刀剣入門

日本刀各部の名称
 - 刀剣ワールド名古屋・丸の内/ミニ博物館

文字サイズ

日本刀は、全体を眺めるだけでも興味深く美しい美術品です。細部の造込みにも刀工のこだわりや、長い歴史の変遷を感じ取ることができます。日本刀の名称は日常的に使わない言葉が多く、中々覚えられないもの。そこで日本刀の部位名称をしっかり覚えることで、日本刀への理解が深まり、今後、日本刀鑑賞をする際にもきっと役立つことでしょう。

刀身を構成する基本部位

刀身の基本部位

刀身の基本部位

  1. (なかご)

    」(なかご)とは、刀身(とうしん)の(つか)に覆われた部分で、作者名や作刀年などが切られている場所。使いやすさを重視して茎を短くする磨上げ(すりあげ:刀剣寸法を短くすること)が行われた刀も多く存在。これに対して、作られた当時の状態を保っている茎を生ぶ茎(うぶなかご)と言います。

    (めい)は、無銘(むめい)よりも銘のある物、さらには磨上げなどをされていない生ぶ茎の日本刀が貴重で価値が高いとされているのです。

    しかし、ほとんどが無銘作である「正宗」(まさむね)、「貞宗」(さだむね)、「江義弘/郷義弘」(ごうのよしひろ)などは、作刀当時から著名だったことから例外的に希少な刀剣として扱われています。

  2. 上身(かみ)

    上身」(かみ)とは、刀身の上部のことで、刀身はこの上身と茎により構成。日本刀の長さは、上身だけの長さを刃長(はちょう)、上身と茎を合わせた長さを全長(ぜんちょう)と言います。

  3. 刃区(はまち)

    上身と茎を区別する境目のことを「」(まち)と言い、刃側の区を「刃区」(はまち)と言う。

  4. 棟区(むねまち)

    区の側を「棟区」(むねまち)と言う。

  5. 身幅(みはば)

    棟から刃先(はさき)までの長さであり、刀身の横幅のこと。区部分で測った場合の部位を「元幅」(もとはば)、「横手筋」(よこてすじ)部分を「先幅」(さきはば)と言います。平安時代中期から鎌倉時代前期の太刀(たち)は、元幅が広く先幅の狭い、そして鋒/切先(きっさき)の小さな太刀が多く作られました。それらの姿(すがた)をした日本刀のことを「腰反り高く踏ん張りつき」と言います。

  6. 反り(そり)

    棟区から鋒/切先までを直線で結んだときに、直線と棟が一番離れている寸法が「反り」(そり)。日本刀は、刃をうまく作用させるため刀身を対象に当ててから手前に引く必要がありましたが、この際の衝撃を和らげ、滑らかに刃を通すために、反りが付けられたのです。

    この反りのある日本刀を「湾刀」(わんとう)と言い、そうではない物を「直刀」(ちょくとう)と言います。現在ではこの湾刀を太刀と呼び、平安時代前期頃まで使われていた直刀を「大刀」(だいとう)とも呼びました。

  7. 鋒/切先(きっさき)

    鋒/切先とは、日本刀の先端部のこと。具体的には、筋(しのぎすじ)と横手筋が交わる、三つ頭(みつがしら)より上の部分を指します。敵を直接切ったり、刺したりする部位であり、刀剣の美しさが最も際立つ箇所です。

    また鋒/切先は、長さや形状によって5種類に分けることができます。日本刀は鋒/切先を観るだけで、作刀されたおおよその時代などを判定することができるのです。

    鋒/切先の種類

    鋒/切先の種類

上身(かみ)

上身の名称

上身の名称

  1. (は)

    「刃」(は)とは焼き入れによって、物を切断できるように硬い鋼(はがね)となった部分。地鉄(じがね:刀身の鍛錬によって生じた肌模様)部分と比較すると明るく見えます。

  2. 刃先(はさき)

    刃先とは、対象を切断、ないし切削する部分のことです。刀工による作刀が終わったのちに、「研磨師」(けんまし)の手によって鋭利に磨かれます。刃文(はもん)と平地(ひらじ)の境界となる部分で、別名「匂口」(においぐち)とも。

  3. 刃縁(はぶち)

    沸と匂

    沸と匂

    刃縁」(はぶち)は、砂粒のような大きな粒子である(にえ)や、霞がかった目に見えにくい粒子となる(におい)によって構成されています。

    ほとんどの刀剣は沸と匂が混ざった状態であり、どちらの構成が主体となっているかで「沸本位」(にえほんい)、「匂本位」(においほんい)と分類されるのです。

    また粒子の見え方によって、刃縁がはっきり見える場合を「匂口締る」(においぐちしまる)、霞んで見える場合を「匂口潤む」(においぐちうるむ)と表現します。

  4. 刃文(はもん)

    刃文

    刃文

    刃文は焼き入れによって刀身に現れる模様のことで、日本刀の見どころのひとつです。

    刃文は直線的な「直刃」(すぐは)と、波のように湾曲した「乱刃」(みだれば)の2種類に大きく分けることができます。

    それらは刀工独自の物であり、その模様から流派や作刀年代などを特定する手がかりにもなるのです。

  5. (むね)

    棟の種類

    棟の種類

    刃先の反対側にある、対象を切断することができない部位のことを棟と言います。

    棟は、三つ棟(みつむね)・丸棟(まるむね)・角棟(かくむね)・庵棟(いおりむね)など、形状によって分類。

    また棟側では物を切ることができませんが、「棟打ち」、「峰打ち」(みねうち)と言って棟部分で打つことで相手を切らず、殴打する目的で使われる場合もあります。

  6. 鎬筋(しのぎすじ)

    「横手」(横手筋とも)から茎の最下部までにある、刃と棟の中間で山高くなっている境界線のこと。刀身のなかで最も厚みのある部位で、こうした日本刀のことを鎬造り(しのぎづくり)と言うのです。または、一般的に知られる日本刀のほとんどがこの形状のため「本造り」(ほんづくり)と呼ぶこともあります。

  7. 鎬地(しのぎじ)

    鎬地」(しのぎじ)は、刃の側面となる棟と鎬筋の間の部分。ここには、(ひ)や刀身彫刻などが施されることが多い部位です。流派によっては鎬地にも、鍛錬による肌目や、刃文のような焼き入れの模様を入れることがあります。

  8. 平地(ひらじ)

    平地は、鎬地から刃先にかけての部分。ここは地鉄と言って、鍛錬による模様が現れます。それ以外にも焼き入れで生じる、地沸(じにえ)や映り(うつり)が現れるなど、刃文と同じくらい流派や刀工の個性が表現される部位です。

  9. 横手・横手筋(よこて・よこてすじ)

    鎬筋から刃先に向けた、平地と鋒/切先部分の境界線を横手・横手筋と言います。これは鎬造りとなる刀剣特有のもののため、平造り(ひらづくり)が多い短刀などにはありません。

  10. 小鎬筋(こしのぎすじ)

    小鎬筋」(こしのぎすじ)は、鋒/切先部分に出た鎬筋のこと。この小鎬筋と鎬筋、横手・横手筋が交わる3点のことを三つ頭と言います。

茎(なかご)

茎の名称

茎の名称

  1. 茎尻(なかごじり)

    茎尻の種類

    茎尻の種類

    茎尻」(なかごじり)は、茎の最下端部分。作られた時代、流派などによって様々な形があります。

    形状によって名称も異なり、横に真っ直ぐ切り揃えたような一文字(いちもんじ)、剣先のように尖った剣形(けんぎょう)、栗のように丸みを帯びた栗形(くりがた)などに分類することができるのです。

  2. 鑢目(やすりめ)

    鑢目

    鑢目

    鑢目」(やすりめ)は、刀身が柄から抜けないよう茎に鑢(やすり)で施された模様。

    上古刀(じょうことう)の時代は、槌(つち)で打ったままの状態でしたが、時代が下るにつれて滑り止めとして機能性も重視されるようになりました。

    新刀(しんとう)期となる江戸時代初期頃からは、茎の美観を高めるため、太さや向き、角度など刀工は意匠をこらすようになり種類豊富な鑢目が登場します。

  3. (めい)

    銘とは、茎に切られた作者名や作刀年のことです。奈良時代に施行された「大宝律令」(たいほうりつりょう)によって義務付けられ、平安時代後期から一般化したと伝わります。多くが「鏨」(たがね:金工用の先が尖った工具)による「切銘」(きりめい)ですが、安土桃山時代頃、無銘刀(銘がない日本刀)に対して施された鑑定銘は金象嵌(きんぞうがん)でした。

    その他にも、江戸時代初期の刀工「繁慶」(はんけい)一門が唯一、彫鏨で銘を彫り込む「彫銘」(ほりめい)を用いました。太刀銘は佩表(はきおもて)に、刀銘は差表(さしおもて)に刻むのが基本です。

  4. 目釘穴(めくぎあな)

    目釘穴」(めくぎあな)とは、「目釘」(めくぎ)を茎に固定するため刀身に穿たれた穴。目釘は、刀身が柄から抜けないように、目釘穴を通して固定するための留め具のことです。

    上古刀の時代に作られた刀剣の目釘穴は、茎尻に近いところに開けるのが一般的でしたが、反りのある太刀が出現して以降、区に近い場所に入れられることが多くなります。

    ただ、太刀と打刀(うちがたな)では微妙に目釘穴の位置が異なっていました。他にも時代の移り変わりによる変化や、磨上げによって開け直される場合などから穴が複数ある物も存在します。

日本刀の刀装具

日本刀は、刀身を保護し、また帯刀しやすくするため「刀装具」(とうそうぐ)で覆います。刀装具は、日本刀の「」(こしらえ)に付いているすべての部品のことを指し、「」(つば)・「」(こうがい)・「小柄」(こづか)・「目貫」(めぬき)、「」(はばき)など多岐にわたりました。

刀装具は本来、実用的な物でしたが、時代と共に機能面だけではなく、装飾として美しく華やかであることを求められていきます。というのも日本刀は、武器であると同時に、地位や権力を表す物でもあったからです。

さらに戦の多かった戦国時代は、人生最後になるかもしれない晴れ舞台を飾る装飾品として、武士達によって華やかな刀装が考案されるようになります。江戸時代以降は、実際に日本刀を振るう機会がなくなったこともあり、実用には向かないものの、より華美な刀装具が作られるようなりました。刀装具のなかでも、日本刀を扱う上で決してなくてはならない物が鎺と鍔です。

鎺(はばき)

鎺

鎺は、刀身と鍔との間に装着し刀身を(さや)の中で浮かせた状態にしておくための物。

刀装具のなかで最も重要な部品だと言えます。刀装具は基本的に既製品がなく、使用する日本刀に合わせて作られますが、鎺は特に替えのきかない部品です。

鎺の作りがよくないと、刀身が鞘から抜け落ちる、または刀身が鞘の内側に当たり損傷してしまうおそれがあります。

そのため、鎺を作る職人「白銀師」(しろがねし)によって所有者が使いやすいよう、刀身ひとつひとつに合わせて作られるのです。材質は、金・銀・銅といった金属を素材として用い、「一重鎺」(いちじゅうはばき/ひとえはばき)や「二重鎺」(にじゅうはばき/ふたえはばき)といった種類があります。

鎺(ハバキ)写真/画像鎺(ハバキ)写真/画像
刀身と鍔(つば)の接する部分にはめる筒状の金具「鎺(ハバキ)」を写真から検索できます。

鍔(つば)

鍔

鍔は、抜刀したとき手元の保護をすると共に、重心の均衡を保つ役割を担っていました。

しかし江戸時代以降は、実用品から装飾的な意味合いが強くなり、美しい図柄などが彫金されるようになります。

またその名工として、「埋忠明寿」(うめただみょうじゅ)一門が有名です。

鍔写真/画像鍔写真/画像
刀剣の刀身と持ち手部分である柄の間にある「鍔」の写真がご覧頂けます。

日本刀各部の名称

日本刀各部の名称をSNSでシェアする

「刀剣入門」の記事を読む

時代別に見る日本刀の特徴

時代別に見る日本刀の特徴
「日本刀」は、大別して「古刀」(ことう)、「新刀」(しんとう)、「新々刀」(しんしんとう)、「現代刀」(げんだいとう)の4つの時代に区分することができ、作刀された時代によって様々な特徴があります。各時代で作刀された刀剣にはどのような特徴があるのか。時代ごとに異なる刀剣の特徴をご紹介します。

時代別に見る日本刀の特徴

日本刀の由来

日本刀の由来
日本刀とは、日本独自の製法で作られた反りがある片刃の刀剣のことを言います。日本刀がはじめて現われたのは平安時代の頃。それまでは上古刀(じょうことう)と呼ばれる、大陸から伝来した両刃(もろは)の剣や直刀(ちょくとう)が主流で、海外の刀剣との大きな違いはありませんでした。日本刀発祥の歴史とそのルーツについて紹介します。

日本刀の由来

最強の日本刀

最強の日本刀
「日本刀」とは、かつて武器として使用されていた刀剣類のこと。漫画や映画などのフィクション作品では、「最強武器」のひとつとして挙げられるほど人気が高いことで知られています。最強の武器というイメージは、細身であやしい光を放つ見た目から来ていますが、実在する日本刀も、実はその切れ味の良さによって「格付け」がされていました。「最強の日本刀」を作刀した「最上大業物」(さいじょうおおわざもの)と呼ばれる刀工と共に、抜群の切れ味を誇る最強の日本刀に関する伝説、逸話をご紹介します。

最強の日本刀

名物と呼ばれる刀

名物と呼ばれる刀
「名物」(めいぶつ)とは、「享保名物帳」(きょうほうめいぶつちょう)に記載された日本刀のこと。日本刀に関する書籍に必ず登場する他、博物館などで展示される場合は「名物」と明記されるため、日本刀に詳しくない人でも言葉だけなら聞いたことがあるかもしれません。「名物」と呼ばれる刀とは、どのような刀なのか。「名物」に関する基本知識をご紹介します。

名物と呼ばれる刀

刀の楽しみ方

刀の楽しみ方
日本刀は、漫画や映画が好きな人であれば、誰もが一度は憧れる武器です。その理由は、「一目見ただけでも切れ味の良さを思わせる姿」や「素早い動きで標的を一刀両断することができる」などが連想されるため。実際に、アニメやゲーム、映画などに登場する際は、作中で「最強の武器」に設定されることもあることから、「日本刀は格好良いから好き」と言う人も少なくありません。そして、それらのフィクション作品を鑑賞する以外にも日本刀の楽しみ方は様々。現実で楽しむことができる「刀の楽しみ方」をご紹介します。

刀の楽しみ方

刀匠の紹介(時代別)

刀匠の紹介(時代別)
日本刀は、一見するとどれも同じに見えますが、大きさによって「太刀」や「打刀」、「脇差」、「短刀」などに分類されます。また、この他にも作刀者や作刀年代、作刀された地域、その時代の戦闘形式によって、様々な形状の刀が作られました。各時代、各地域で発達した刀工集団のなかには、「刀匠」と呼ばれる、優れた腕前を持つ刀鍛冶が多く存在します。そして、その作は日本史上有名な戦国武将や、幕末時代に活躍した志士達に愛用されました。それぞれの時代では、どのような刀匠が活躍していたのか。時代別に活躍した著名な刀匠とその作をご紹介します。

刀匠の紹介(時代別)

日本刀鑑定の古書(秘伝書)

日本刀鑑定の古書(秘伝書)
日本刀の研究は、武士制度の発展と共に進歩をしてきました。時代が進むにつれて刀剣研究家や刀剣鑑定士など、刀剣に関する専門家と呼べる人達が現われるようになり、刀剣・刀工の紹介、刀工の系譜や刀剣逸話・刀剣鑑定に関する書物などが作られるようになります。そうした日本刀に関する古書について紐解いていきましょう。

日本刀鑑定の古書(秘伝書)

日本刀と神社・寺

日本刀と神社・寺
日本には、神仏に対する感謝や崇敬の気持ちを込めて、神社や寺にお供え物を奉納する文化があります。これは古代から続く文化であり奉納する物も様々。収穫したばかりの米や作りたての酒、そして祭の山車や神楽舞なども奉納の一種です。日本刀が奉納されるのもこうした理由からで、人々にとって価値のある物を神仏に捧げることが感謝の意であり、今後も幸運をもたらして貰うための祈りでもありました。神社や寺のご紹介と、奉納された日本刀について見ていきましょう。

日本刀と神社・寺

刀剣鑑賞会のマナー

刀剣鑑賞会のマナー
日本刀は、実際に手に持って鑑賞することができる美術品です。そのため、日本刀を美術館や博物館で鑑賞するうちに、「もっと間近で、手に持って鑑賞してみたい」と思うようになる刀剣ファンも少なくありません。昨今の刀剣ブームにより、全国各地で「刀剣鑑賞会」が多く開催されるようになりましたが、一方で「刀剣鑑賞会は難しそう」と言う不安を感じて、参加できないと言う方も多いです。刀剣鑑賞会に参加するにあたり、事前に知っておくと便利なマナーや、鑑賞する際のポイントをご紹介します。

刀剣鑑賞会のマナー