される場合は「名物」と明記されるため、日本刀に詳しくない人でも言葉だけなら聞いたことがあるかもしれません。「名物」と呼ばれる刀とは、どのような刀なのか。「名物」に関する基本知識をご紹介します。

名物と呼ばれる刀

刀の楽しみ方

刀の楽しみ方
日本刀は、漫画や映画が好きな人であれば、誰もが一度は憧れる武器です。その理由は、「一目見ただけでも切れ味の良さを思わせる姿」や「素早い動きで標的を一刀両断することができる」などが連想されるため。実際に、アニメやゲーム、映画などに登場する際は、作中で「最強の武器」に設定されることもあることから、「日本刀は格好良いから好き」と言う人も少なくありません。そして、それらのフィクション作品を鑑賞する以外にも日本刀の楽しみ方は様々。現実で楽しむことができる「刀の楽しみ方」をご紹介します。

刀の楽しみ方

刀匠の紹介(時代別)

刀匠の紹介(時代別)
日本刀は、一見するとどれも同じに見えますが、大きさによって「太刀」や「打刀」、「脇差」、「短刀」などに分類されます。また、この他にも作刀者や作刀年代、作刀された地域、その時代の戦闘形式によって、様々な形状の刀が作られました。各時代、各地域で発達した刀工集団のなかには、「刀匠」と呼ばれる、優れた腕前を持つ刀鍛冶が多く存在します。そして、その作は日本史上有名な戦国武将や、幕末時代に活躍した志士達に愛用されました。それぞれの時代では、どのような刀匠が活躍していたのか。時代別に活躍した著名な刀匠とその作をご紹介します。

刀匠の紹介(時代別)

日本刀鑑定の古書(秘伝書)

日本刀鑑定の古書(秘伝書)
日本刀の研究は、武士制度の発展と共に進歩をしてきました。時代が進むにつれて刀剣研究家や刀剣鑑定士など、刀剣に関する専門家と呼べる人達が現われるようになり、刀剣・刀工の紹介、刀工の系譜や刀剣逸話・刀剣鑑定に関する書物などが作られるようになります。そうした日本刀に関する古書について紐解いていきましょう。

日本刀鑑定の古書(秘伝書)

日本刀と神社・寺

日本刀と神社・寺
日本には、神仏に対する感謝や崇敬の気持ちを込めて、神社や寺にお供え物を奉納する文化があります。これは古代から続く文化であり奉納する物も様々。収穫したばかりの米や作りたての酒、そして祭の山車や神楽舞なども奉納の一種です。日本刀が奉納されるのもこうした理由からで、人々にとって価値のある物を神仏に捧げることが感謝の意であり、今後も幸運をもたらして貰うための祈りでもありました。神社や寺のご紹介と、奉納された日本刀について見ていきましょう。

日本刀と神社・寺

刀剣鑑賞会のマナー

刀剣鑑賞会のマナー
日本刀は、実際に手に持って鑑賞することができる美術品です。そのため、日本刀を美術館や博物館で鑑賞するうちに、「もっと間近で、手に持って鑑賞してみたい」と思うようになる刀剣ファンも少なくありません。昨今の刀剣ブームにより、全国各地で「刀剣鑑賞会」が多く開催されるようになりましたが、一方で「刀剣鑑賞会は難しそう」と言う不安を感じて、参加できないと言う方も多いです。刀剣鑑賞会に参加するにあたり、事前に知っておくと便利なマナーや、鑑賞する際のポイントをご紹介します。

刀剣鑑賞会のマナー