刀剣入門

日本刀と神社・寺

文字サイズ

日本には、神仏に対する感謝や崇敬の気持ちを込めて、神社や寺にお供え物を奉納する文化があります。これは古代から続く文化であり奉納する物も様々。収穫したばかりの米や作りたての酒、そして祭の山車や神楽舞なども奉納の一種です。日本刀が奉納されるのもこうした理由からで、人々にとって価値のある物を神仏に捧げることが感謝の意であり、今後も幸運をもたらして貰うための祈りでもありました。神社や寺のご紹介と、奉納された日本刀について見ていきましょう。

刀剣奉納 神社・仏閣の日本刀刀剣奉納 神社・仏閣の日本刀
日本刀が奉納・展示されている主な神社・仏閣や宝物館などを一覧でご紹介。

「北野天満宮」と鬼を斬った源氏の宝刀

北野天満宮

北野天満宮

北野天満宮

北野天満宮」(京都府京都市上京区)の宝物館には、源氏の宝刀として伝わる名刀「鬼切安綱」(おにきりやすつな)が所蔵されています。

この北野天満宮は、平安時代の官吏「菅原道真」(すがわらのみちざね)を祀っており、「天神さん」や「北野さん」の名前で親しまれている神社です。

そして「太宰府天満宮」(福岡県太宰府市)など、全国各地にある天満宮の総本社となっています。菅原道真は学者でもあったことから「学問の神様」とも呼ばれ、受験の季節は参拝者で大賑わいです。

代々学者の家系に生まれた菅原道真は、自身も学者でありながら右大臣にまで昇進。しかしそれを妬んだ左大臣「藤原時平」(ふじわらのときひら)の陰謀により大宰府へと左遷されてしまいます。当時、太宰府と言えば京の都から離れた場所であったことから、都の官吏達にとって大宰府行きは貴族社会からはじかれた陸の孤島でもありました。

そして菅原道真は、左遷された2年後に大宰府で生涯を終えます。以降、都の内裏への落雷や、藤原一族の不審死が続いたため、菅原道真の祟りと怖れられるようになりました。947年(天暦元年)に、菅原道真の霊を祀るため北野の地に社殿が造営されます。さらに987年(永延元年)には、当時の天皇が正式に神号を北野天満宮と認めたことが今日のはじまりです。

また菅原道真は、漢詩や和歌を得意としました。なかでも「梅」を好んだこともあり、和歌の題材に梅を詠んだ歌を多く残しているのです。このことから北野天満宮には、20,000坪の敷地を持つ「梅苑」に約1,500本の梅の木が植えられ、毎年春にきれいな花を咲かせてくれます。

鬼切安綱(髭切)
鬼切安綱(髭切)など、様々な「名刀」と謳われる刀剣を検索できます。

鬼切安綱

前述した鬼切安綱は、源氏の棟梁が代々受け継いできた太刀(たち)で、持つ人物、時代により号が変わった刀でもあるのです。「髭切」(ひげきり)・「鬼丸」(おにまる)・「獅子の子」・「友切」など様々。この鬼切安綱を作らせたのは、平安時代中期の武士「源満仲」(みなもとのみつなか)で、のちに息子「源頼光」(みなもとのよりみつ)のもとに渡ります。そして源頼光は、鬼切安綱を配下の「渡辺綱」(わたなべのつな)に貸し与えることに。鬼切安綱を手にした渡辺綱は、京の都を騒がす退治に向かい、鬼の「茨木童子」(いばらきどうじ)の腕を切り落としたと伝わるのです。このことから号に「鬼切」と付けられたと言います。そして多くの人々の手を経て、源氏とつながりのある出羽国(現在の山形県秋田県)の最上家が所有し、こののち北野天満宮に奉納しました。

本刀を作ったのは、平安時代初期に活躍した伯耆国(現在の鳥取県中西部)の刀工「安綱」(やすつな)です。安綱は、「天下五剣」(てんがごけん)のひとつにも数えられている「童子切安綱」(どうじぎりやすつな)を作った刀工でもあります。この鬼切安綱は「安綱」と二字銘が刻まれていたと言われていますが、「國綱」(くにつな)と改竄(かいざん)されているのです。改竄の理由については分かってはいませんが、奉納するまで所有していた最上家によって(めい)を変えられたのではないかと伝わっています。

鬼切安綱(髭切)
鬼切安綱(髭切)
國綱
鑑定区分
重要文化財
刃長
85
所蔵・伝来
坂上田村麻呂 →
源頼光 →
渡辺綱 →
新田義貞 →
北野天満宮
童子切安綱
童子切安綱など、様々な「名刀」と謳われる刀剣を検索できます。

平清盛が崇敬した「厳島神社」と平家が奉納した名刀

厳島神社

厳島神社

厳島神社

「安芸の宮島」と呼ばれる「厳島神社」(いつくしまじんじゃ)(広島県廿日市市)は、「平清盛」が篤く信仰し、平清盛により現在のような海上に建つ社殿が作られました。

その起源は、593年(推古元年)に当地を治める豪族「佐伯鞍職」(さえきむらもと)が神託を受けたとして、勅許(天皇の許可)を得て「市杵島姫命」(いちきしまひめのみこと:日本神話に登場する水の女神)を祀る社殿を造営したことがはじまりです。

1146年(久安2年)に、平清盛が安芸守(あきのかみ:現在の広島県西部辺りを任された朝廷からの行政官)に任じられると、前述した通り厳島神社のある宮島などを大変気に入ります。そして、1168年(仁安3年)に平清盛の援助を得て、寝殿造の様式を取り入れた社殿に修造。平清盛は官位が上がるにつれ厳島神社も栄えていき、より平家一門との結び付きは強くなります。1174年(承安4年)に「後白河法皇」(ごしらかわほうおう)の御幸があり、1180年(治承4年)には「高倉上皇」が御幸し、他にも多くの皇族や貴族が参詣しました。

平清盛に盛り立てられた厳島神社の宝物館には、平清盛や平家一門による自筆の「平家納経」や絵画・書・甲冑(鎧兜)・刀剣類などが保管されています。平家が滅んだあと時代が移り室町時代には室町幕府初代将軍「足利尊氏」(あしかがたかうじ)や3代将軍「足利義満」(あしかがよしみつ)、戦国時代には中国地方を治めた大内家、毛利家なども厳島神社を信仰し、そして庇護しました。現在、厳島神社は、宮城県の「松島」、京都府の「天橋立」(あまのはしだて)と並び日本三景として知られており、さらに1996年(平成8年)に世界文化遺産に登録され、国内外からの観光客に人気の場所です。

銘 友成作

厳島神社宝物館には、平清盛の三男「平宗盛」(たいらのむねもり)が、平家一門の繁栄を祈念して奉納したと伝わる太刀「銘 友成作」が保管されています。作刀したのは、平安時代中期から後期に活躍した備前国(現在の岡山県東南部)の刀工「友成」(ともなり)と言う人物で、「古備前派」(こびぜんは)の開祖。古備前派は、備前国に栄えた流派のはじまりで、「福岡一文字派」(ふくおかいちもんじは)や「長船派」(おさふねは)の源流であるとされています。

古備前派による作刀は、優美で格調高い姿のため、武士や貴族などから重宝され、贈答用や奉納刀として人気のある刀でした。そして、同時代に活躍した刀工「正恒」(まさつね)と並んで古備前を代表する名工であり、のちに「友成派」と「正恒派」と派閥が分かれていきます。本刀は、1952年(昭和27年)に国宝に指定され、現在も厳島神社宝物庫に所蔵されている名刀です。

太刀 銘 友成作
太刀 銘 友成作
友成作
鑑定区分
国宝
刃長
79.4
所蔵・伝来
平教経 →
厳島神社
太刀 銘 友成作
友成作など、様々な「名刀」と謳われる刀剣を検索できます。
五箇伝の名工
日本刀の歴史に名を残した、数々の名工をご紹介します。

関東を代表する古社「日光二荒山神社」と妖怪退治をした護神刀

日光二荒山神社

日光二荒山神社」(にっこうふたらさんじんじゃ)は、栃木県日光市にある神社です。正式名称は「二荒山神社」ですが、宇都宮市にも同じ名前の神社があるため区別のため「日光」と地名を付けて称します。この日光二荒山神社に奉納されているのが、「祢々切丸」(ねねきりまる)と呼ばれる太刀です。

日光二荒山神社

日光二荒山神社

日光二荒山神社は、奈良時代の僧「勝道上人」(しょうどうしょうにん)が、山岳信仰の場として二荒山(現在の男体山)の神を祀って767年(神護景雲元年)に社を建てたことがはじまり。さらに栃木県北西部にそびえる女峰山・太郎山などの日光連山の主峰三山を神体山(しんたいさん:山岳信仰による神の住む山のこと。霊峰とも言う)として祀っています。

境内は、女峰山登山口にある「本社」、男体山登山口の「中宮祠」、男体山山頂の「奥宮」の3ヵ所。境内近辺には、「華厳滝」や「中禅寺湖」、「いろは坂」などがあり、現在は人気の観光地のひとつとなっています。江戸時代初期には、「徳川家康」を祀る「日光東照宮」(栃木県日光市)が創建されると、日光二荒山神社も江戸幕府のみならず朝廷や諸大名、さらに民衆からも熱い支持を受けるようになりました。

祢々切丸

祢々切丸は、日光二荒山神社の護神刀であり、妖怪退治の伝説を持つ刀です。祢々切丸の号は、日光山中の「ねねが沢」に住み着いた妖怪「祢々」を、刀自ら鞘を抜け出して祢々を切り付け退治したと伝わることに由来します。またこの祢々の正体については、日光付近の方言の「河童」であるという説や、「ネーネー」と鳴く虫が化けたのだとも言われているのです。

祢々切丸は南北朝時代に作られた大太刀で、作者不明とされています。一説によれば、天下五剣のひとつ「三日月宗近」(みかづきむねちか)を作った「宗近」(むねちか)ではないかと推測されていますが、特定には至っていません。刃長は7尺1寸5分(約216.7cm)と現存する刀剣類のなかでも極めて長い太刀に分類されます。また祢々切丸は、日光二荒山神社で毎年4月13~17日に行われる「弥生祭」で、男体山で捕れた牡鹿の皮の上に飾り儀式をするのが習わし。1,200年以上続く伝統的な神事で、栃木県の県指定無形文化財にも指定されています。

祢々切丸

祢々切丸

三日月宗近
三日月宗近など、様々な「名刀」と謳われる刀剣を検索できます。

日本最古の寺「四天王寺」と聖徳太子が佩刀した剣

四天王寺

四天王寺」(大阪府大阪市天王寺区)は、日本仏教の祖である「聖徳太子」によって開かれた寺院です。創建については、「日本書紀」によれば蘇我氏と物部氏による宗教対立の折、崇仏派の蘇我氏についた聖徳太子が「戦に勝利したら寺院を建てる」と誓願したことによるとあります。そして見事勝利すると、誓いを果たすために四天王寺は建立されました。

四天王寺

四天王寺

しかし、同じく聖徳太子が建てた「法隆寺」(奈良県生駒郡)とは違い、四天王寺は度重なる戦火や災害に見舞われ、多くが焼失。それでも現在の寺院は、創建当時の様式を再現しており、古代の建築様式を今に残します。四天王寺の伽藍配置は「四天王寺式伽藍配置」と言われ、日本では最も古い建築様式。その大元は中国や朝鮮半島にも見られることから、6~7世紀の大陸文化を今日に伝える重要な建築様式とも言えるのです。境内は、四天王寺式伽藍の他、聖徳太子の御霊を祀る聖霊院(太子殿)があり、創建当時から残る数百種類の貴重な品々と、国宝・重要文化財を所蔵する宝物館もあります。

丙子椒林剣

丙子椒林剣」(へいししょうりんけん)は、聖徳太子の佩刀(はいとう)した四天王寺に伝わる剣です。切刃造り(きりはづくり)で反りのない直刀(ちょくとう)の姿をしており、鎬造り(しのぎづくり)で反りのある日本刀が作られるようになる以前の形式。

名称の由来は、腰元の刃長に「丙子椒林」と金象嵌銘(きんぞうがんめい)されていることによります。この解釈についても、古くは「丙毛槐林」とされ「丙毛」は「蘇我馬子」、「槐林」は「大臣」であると言われていました。

しかし、江戸時代の朱子学者「新井白石」(あらいはくせき)が、「丙子」は作られた年の干支で、「椒林」は作者ではないかと推察したことで、現在ではこのように解釈するのが通説です。同じく四天王寺には、聖徳太子の佩刀と伝わる剣「七星剣」がありますが、どちらも飛鳥時代に作られた上古刀(じょうことう)としては最高の出来であると言われています。

丙子椒林剣
丙子椒林剣
鑑定区分
国宝
刃長
65.8
所蔵・伝来
聖徳太子 →
四天王寺
丙子椒林剣
丙子椒林剣など、様々な「名刀」と謳われる刀剣を検索できます。
七星剣
七星剣など、様々な「名刀」と謳われる刀剣を検索できます。

徳川家康を祀った「久能山東照宮」と伝説刀の写し

久能山東照宮

久能山東照宮

久能山東照宮

久能山東照宮」(静岡県静岡市)は、徳川家康が埋葬されている社です。創建は7世紀の「推古天皇」(すいこてんのう)の時代まで遡り、同地を治めていた「久能忠仁」が「久能寺」を建立し、観音菩薩像を安置したことがはじまりです。

久能寺の縁起(社寺の起源や由来)によると、久能寺は平安時代の仏教隆昌と共に多くの僧坊が建てられ、多くの名僧が往来したと言います。さらに平安時代から鎌倉時代初期にかけて、360坊、1,500人の衆徒をもつ大寺院となっていました。

江戸時代になる頃には、「駿府城」(現在の静岡県静岡市)に徳川家康が隠居するようになります。そして家臣に対し、自分の死後について「遺体は駿河国の久能山に葬り、江戸の増上寺で葬儀を行い、三河国の大樹寺に位牌を納め、一周忌が過ぎてのち、下野の日光山に小堂を建てて勧請せよ、関八州の鎮守になろう」と遺言しました。徳川家康の息子で2代将軍「徳川秀忠」(とくがわひでただ)は、この遺言に従い、遺体を久能山に埋葬し同地に久能山東照宮が造営されたのです。

徳川十五代将軍一覧
江戸時代を語る上で欠かせない徳川十五代将軍の姿を紐解きます。

ソハヤノツルキ

ソハヤノツルキ」は、鎌倉時代の刀工「三池典太光世」(みいけてんたみつよ)作と言われています。本刀は、平安時代に日本ではじめて征夷大将軍に任命された「坂上田村麻呂」(さかのうえのたむらまろ)が所持していたと伝説に残る「ソハヤノツルキ」の写し(名刀などを模造すること)です。

作風は、板目肌(いためはだ)やや流れ、刃文(はもん)は直刃(すぐは)で帽子は小丸。佩表(はきおもて:太刀の刃を下にして腰に帯びたとき、表側になる面)に「妙純伝持 ハヤノツルキ」とあり、佩裏(はきうら)には「ウツスナリ」と銘が刻まれています。徳川家康が愛用し常に身に付けたとされる太刀で、亡くなる直前まで側近くに置いていたことから、死後は久能山東照宮の宝庫に納められました。

ソハヤノツルキ
ソハヤノツルキ
妙純伝
ソハヤノツルキ
ウツスナリ
鑑定区分
重要文化財
刃長
69.6
所蔵・伝来
徳川家康 →
久能山東照宮

日本刀と神社・寺

日本刀と神社・寺をSNSでシェアする

「刀剣入門」の記事を読む


時代別に見る刀剣の特徴

時代別に見る刀剣の特徴
「日本刀」は、大別して「古刀」(ことう)、「新刀」(しんとう)、「新々刀」(しんしんとう)、「現代刀」(げんだいとう)の4つの時代に区分することができ、作刀された時代によって様々な特徴があります。各時代で作刀された刀剣にはどのような特徴があるのか。時代ごとに異なる刀剣の特徴をご紹介します。

時代別に見る刀剣の特徴

日本刀の由来

日本刀の由来
日本刀とは、日本独自の製法で作られた反りがある片刃の刀剣のことを言います。日本刀がはじめて現われたのは平安時代の頃。それまでは上古刀(じょうことう)と呼ばれる、大陸から伝来した両刃(もろは)の剣や直刀(ちょくとう)が主流で、海外の刀剣との大きな違いはありませんでした。日本刀発祥の歴史とそのルーツについて紹介します。

日本刀の由来

最強の日本刀

最強の日本刀
「日本刀」とは、かつて武器として使用されていた刀剣類のこと。漫画や映画などのフィクション作品では、「最強武器」のひとつとして挙げられるほど人気が高いことで知られています。最強の武器というイメージは、細身であやしい光を放つ見た目から来ていますが、実在する日本刀も、実はその切れ味の良さによって「格付け」がされていました。「最強の日本刀」を作刀した「最上大業物」(さいじょうおおわざもの)と呼ばれる刀工と共に、抜群の切れ味を誇る最強の日本刀に関する伝説、逸話をご紹介します。

最強の日本刀

名物と呼ばれる刀

名物と呼ばれる刀
「名物」(めいぶつ)とは、「享保名物帳」(きょうほうめいぶつちょう)に記載された日本刀のこと。日本刀に関する書籍に必ず登場する他、博物館などで展示される場合は「名物」と明記されるため、日本刀に詳しくない人でも言葉だけなら聞いたことがあるかもしれません。「名物」と呼ばれる刀とは、どのような刀なのか。「名物」に関する基本知識をご紹介します。

名物と呼ばれる刀

刀の楽しみ方

刀の楽しみ方
日本刀は、漫画や映画が好きな人であれば、誰もが一度は憧れる武器です。その理由は、「一目見ただけでも切れ味の良さを思わせる姿」や「素早い動きで標的を一刀両断することができる」などが連想されるため。実際に、アニメやゲーム、映画などに登場する際は、作中で「最強の武器」に設定されることもあることから、「日本刀は格好良いから好き」と言う人も少なくありません。そして、それらのフィクション作品を鑑賞する以外にも日本刀の楽しみ方は様々。現実で楽しむことができる「刀の楽しみ方」をご紹介します。

刀の楽しみ方

刀匠の紹介(時代別)

刀匠の紹介(時代別)
日本刀は、一見するとどれも同じに見えますが、大きさによって「太刀」や「打刀」、「脇差」、「短刀」などに分類されます。また、この他にも作刀者や作刀年代、作刀された地域、その時代の戦闘形式によって、様々な形状の刀が作られました。各時代、各地域で発達した刀工集団のなかには、「刀匠」と呼ばれる、優れた腕前を持つ刀鍛冶が多く存在します。そして、その作は日本史上有名な戦国武将や、幕末時代に活躍した志士達に愛用されました。それぞれの時代では、どのような刀匠が活躍していたのか。時代別に活躍した著名な刀匠とその作をご紹介します。

刀匠の紹介(時代別)

日本刀鑑定の古書(秘伝書)

日本刀鑑定の古書(秘伝書)
日本刀の研究は、武士制度の発展と共に進歩をしてきました。時代が進むにつれて刀剣研究家や刀剣鑑定士など、刀剣に関する専門家と呼べる人達が現われるようになり、刀剣・刀工の紹介、刀工の系譜や刀剣逸話・刀剣鑑定に関する書物などが作られるようになります。そうした日本刀に関する古書について紐解いていきましょう。

日本刀鑑定の古書(秘伝書)

刀剣鑑賞会のマナー

刀剣鑑賞会のマナー
日本刀は、実際に手に持って鑑賞することができる美術品です。そのため、日本刀を美術館や博物館で鑑賞するうちに、「もっと間近で、手に持って鑑賞してみたい」と思うようになる刀剣ファンも少なくありません。昨今の刀剣ブームにより、全国各地で「刀剣鑑賞会」が多く開催されるようになりましたが、一方で「刀剣鑑賞会は難しそう」と言う不安を感じて、参加できないと言う方も多いです。刀剣鑑賞会に参加するにあたり、事前に知っておくと便利なマナーや、鑑賞する際のポイントをご紹介します。

刀剣鑑賞会のマナー

鍔・目貫・小柄・笄・縁頭

鍔・目貫・小柄・笄・縁頭
日本刀は、その刀身だけではなく、刀身を保護する外装「拵」(こしらえ)を装着することで魅力が増す美術品です。拵に付属する「鞘」(さや)や「柄」(つか)などのことを「刀装」(とうそう)と言い、刀装を構成する各部のパーツのことを「刀装具」(とうそうぐ)と呼びます。そして、刀装具は制作者によって様々な装飾や彫刻が施されるのが特徴です。代表的な刀装具と、著名な制作者をご紹介します。

鍔・目貫・小柄・笄・縁頭