刀剣入門

最強の日本刀

文字サイズ

「日本刀」とは、かつて武器として使用されていた刀剣類のこと。漫画や映画などのフィクション作品では、「最強武器」のひとつとして挙げられるほど人気が高いことで知られています。最強の武器というイメージは、細身であやしい光を放つ見た目から来ていますが、実在する日本刀も、実はその切れ味の良さによって「格付け」がされていました。「最強の日本刀」を作刀した「最上大業物」(さいじょうおおわざもの)と呼ばれる刀工と共に、抜群の切れ味を誇る最強の日本刀に関する伝説、逸話をご紹介します。

刀剣写真・日本刀画像刀剣写真・日本刀画像
刀剣写真・日本刀画像では、刀の種類、鑑定区分など、様々な検索方法で、日本刀が検索できます。

日本刀をランク付けした「懐宝剣尺」とは

試し切り

試し切り

現代の日本刀は、美術品としてその製造や所持が認められていますが、かつては武器として使用されていたため、性能を測る際は「試し切り」をすることで優れた日本刀を選定しました。

江戸時代の宣教師である「ルイス・フロイス」の報告書には、「日本刀の試し切りは、必ず人体を用いて行っていた」と書かれています。

試し切りを行ったのは、「御様御用」(おためしごよう:刀剣の試し切りを行う役人)を務めていた「山田浅右衛門」(やまだあさえもん)。山田浅右衛門は、刀剣の試し切りと死刑の執行を担った人物で、試し切りの名手として知られていました。

日本刀の切れ味の良さを示す基準は、人体のどの部位をどれだけ斬ることができたか。そして、これをまとめたのが「懐宝剣尺」(かいほうけんじゃく)です。懐宝剣尺とは、肥前国唐津藩(現在の佐賀県唐津市)の藩士「柘植平助方理」(つげへいすけまさよし)が山田浅右衛門などの協力を得て著した、刀剣の切れ味を比べた格付け本のこと。業物表(切れ味によってランク付けされた刀工の一覧)をはじめ、試し切りの仕方や年代表、金工銘鑑、外装などの情報が書かれており、初版から人気が高かったため5版まで刊行されました。

「日本刀の切れ味~抜刀道~」のYouTube動画

日本刀の切れ味~抜刀道~

最強の日本刀を作刀した「最上大業物」の刀工達

懐宝剣尺における位列は、「最上大業物」(さいじょうおおわざもの)、「大業物」(おおわざもの)、「良業物」(よきわざもの)、「業物」(わざもの)の4段階。

最上大業物が最も切れ味に優れており、以下の15名が選定されています。

最上大業物 15工
長船秀光(おさふねひでみつ)
長船兼光(おさふねかねみつ)
長船元重(おさふねもとしげ)
三原正家(初代 三原正家)(みはらまさいえ)
兼元(初代 兼元)(かねもと)
孫六兼元(2代目 兼元)(まごろくかねもと)
和泉守兼定(2代目 兼定)(いずみのかみかねさだ)
長曽祢興里(初代 虎徹)(ながそねおきさと)
多々良長幸(たたらながゆき)
肥前忠吉(初代 肥前忠吉)(ひぜんただよし)
陸奥守忠吉(3代目 肥前忠吉)(むつのかみただよし)
ソボロ助広(初代 助広)(そぼろすけひろ)
仙台国包 (初代 国包)(せんだいくにかね)
長曽祢興正(2代目 虎徹)(ながそねおきまさ)
三善長道(初代 長道)(みよしながみち)
著名刀工名鑑(刀工・刀匠)
著名な刀工を「生産国」、「50音」、「フリーワード」のいずれかで検索できます。

備前長船秀光(2代)

備前長船秀光(2代)は、南北朝時代に備前国(現在の岡山県東部)で活躍した刀工。同で4代続き、最上大業物に列されているのは2代秀光と言われています。2代秀光の作は「天下無双の刀」と評され、最上大業物に選定された刀工のうち、筆頭として挙げられるほどの切れ味を誇りました。

薙刀 無銘 長船秀光
薙刀 無銘 長船秀光
無銘
鑑定区分
特別保存刀剣
刃長
58.2
所蔵・伝来
谷家 →
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

備前長船兼光

備前長船兼光は、南北朝時代に備前国で活躍した刀工。その切れ味の良さから、室町幕府初代征夷大将軍「足利尊氏」(あしかがたかうじ)が兼光の刀で甲冑(鎧兜)を真っ二つにしたという伝説がある他、「上杉謙信」(うえすぎけんしん)や「立花宗茂」(たちばなむねしげ)など、著名な戦国武将からも愛されました。

太刀 銘 備前国長船住兼光
太刀 銘 備前国長船住兼光
備前国長船住兼光
鑑定区分
重要刀剣
刃長
71.5
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

備前長船元重(2代)

備前長船元重(2代)は、南北朝時代に備前国で活躍した刀工。同銘で2代続き、最上大業物に列されているのは2代元重です。鎌倉時代に活躍した名工「貞宗」(さだむね)の門人と言われており、「貞宗三哲」(さだむねさんてつ:貞宗の門人のなかでも特に優れた3刀工)のひとりに数えられています。

刀 折返銘 備前長船住元重
刀 折返銘 備前長船住元重
備前長船住元重
鑑定区分
特別重要刀剣
刃長
68.3
所蔵・伝来
明治天皇 →
小松宮彰仁親王 →
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

三原正家/左兵衛尉正家

三原正家/左兵衛尉正家は、「三原派中興の祖」と呼ばれる、備後国三原(現在の広島県三原市)で活躍した刀工。刀工集団「三原派」は、切れ味に優れた刀を作刀していましたが、無銘の作が多かったため知名度が上がらず、古くは下作の刀工一派と見なされていました。のちに実戦で三原派の刀が使用されると、その切れ味の良さはたちまち評判となり武士から求められるようになったと言われています。

刀 無銘 古三原
刀 無銘 古三原
無銘
鑑定区分
特別保存刀剣
刃長
71.8
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

孫六兼元(清関兼元)

孫六兼元(清関兼元)は、室町時代後期に美濃国(現在の岐阜県南部)で活躍した刀工。銘の「孫六」(まごろく)は、清関兼元が刀匠「三阿弥兼則」(さんあみかねのり)の孫で、父の名が「六郎左衛門」(ろくろうざえもん)だったことが由来と言われています。美濃国の関や赤坂などで多くの刀剣を作刀したため、関鍛冶は「備前国長船」と並び、刀剣の二大産地となりました。

刀 銘 兼元(孫六初代)
刀 銘 兼元(孫六初代)
兼元
鑑定区分
保存刀剣
刃長
67.0
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

孫六兼元(2代)

孫六兼元(2代)は、室町時代後期に美濃国で活躍した刀工。美濃国の代表刀工として知られる初代「兼定」(かねさだ)のもとで修業をしたのち、初代兼定の息子であり「之定」(のさだ)の通称で知られる2代「和泉守兼定」(いずみのかみかねさだ)と兄弟の契りを交わしたと言われています。

刀 銘 兼元(孫六)
刀 銘 兼元(孫六)
兼元
鑑定区分
特別保存刀剣
刃長
71.1
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

和泉守兼定(之定)

和泉守兼定(之定)は、室町時代に美濃国で活躍した刀工。美濃国で「兼定」と銘を切った刀工は複数存在しますが、美濃国随一の刀工と謳われたのが2代兼定である之定です。之定の作は、切れ味に優れただけではなく、見た目も美しいと評されていたため、「柴田勝家」(しばたかついえ)や「明智光秀」(あけちみつひで)、「細川忠興」(ほそかわただおき)をはじめとする戦国武将の他、「新選組」の副長「土方歳三」など、著名な人物から愛されました。

薙刀 銘 和泉守兼定作
薙刀 銘 和泉守兼定作
和泉守兼定作
鑑定区分
重要刀剣
刃長
61
所蔵・伝来
京極高次→
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

長曾祢興里(初代虎徹)

長曾祢興里(初代虎徹)は、江戸時代前期に江戸で活躍した刀工。切れ味に優れた刀を多く作刀したため、抜群の知名度を誇った刀工として知られていますが、もともとは甲冑(鎧兜)を制作する職人「甲冑師」でした。太平の世となったことで甲冑(鎧兜)の需要が低下したため、甲冑師から刀鍛冶へ転向し、成功を収めます。

刀 銘 長曽祢興里入道乕徹
刀 銘 長曽祢興里入道乕徹
長曽祢興里
入道乕徹
鑑定区分
重要刀剣
刃長
68
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

多々良長幸

多々良長幸は、江戸時代中期に摂津国(現在の大阪府北中部、兵庫県南東部)で活躍した刀工。もともとは紀州国(現在の和歌山県全域、三重県南部)の刀工一派「石堂派」(いしどうは)の出で、大坂へ移住したことで「大坂石堂派」を興しました。大坂石堂派でも屈指の名工であり、「新刀備前伝」の第一人者と称されます。

刀 銘 長幸於摂津国作之
刀 銘 長幸於摂津国作之
長幸
於摂津国作之
鑑定区分
特別重要刀剣
刃長
84.8
所蔵・伝来
蜂須賀家 →
刀剣ワールド財団

〔 東建コーポレーション 〕

肥前忠吉(初代)

肥前忠吉(初代)は、江戸時代初期に肥前国(現在の佐賀県、対馬と壱岐を除く長崎県)で活躍した刀工。もともとは武士の家柄でしたが、戦によって家族を失い、刀工をしていた親族へ引き取られたため刀鍛冶になりました。優れた鍛冶の腕が認められたことで、肥前国佐賀藩主「鍋島家」に召し抱えられることになり、名刀を多く作刀した他、後継者の育成にも尽力したと言われています。

刀 銘 肥前国忠吉(倶利伽羅)
刀 銘 肥前国忠吉(倶利伽羅)
肥前国忠吉
鑑定区分
特別重要刀剣
刃長
69
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

陸奥守忠吉(3代)

陸奥守忠吉(3代)は、江戸時代初期に肥前国で活躍した刀工。肥前忠吉(初代)の孫にあたる人物で、制作期間が短いため現存数は比較的少ないですが、その作柄は祖父・肥前忠吉(初代)に近く、またその技量は肥前忠吉(初代)をも凌ぐと称されます。

刀 銘 肥前国住陸奥守忠吉
刀 銘 肥前国住陸奥守忠吉
肥前国住
陸奥守忠吉
鑑定区分
特別重要刀剣
刃長
76.35
所蔵・伝来
鍋島家 →
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

津田助広(ソボロ助広)

津田助広(ソボロ助広)は、江戸時代初期に摂津国で活躍した刀工。津田助広は、「濤瀾刃/濤瀾乱刃」(とうらんば/とうらんみだれば)と呼ばれる、平和な時代を象徴する華麗な刃文を創始した人物です。江戸幕府15代将軍「徳川慶喜」(とくがわよしのぶ)の父である水戸藩主「徳川斉昭」(とくがわなりあき)の供回りのひとりが津田助広の刀を所有しており、大名行列において無礼を働いた町民を十数名、津田助広の刀で斬り捨てた際、その切れ味の良さに驚いたと言われています。

刀 銘 津田越前守助広 井上真改
刀 銘 津田越前守助広 井上真改
津田越前守助広 延宝三年二月日 井上真改
延宝三年二月日
鑑定区分
特別重要刀剣
刃長
72.6
所蔵・伝来
大坂城代青山家 →
鎌田魚妙 →
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
徳川十五代将軍一覧
江戸時代を語る上で欠かせない徳川十五代将軍の姿を紐解きます。

仙台国包(初代)

仙台国包(初代)は、江戸時代初期に陸奥国(現在の福島県西部、新潟県栃木県の一部)で活躍した刀工。名の読み方は、「くにかね」の他、仙台藩では「くにかん」と呼ばれていたと言われています。1614年(慶長19年)と1615年(慶長20年)に起きた「大坂冬の陣・夏の陣」では、陣中における臨時の鍛冶御用を務めました。

刀 銘 用恵国包
刀 銘 用恵国包
用恵国包
鑑定区分
重要刀剣
刃長
69.7
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

長曾祢興正(2代虎徹)

長曾祢興正(2代虎徹)は、江戸時代初期に江戸で活躍した刀工。長曾祢興里の跡を継いで2代目となりましたが、虎徹銘の作は少ないため、一般に「2代虎徹」と呼ばれることはありません。師である長曾祢興里同様、非常に高い人気を集めた刀工だったことから、多くの贋作が制作されました。

刀 銘 長曽祢興正(金象嵌)延宝四年十二月十日 貳ツ胴裁断山野勘十郎久英(花押)
刀 銘 長曽祢興正(金象嵌)延宝四年十二月十日 貳ツ胴裁断山野勘十郎久英(花押)
長曽祢興正(金象嵌)延宝四年十二月十日 貳ツ胴裁断山野勘十郎久英(花押)
鑑定区分
重要刀剣
刃長
71.8
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

陸奥大掾三善長道(初代)

陸奥大掾三善長道(初代)は、江戸時代に陸奥国で活躍した刀工。切れ味に優れた作を鍛えたことから「会津正宗」(あいずまさむね)の他、その作風は長道が私淑していた長曽祢興里(初代虎徹)に近かったため、「会津虎徹」とも呼ばれていました。

刀 銘 陸奥大掾三善長道
刀 銘 陸奥大掾三善長道
陸奥大掾
三善長道
鑑定区分
特別保存刀剣
刃長
72.1
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

最上大業物が鍛えた最強の日本刀伝説

名実共に高名な最上大業物の刀には、様々な伝説や逸話が存在。そして、その伝説や逸話から異称、号が付けられることも多いのです。最上大業物のなかでも、特に切れ味の鋭さを誇る最強の刀の伝説・逸話をご紹介します。

石灯篭切虎徹

「石灯篭切虎徹」(いしどうろうぎりこてつ)は、長曾祢興里(初代虎徹)が作刀した作のなかでも、最も著名な刀のこと。

ある旗本が長曾祢興里に刀の作刀を依頼したときのこと。その旗本は、刀が完成した段階で長曾祢興里へ値切りの交渉をしようとします。これに怒った長曾祢興里は、切れ味の良さを示すために自身が鍛えた刀で松の枝を切ってみせました。すると、刀は松の枝だけではなく、その下にあった灯篭まで真っ二つに切り落としてしまったのです。後日、旗本が長曾祢興里のもとへ要求された金額以上を持って訪れましたが、すでにその刀は別の人間へ売ってしまったあとだったため、旗本は長曾祢興里の刀を手に入れることができませんでした。

二念仏兼元

「二念仏兼元」(にねんぶつかねもと)は、加賀藩前田家」に伝来した孫六兼元が作刀した刀のこと。戦国武将「前田利家」(まえだとしいえ)の次男「前田利政」が能登国(現在の石川県北部)を与えられ、はじめて入国した際の逸話が有名です。

前田利政が能登国へ向かう道中で、行列を横切る無礼な坊主がいました。前田利政はこれに怒り、供回りの者へ坊主を斬り捨てるように命じます。刀で斬られた坊主は、2度念仏を唱えたのち、真っ二つになりました。これを見た前田利政は、鋭い切れ味を誇る刀に二念仏兼元と名付けたと言われています。

竹俣兼光

「竹俣兼光」(たけまたのかねみつ)は、「鉄砲切兼光」(てっぽうぎりかねみつ)、または「雷切」(らいきり)と呼ばれる、備前長船兼光が作刀した刀のこと。

越中国(現在の富山県)「上杉家」の家臣「竹俣朝綱」(たけまたともつな)が、上杉謙信へ献上した太刀で、上杉謙信は本刀を佩いて「川中島の戦い」に出陣したと言われています。号の鉄砲切兼光の由来は、上杉謙信が宿敵「武田信玄」の強力な鉄砲隊へ斬り込み、鉄砲もろとも斬り捨てたことが由来と言われており、本刀はのちに上杉謙信の養子「上杉景勝」から「豊臣秀吉」へ献上されますが、大坂城(大阪城)落城の際に行方不明となり、現在も所在は不明です。

最強の日本刀

最強の日本刀をSNSでシェアする

「刀剣入門」の記事を読む


時代別に見る刀剣の特徴

時代別に見る刀剣の特徴
「日本刀」は、大別して「古刀」(ことう)、「新刀」(しんとう)、「新々刀」(しんしんとう)、「現代刀」(げんだいとう)の4つの時代に区分することができ、作刀された時代によって様々な特徴があります。各時代で作刀された刀剣にはどのような特徴があるのか。時代ごとに異なる刀剣の特徴をご紹介します。

時代別に見る刀剣の特徴

日本刀の由来

日本刀の由来
日本刀とは、日本独自の製法で作られた反りがある片刃の刀剣のことを言います。日本刀がはじめて現われたのは平安時代の頃。それまでは上古刀(じょうことう)と呼ばれる、大陸から伝来した両刃(もろは)の剣や直刀(ちょくとう)が主流で、海外の刀剣との大きな違いはありませんでした。日本刀発祥の歴史とそのルーツについて紹介します。

日本刀の由来

名物と呼ばれる刀

名物と呼ばれる刀
「名物」(めいぶつ)とは、「享保名物帳」(きょうほうめいぶつちょう)に記載された日本刀のこと。日本刀に関する書籍に必ず登場する他、博物館などで展示される場合は「名物」と明記されるため、日本刀に詳しくない人でも言葉だけなら聞いたことがあるかもしれません。「名物」と呼ばれる刀とは、どのような刀なのか。「名物」に関する基本知識をご紹介します。

名物と呼ばれる刀

刀の楽しみ方

刀の楽しみ方
日本刀は、漫画や映画が好きな人であれば、誰もが一度は憧れる武器です。その理由は、「一目見ただけでも切れ味の良さを思わせる姿」や「素早い動きで標的を一刀両断することができる」などが連想されるため。実際に、アニメやゲーム、映画などに登場する際は、作中で「最強の武器」に設定されることもあることから、「日本刀は格好良いから好き」と言う人も少なくありません。そして、それらのフィクション作品を鑑賞する以外にも日本刀の楽しみ方は様々。現実で楽しむことができる「刀の楽しみ方」をご紹介します。

刀の楽しみ方

刀匠の紹介(時代別)

刀匠の紹介(時代別)
日本刀は、一見するとどれも同じに見えますが、大きさによって「太刀」や「打刀」、「脇差」、「短刀」などに分類されます。また、この他にも作刀者や作刀年代、作刀された地域、その時代の戦闘形式によって、様々な形状の刀が作られました。各時代、各地域で発達した刀工集団のなかには、「刀匠」と呼ばれる、優れた腕前を持つ刀鍛冶が多く存在します。そして、その作は日本史上有名な戦国武将や、幕末時代に活躍した志士達に愛用されました。それぞれの時代では、どのような刀匠が活躍していたのか。時代別に活躍した著名な刀匠とその作をご紹介します。

刀匠の紹介(時代別)

日本刀鑑定の古書(秘伝書)

日本刀鑑定の古書(秘伝書)
日本刀の研究は、武士制度の発展と共に進歩をしてきました。時代が進むにつれて刀剣研究家や刀剣鑑定士など、刀剣に関する専門家と呼べる人達が現われるようになり、刀剣・刀工の紹介、刀工の系譜や刀剣逸話・刀剣鑑定に関する書物などが作られるようになります。そうした日本刀に関する古書について紐解いていきましょう。

日本刀鑑定の古書(秘伝書)

日本刀と神社・寺

日本刀と神社・寺
日本には、神仏に対する感謝や崇敬の気持ちを込めて、神社や寺にお供え物を奉納する文化があります。これは古代から続く文化であり奉納する物も様々。収穫したばかりの米や作りたての酒、そして祭の山車や神楽舞なども奉納の一種です。日本刀が奉納されるのもこうした理由からで、人々にとって価値のある物を神仏に捧げることが感謝の意であり、今後も幸運をもたらして貰うための祈りでもありました。神社や寺のご紹介と、奉納された日本刀について見ていきましょう。

日本刀と神社・寺

刀剣鑑賞会のマナー

刀剣鑑賞会のマナー
日本刀は、実際に手に持って鑑賞することができる美術品です。そのため、日本刀を美術館や博物館で鑑賞するうちに、「もっと間近で、手に持って鑑賞してみたい」と思うようになる刀剣ファンも少なくありません。昨今の刀剣ブームにより、全国各地で「刀剣鑑賞会」が多く開催されるようになりましたが、一方で「刀剣鑑賞会は難しそう」と言う不安を感じて、参加できないと言う方も多いです。刀剣鑑賞会に参加するにあたり、事前に知っておくと便利なマナーや、鑑賞する際のポイントをご紹介します。

刀剣鑑賞会のマナー

鍔・目貫・小柄・笄・縁頭

鍔・目貫・小柄・笄・縁頭
日本刀は、その刀身だけではなく、刀身を保護する外装「拵」(こしらえ)を装着することで魅力が増す美術品です。拵に付属する「鞘」(さや)や「柄」(つか)などのことを「刀装」(とうそう)と言い、刀装を構成する各部のパーツのことを「刀装具」(とうそうぐ)と呼びます。そして、刀装具は制作者によって様々な装飾や彫刻が施されるのが特徴です。代表的な刀装具と、著名な制作者をご紹介します。

鍔・目貫・小柄・笄・縁頭