刀剣入門

刀匠の紹介(時代別)

文字サイズ

日本刀は、一見するとどれも同じに見えますが、大きさによって「太刀」や「打刀」、「脇差」、「短刀」などに分類されます。また、この他にも作刀者や作刀年代、作刀された地域、その時代の戦闘形式によって、様々な形状の刀が作られました。各時代、各地域で発達した刀工集団のなかには、「刀匠」と呼ばれる、優れた腕前を持つ刀鍛冶が多く存在します。そして、その作は日本史上有名な戦国武将や、幕末時代に活躍した志士達に愛用されました。それぞれの時代では、どのような刀匠が活躍していたのか。時代別に活躍した著名な刀匠とその作をご紹介します。

著名刀工名鑑(刀工・刀匠)
著名な刀工を「生産国」、「50音」、「フリーワード」のいずれかで検索できます。
現代刀の名工・名匠
現代の日本刀を代表する、突出した技術を持っている刀匠をご紹介致します。

平安時代に活躍した刀匠

平安時代は、戦闘形式が徒歩戦から騎乗戦へ移行し、それまで主流だった反りのない「直刀」(ちょくとう)から、刀身(とうしん)に弓なりの反りが付いた「湾刀」(わんとう)へ刀の形状が変化した時代です。武士の間では、「毛抜形太刀」(けぬきがたたち)と呼ばれる実戦向きの刀剣が作刀され、広く流行しました。

三条吉家

三条吉家」(さんじょうよしいえ)は、平安時代の保元(1156~1158年)頃に山城国(現在の京都府南半部)で活躍した刀匠です。「天下五剣」(てんがごけん)の1振「三日月宗近」(みかづきむねちか)を作刀した「三条小鍛冶宗近」(さんじょうこかじむねちか)の子または孫と言われており、京都の三条に居住していたことから三条吉家と呼ばれています。

三条吉家の作風は三条小鍛冶宗近に似ていますが、寸法はやや短く、重ね厚く、身幅(みはば)と焼幅(やきはば)は共に広く、刃中の金筋(きんすじ)、稲妻などは太くなっており、総体がしっかりしているのが特徴。

刀 額銘 吉家作」は、三条吉家の少ない在作のひとつ。本刀は、鍛え板目交じり、地沸(じにえ)付き、映りごころある地鉄(じがね)となっており、刃文(はもん)は小乱れ丁子乱れ(ちょうじみだれ)を交え、二重刃(にじゅうば)風となっている部分もあり、非常に優雅です。

刀 額銘 吉家作
刀 額銘 吉家作
吉家作
鑑定区分
重要美術品
刃長
63.8
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
三日月宗近
三日月宗近など、様々な「名刀」と謳われる刀剣を検索できます。

正恒

正恒」(まさつね)は、平安時代後期から鎌倉時代にかけて備前国(現在の岡山県東部)で活躍した刀匠です。同時代に備前国で活動した刀工一派を「古備前派」(こびぜんは)と呼びますが、正恒は古備前派を代表する「友成」(ともなり)と並び称される刀匠として知られています。

正恒の作風は、比較的に反りが浅く、身幅広く、しっかりした姿。古備前としては焼幅の広い丁子乱れに、焼き出しは焼幅の狭い小丁子乱れです。刃中には金筋や稲妻などの働きが見られるのも特徴。

刀[額銘]正恒」は、正恒の鍛えの良さが示されており、匂口(においぐち)は明るく、地刃共に健全。正恒が作刀した刀のなかでも非の打ちどころがない逸品です。

刀(額銘)正恒
刀(額銘)正恒
(額銘)正恒
鑑定区分
特別重要刀剣
刃長
70.2
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

大原安綱

大原安綱」(おおはらやすつな)は、「刀工の祖」と呼ばれる、平安時代中期に伯耆国(現在の鳥取県西半部)で活躍した刀匠。天下五剣のひとつ「童子切安綱」(どうじぎりやすつな)の作刀者であり、現存する在銘日本刀では最古の刀匠として有名です。

大原安綱の作風は、身幅、重ね共に頃合いで、平肉が付く高貴な姿。刃文は、(にえ)本位の小乱れに小丁子風の乱れが交じり、粗い銀粒のような感じの良い沸が付き、平安時代の作のなかでもしっかりした華やかさがあるのが特徴。

刀 無銘 伝安綱」は、公家の名門「西園寺家」伝来の打刀で、のちに「豊臣秀吉」のもとへ渡り、その後再び西園寺家へ戻りました。本刀は大磨上無銘で、鍛えは板目に大板目が交じって肌立ち、刃文は小乱れに小丁子が交じり、刃縁ほつれ、総体に厚い沸が付いています。また、刃中には砂流し金筋がかかり、湯走りが入っており、古風で優雅さが感じられる名刀です。

刀 無銘 伝安綱
刀 無銘 伝安綱
無銘
鑑定区分
重要刀剣
刃長
79.3
所蔵・伝来
西園寺家→
豊臣秀吉→
西園寺家→
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
童子切安綱
童子切安綱など、様々な「名刀」と謳われる刀剣を検索できます。

鎌倉時代に活躍した刀匠

鎌倉時代は、国内の内乱や「元寇」(蒙古襲来)など、日本を揺るがす出来事が多く起きた時代として知られています。特に、日本刀の在り方を変えたのが蒙古軍との戦いです。各地の刀匠は、蒙古軍が着用していた頑丈な甲冑(鎧兜)に対応できるよう、従来の鍛刀方法を見直して、耐久力と切れ味を向上させた実戦用の太刀を作刀しました。

豊後国行平

豊後国行平」(ぶんごのくにゆきひら)は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけて豊後国(現在の大分県)で活躍した刀匠です。「後鳥羽上皇」の「御番鍛冶」(ごばんかじ)のひとりで、彫刻の名人としても知られています。

豊後国行平の作風は、反りの深い姿に、焼幅の狭い小沸のよく付いた直刃(すぐは)、または小乱れで、特に(はばき)上6~7cmの部分から焼き出す「焼き落とし」が特徴。

太刀 銘 豊後国行平作」は、「徳川御三卿」のひとつ「一橋徳川家」に伝来したと伝わる太刀です。本刀は、踏ん張り風が見られ、腰反り高く、細身で小鋒/小切先となっており、鎌倉時代初期に作刀されたことを示す優雅な太刀姿となっています。

太刀 銘 豊後国行平作
太刀 銘 豊後国行平作
豊後国行平作
鑑定区分
特別重要刀剣
刃長
77.3
所蔵・伝来
一橋徳川家伝来→
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
徳川十五代将軍一覧
江戸時代を語る上で欠かせない徳川十五代将軍の姿を紐解きます。

来国俊

来国俊」(らいくにとし)は、鎌倉時代後期に山城国で活躍した刀工一派「来派」(らいは)を代表する刀匠で、在銘作のうち文化財に指定されている作数は、来派のなかでも最多です。

来国俊の太刀の作風は、反り深く、先身幅は細く、鋒/切先(きっさき)はしっかりした小鋒/小切先。短刀の作風は、寸法、身幅、重ねがすべて頃合いで品位があり、刃文は沸本位の直刃ほつれ、小沸よく付き、金筋・稲妻なども豊富な働きがあり、地鉄は杢目肌(もくめはだ)でよく詰んでいるのが特徴。

太刀 銘 来国俊[本庄松平家伝来]」は、丹後国宮津藩(現在の京都府宮津市)藩主「本庄松平家」(ほんじょうまつだいらけ)へ伝来した太刀。本刀には「衛府太刀拵」(えふだちこしらえ)と呼ばれる(こしらえ)が附属しており、この拵に添えられた「九目結紋」(ここのつめゆいもん:9つの[目結紋]が描かれた家紋の一種)は、江戸幕府5代将軍「徳川綱吉」(とくがわつなよし)の生母「桂昌院」(けいしょういん)の実家である本庄松平家の家紋です。

太刀 銘 来国俊(本庄松平家伝来)
太刀 銘 来国俊(本庄松平家伝来)
来国俊
鑑定区分
特別保存刀剣
刃長
69.3
所蔵・伝来
本庄松平家→
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

五郎入道正宗

五郎入道正宗」(ごろうにゅうどうまさむね)は、鎌倉時代末期から南北朝時代初期にかけて相模国(現在の神奈川県)で活躍した刀匠。名工や刀工集団を輩出した日本刀における5つの生産地の伝法「五箇伝」(ごかでん)のひとつ「相州伝」(そうしゅうでん)を実質的に完成させた人物として知られています。

五郎入道正宗の作風は、浅い京反り(きょうぞり:神社の鳥居を連想させる[鳥居反り]の異称)、身幅広く、重ねやや薄く、鋒/切先は延び、フクラは枯れている点の他、美しさと実用をかね備えた作が多いのが特徴。

刀 無銘 伝正宗」は、「明治天皇」の父である「孝明天皇」(こうめいてんのう)の愛刀です。刃文は小湾れ(このたれ)乱れに互の目乱れが交じり、相州伝の神髄とも言える焼き入れ法が、強く輝くように冴えた沸によって表現されています。本刀は、「日本刀中興の祖」と呼ばれた正宗の特徴がよく示された1振です。

刀  無銘  伝正宗
刀 無銘 伝正宗
無銘
鑑定区分
特別重要刀剣
刃長
68.3
所蔵・伝来
孝明天皇→
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
五箇伝の名工
日本刀の歴史に名を残した、数々の名工をご紹介します。

室町時代に活躍した刀匠

室町時代は、平和な前期と、戦国時代へ移行した後期で刀の姿が大きく変化しました。室町時代前期の刀は、実用向きではなく、鎌倉時代前期に近い優美な姿が特徴です。一方で、室町時代後期は戦闘形式が騎乗戦から徒歩戦へ変化した影響で、それまで主流だった長大な太刀を、腰に差して携帯できるように短く切り詰めて使用した他、太刀より短く扱いやすい打刀が多く作刀されました。

村正

村正」(むらまさ)は、「妖刀村正」の名で知られる、室町時代から江戸時代初期にかけて伊勢国桑名(現在の三重県桑名市)で活躍した刀匠です。「妖刀」と言われる以前から切れ味に優れた作を多く作っていたことから、その知名度は全国的に広まっていました。

村正の作風の特徴は、表と裏の刃文が揃った「村正刃」の他、(なかご:刀身のなかでも[つか]に納める部位)の形状が魚の「たなご」に似た「たなご腹形」となっている点などが挙げられます。

脇差 銘 勢州桑名住村正」は、村正が作刀した「脇差」(わきざし)です。身幅広く、重ね薄く、刃文は焼きの高い互の目乱れの皆焼(ひたつら)状となっており、金筋・砂流しかかる相州伝の作風。また、本刀は「勢州桑名住村正」という、村正が在住していた地名が銘に切られた珍しい1振です。

脇差 銘 勢州桑名住村正
脇差 銘 勢州桑名住村正
勢州桑名住村正
鑑定区分
特別保存刀剣
刃長
40.0
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

和泉守兼定(之定)

和泉守兼定[之定]」(いずみのかみかねさだ)は、室町時代後期に美濃国(現在の岐阜県南部)で活躍した刀匠で、歴代の「兼定」のなかでも特に人気と実力が高かった人物として知られています。美濃国関(現在の岐阜県関市)で作刀された刀を「関物」(せきもの)と言い、和泉守兼定は関物のなかで最も覇気に富んだ刀を作刀しました。

和泉守兼定の作風は、身幅広く、鋒/切先延びた相州伝を思わせる姿に、大乱れや箱乱れなどの活気に満ちた刃文が焼かれているのが特徴。

薙刀 銘 和泉守兼定作」は、若狭国小浜藩(現在の福井県小浜市)の初代藩主「京極高次」(きょうごくたかつぐ)が所有していたと言われる薙刀(なぎなた)です。重ね厚く、焼きが高く、また刃文は互の目丁子に尖りごころの刃が交じり、金筋・砂流しがかかる、豪華で美しい点が見どころとなっています。

薙刀 銘 和泉守兼定作
薙刀 銘 和泉守兼定作
和泉守兼定作
鑑定区分
重要刀剣
刃長
61
所蔵・伝来
京極高次→
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

江戸時代に活躍した刀匠

江戸時代は、戦乱が終わりを迎え、刀工達にとっても大きな変化が訪れた時代です。甲冑(鎧兜)や鉄砲の需要がなくなったため、甲冑師、または鉄砲職人から刀鍛冶を本業とした刀工がいた一方で、諸藩のお抱え工となり安定して刀を作刀する刀工など、各地域の刀工は様々な形で刀剣需要に応えました。

繁慶

繁慶」(はんけい)は、江戸時代初期に江戸で活躍した刀匠です。もともとは徳川家に仕えた鉄砲職人で、刀の作刀も行っていましたが、江戸時代に入ってからは刀の作刀に専念しました。

繁慶の作風の特徴は、「ひじき肌」と呼ばれる独特の肌合い。ひじき肌とは、地鉄に浮かび上がる模様の一種で、大板目の肌立った鍛えに黒く太い地景(ちけい)がうねっている様子のこと。

刀 銘 繁慶」は、筑後国久留米藩(現在の福岡県久留米市)藩主「有馬家」に伝来した打刀です。本刀は、上品さの他、古作風を感じさせる刃文と健全な地刃が特徴で、繁慶が作刀した刀のなかでも傑出した仕上がりとなっています。

刀 銘 繁慶
刀 銘 繁慶
繁慶
鑑定区分
特別重要刀剣
刃長
69.3
所蔵・伝来
有馬家→
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

堀川国広

堀川国広」(ほりかわくにひろ)は、安土桃山時代に活躍した刀匠で、京の一条堀川で作刀したことから堀川国広と呼ばれるようになりました。堀川国広を祖とする刀工一派「堀川一門」は彫物の名手で、堀川一門が作刀した刀には不動明王像や梵字(ぼんじ)などの刀身彫刻(とうしんちょうこく)が施されているのが特徴です。

堀川国広の作風は、京の堀川へ定住する前と定住したあとで異なります。堀川へ定住する以前は、「天正打ち」(てんしょううち)と呼ばれる、末相州(すえそうしゅう:室町時代に相模国で作刀された相州伝の刀)や末関物(すえせきもの:室町時代後期に美濃国関で作刀された刀)に近い作風。堀川に定住したあとは、「慶長打ち」と呼ばれる、相州伝の名工を意識した作風が多く作刀されました。

刀 銘 洛陽一条堀川住藤原国広」は、備前国岡山藩(現在の岡山県御野郡)の筆頭家老「伊木長門守忠澄」(いぎながとのかみただすみ)の愛刀です。慶長打ちの特徴がよく表われており、堀川国広が作刀した刀のなかでも稀に見る傑作となっています。

刀 銘 洛陽一条堀川住藤原国広
刀 銘 洛陽一条堀川住藤原国広
洛陽一条堀川住
藤原国広
慶長辛亥八月日
鑑定区分
特別重要刀剣
刃長
68.1
所蔵・伝来
伊木長門守忠澄 →
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

肥前国忠吉

肥前国忠吉」(ひぜんこくただよし)は、江戸時代初期に肥前国(現在の佐賀県)で活躍した刀匠です。もともとは武家の出身ですが、祖父と父を戦で失ったため、一家で刀匠へ転身。上京したのち、同時期に活躍していた刀匠「埋忠明寿」(うめただみょうじゅ)に弟子入りして刀鍛冶としての技術を磨きました。

肥前国忠吉の作風の特徴は、新刀屈指の姿と気品さを誇る点。また、「肥前肌」と呼ばれる鋼を何度も折り返して鍛錬し、研ぎ上げた末に現われるきめ細やかな美しい地肌も、肥前国忠吉の見どころのひとつ。

刀 銘 肥前国忠吉[倶利伽羅]」は、「大英博物館」の日本刀展示会で、日本刀の代表作の1振として展示された名刀です。名称の「倶利伽羅」(くりから)は、刀身に彫られた刀身彫刻から付けられました。本刀には、倶利伽羅の他に「三鈷柄付剣」(さんこつかつきけん:密教で使われる祭神具の一種)が彫られており、どちらの彫刻も本刀の見どころとなっています。

刀 銘 肥前国忠吉(倶利伽羅)
刀 銘 肥前国忠吉(倶利伽羅)
肥前国忠吉
鑑定区分
特別重要刀剣
刃長
69
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

刀匠の紹介(時代別)

刀匠の紹介(時代別)をSNSでシェアする

「刀剣入門」の記事を読む


時代別に見る刀剣の特徴

時代別に見る刀剣の特徴
「日本刀」は、大別して「古刀」(ことう)、「新刀」(しんとう)、「新々刀」(しんしんとう)、「現代刀」(げんだいとう)の4つの時代に区分することができ、作刀された時代によって様々な特徴があります。各時代で作刀された刀剣にはどのような特徴があるのか。時代ごとに異なる刀剣の特徴をご紹介します。

時代別に見る刀剣の特徴

日本刀の由来

日本刀の由来
日本刀とは、日本独自の製法で作られた反りがある片刃の刀剣のことを言います。日本刀がはじめて現われたのは平安時代の頃。それまでは上古刀(じょうことう)と呼ばれる、大陸から伝来した両刃(もろは)の剣や直刀(ちょくとう)が主流で、海外の刀剣との大きな違いはありませんでした。日本刀発祥の歴史とそのルーツについて紹介します。

日本刀の由来

最強の日本刀

最強の日本刀
「日本刀」とは、かつて武器として使用されていた刀剣類のこと。漫画や映画などのフィクション作品では、「最強武器」のひとつとして挙げられるほど人気が高いことで知られています。最強の武器というイメージは、細身であやしい光を放つ見た目から来ていますが、実在する日本刀も、実はその切れ味の良さによって「格付け」がされていました。「最強の日本刀」を作刀した「最上大業物」(さいじょうおおわざもの)と呼ばれる刀工と共に、抜群の切れ味を誇る最強の日本刀に関する伝説、逸話をご紹介します。

最強の日本刀

名物と呼ばれる刀

名物と呼ばれる刀
「名物」(めいぶつ)とは、「享保名物帳」(きょうほうめいぶつちょう)に記載された日本刀のこと。日本刀に関する書籍に必ず登場する他、博物館などで展示される場合は「名物」と明記されるため、日本刀に詳しくない人でも言葉だけなら聞いたことがあるかもしれません。「名物」と呼ばれる刀とは、どのような刀なのか。「名物」に関する基本知識をご紹介します。

名物と呼ばれる刀

刀の楽しみ方

刀の楽しみ方
日本刀は、漫画や映画が好きな人であれば、誰もが一度は憧れる武器です。その理由は、「一目見ただけでも切れ味の良さを思わせる姿」や「素早い動きで標的を一刀両断することができる」などが連想されるため。実際に、アニメやゲーム、映画などに登場する際は、作中で「最強の武器」に設定されることもあることから、「日本刀は格好良いから好き」と言う人も少なくありません。そして、それらのフィクション作品を鑑賞する以外にも日本刀の楽しみ方は様々。現実で楽しむことができる「刀の楽しみ方」をご紹介します。

刀の楽しみ方

日本刀鑑定の古書(秘伝書)

日本刀鑑定の古書(秘伝書)
日本刀の研究は、武士制度の発展と共に進歩をしてきました。時代が進むにつれて刀剣研究家や刀剣鑑定士など、刀剣に関する専門家と呼べる人達が現われるようになり、刀剣・刀工の紹介、刀工の系譜や刀剣逸話・刀剣鑑定に関する書物などが作られるようになります。そうした日本刀に関する古書について紐解いていきましょう。

日本刀鑑定の古書(秘伝書)

日本刀と神社・寺

日本刀と神社・寺
日本には、神仏に対する感謝や崇敬の気持ちを込めて、神社や寺にお供え物を奉納する文化があります。これは古代から続く文化であり奉納する物も様々。収穫したばかりの米や作りたての酒、そして祭の山車や神楽舞なども奉納の一種です。日本刀が奉納されるのもこうした理由からで、人々にとって価値のある物を神仏に捧げることが感謝の意であり、今後も幸運をもたらして貰うための祈りでもありました。神社や寺のご紹介と、奉納された日本刀について見ていきましょう。

日本刀と神社・寺

刀剣鑑賞会のマナー

刀剣鑑賞会のマナー
日本刀は、実際に手に持って鑑賞することができる美術品です。そのため、日本刀を美術館や博物館で鑑賞するうちに、「もっと間近で、手に持って鑑賞してみたい」と思うようになる刀剣ファンも少なくありません。昨今の刀剣ブームにより、全国各地で「刀剣鑑賞会」が多く開催されるようになりましたが、一方で「刀剣鑑賞会は難しそう」と言う不安を感じて、参加できないと言う方も多いです。刀剣鑑賞会に参加するにあたり、事前に知っておくと便利なマナーや、鑑賞する際のポイントをご紹介します。

刀剣鑑賞会のマナー

鍔・目貫・小柄・笄・縁頭

鍔・目貫・小柄・笄・縁頭
日本刀は、その刀身だけではなく、刀身を保護する外装「拵」(こしらえ)を装着することで魅力が増す美術品です。拵に付属する「鞘」(さや)や「柄」(つか)などのことを「刀装」(とうそう)と言い、刀装を構成する各部のパーツのことを「刀装具」(とうそうぐ)と呼びます。そして、刀装具は制作者によって様々な装飾や彫刻が施されるのが特徴です。代表的な刀装具と、著名な制作者をご紹介します。

鍔・目貫・小柄・笄・縁頭