刀剣入門

海外で人気の日本刀
 - 刀剣ワールド名古屋・丸の内/ミニ博物館

文字サイズ

昨今、海外では日本刀の人気が高まっています。アニメや漫画のサブカルチャー、ユネスコ無形文化遺産に登録された和食など、クールジャパンブームが、日本刀人気を後押ししている現状です。日本刀と海外のかかわりについて、いつ頃から始まり、どのように広まったのか、ご紹介したいと思います。

日本刀と中国

詩に詠まれた日本刀の美

日本刀が海外に輸出されるようになったのは平安時代からです。中国・北宋時代の文人・詩人・政治家である「欧陽脩」(おうようしゅう:1007~1072年[寛弘4年~延久4年])は、「日本刀歌」(にほんとうか)という詩を残しています。

(前略)寶刀近出日本國 越賈得之滄海東 魚皮裝貼香木鞘 黄白閒雜鍮與銅(中略)佩服可以禳妖凶 傳聞其國居大島(後略)

訳すると「宝刀が近く日本国で発見され、越の商人が青い海の東でこれを得た。鮫皮が香木の[さや]に装着されており、金銀混ざっているのは、真鍮と銅。[中略]佩刀[はいとう]すれば、凶事を祓うことができる。」という意味です。この記載から、鞘は鮫皮が使われており、当時の中国においても日本刀が武器以上の神聖な物として見なされていたことが窺えます。

日明貿易での輸出

さらに多くの日本刀が輸出されるようになるのは、「足利義満」(あしかがよしみつ)の始めた日明貿易(朱印船貿易)以降です。日明貿易は、894年(寛平6年)の遣唐使廃止以来の公式貿易で、1401年(応永8年)から1549年(天文18年)まで明との交易が行われます。当時、中国の明は倭寇(わこう:東アジアに出没した日本人を主体とする多国籍海賊)の襲撃に悩まされており、倭寇が使用する日本刀の威力に対抗する武器を必要としていました。そのため大量の日本刀が中国へ輸出されます。その数およそ100,000振。多くは「数打ち」と言われる大量生産の備前刀(びぜんとう)でした。

日本刀と欧米

ヨーロッパやアメリカ各地のミュージアムで、日本刀を見かけることがあります。これらの刀は主に貴族や実業家のコレクション寄贈によるものですが、海外のミュージアムは日本刀を芸術品として海外に周知する役目を担ってきました。その代表例をご紹介します。

大英博物館

大英博物館

大英博物館

イギリス・ロンドンにある大英博物館は、世界最大の博物館のひとつで、古今東西の美術品や考古学的遺物、標本、工芸品など約800万点を所蔵。日本刀や刀装具甲冑(かっちゅう)、(あぶみ)など多数所蔵していますが、「日本ギャラリー」にて一部が公開されています。

収蔵コレクションは、ホームページで検索することが可能です。

刀 銘 肥前国忠吉(倶利伽羅)
刀 銘 肥前国忠吉(倶利伽羅)
肥前国忠吉
鑑定区分
特別重要刀剣
刃長
69
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

ヴィクトリア&アルバート博物館

ヴィクトリア&アルバート博物館

ヴィクトリア&アルバート博物館

「ヴィクトリア女王」(1819~1901年)と夫「アルバート公」(1819~1861年)が1851年のロンドン万国博来館での収益をもとに開館しました。

当初は産業博物館と呼ばれていましたが、装飾美術館に改名し、さらに1899年「ヴィクトリア&アルバート博物館」と改称。

本館はイギリス・ロンドンのケンジントンにあり、世界中から集められた美術工芸品、服飾など約450万点のコレクションを所蔵しています。コレクションの中には相州伝(そうしゅうでん)「正宗」(まさむね)の作品も。

展示中の日本刀は所蔵の一部になりますが、ホームページでコレクションの画像を観ることができます。

メトロポリタン美術館

メトロポリタン美術館

メトロポリタン美術館

アメリカ合衆国ニューヨーク市のセントラル・パーク沿いに位置する美術館で、1870年に開館しました。幅広いコレクションで、絵画、彫刻、工芸品、武器、楽器、写真など300万点の美術品を所蔵。

日本刀の他、三所物(みところもの:小柄[こづか]、[こうがい]、目貫[めぬき]の3種)も多数所蔵しています。

2009年には、日本刀・甲冑をはじめとする武家文化を紹介する「アート・オブ・サムライ展」が開催され大盛況でした。

ボストン美術館

ボストン美術館

ボストン美術館

アメリカ合衆国ボストン市にある、所蔵品約500,000点の美術館で、アメリカ独立100周年にあたる1876年に開館しました。

明治時代に美術思想家「岡倉天心」(おかくらてんしん)が招致されたこともあり、日本との関係が深く、書画、仏像、浮世絵、刀剣など日本美術を50,000点以上も所蔵。

刀剣では、「後鳥羽上皇」(ごとばじょうこう)の御番鍛冶中、7月番鍛冶を務めた備前伝(びぜんでん)福岡一文字派(ふくおかいちもんじは)の「宗吉」(むねよし)、山城伝(やましろでん)「来国光」(らいくにみつ)、美濃伝(みのでん)「志津三郎兼氏」(しづさぶろうかねうじ)の作品他を所蔵しています。

日本刀と洋画の融合

現代では、日本刀が登場する洋画も観ることができます。以下ご紹介する映画は数十年前に制作されたものですが、こうした人気映画の中で日本刀が扱われることで、海外での日本刀への関心が高まりました。

クエンティン・タランティーノさん監督作品

キル・ビル

キル・ビル

アカデミー脚本賞とカンヌ国際映画祭パルム・ドールを受賞している、「クエンティン・タランティーノ」さんの監督作品である「パルプ・フィクション」と「キル・ビル」には日本刀を振り回すシーンがあります。

キル・ビルでは、「ユマ・サーマン」さん演じる主人公「ザ・ブライド」の武器が日本刀です。ザ・ブライドは、夫と子どもを殺した首謀者「ビル」とその配下に復讐するため、沖縄に暮らす刀鍛冶「服部半蔵」(はっとりはんぞう)の作刀した日本刀「ハンゾーソード」を携えて、たったひとりで闘いに挑みます。

その他の映画

マトリックス リローデッド

マトリックス リローデッド

「キアヌ・リーブス」さん主演の「マトリックス リローデッド」には日本刀で車を切る場面が出てきます。

また、「ケビン・コスナー」さん主演の「ボディガード」では、日本刀の上にスカーフをひらりと落としただけで真っ二つに切れてしまうシーンが印象的です。まさに一刀両断

共演「ホイットニー・ヒューストン」さんが歌うサウンドトラック「オールウェイズ・ラヴ・ユー」(I Will Always Love You)も大ヒットしました。

さらに、カメが日本の忍者風に変身してしまう「ミュータント・タートルズ」は、スローなカメと俊敏な忍者という正反対の組み合わせが面白く、子供達に大人気でした。主人公達は二刀流や釵(さい:琉球古武術で使用される武器)を愛用しています。

映画監督ジョージ・ルーカスさんと黒澤明

スターウォーズ(ダースベイダージェダイの騎士)

スターウォーズ
(ダースベイダージェダイの騎士)

「ジョージ・ルーカス」さんは、「黒澤明」監督の「隠し砦の三悪人」から「スター・ウォーズ」シリーズのアイデアを得たと語っています。

「ダースベイダー」の衣装は甲冑風で、妻の「パドメ・アミダラ」は化粧や髪形、着物や装飾具まで日本風。ライトセーバーを武器にして戦うジェダイの騎士の姿は、時代劇を思わせます。

黒澤明監督の海外での評価は非常に高く、アメリカ合衆国の映画評論サイト「ロッテントマト」(Rotten Tomatoes)では、代表作「七人の侍」がTOMATOMETER(批評家満足度)100%、AUDIENCE SCORE(一般観客満足度)97%という驚異的数値を維持しています。

また、スター・ウォーズシリーズ・スピンオフTVドラマ「マンダロリアン」は、「ジョン・ファヴロー」さん監督によるものですが、日本の時代劇「子連れ狼」を参考にしており、孤高の賞金稼ぎ「マンダロリアン」と強力なフォースを持つ「ザ・チャイルド」が行動を共にするうちに絆を深めていく人情味溢れるドラマです。

海外の愛刀家

最近では、アメリカ合衆国・サンフランシスコ、シカゴ、タンパ、オーランドなど各地で日本刀の「ソード・ショー」が定期的に開かれており、ポーランド国立博物館やメトロポリタン美術館で開催された日本刀の特別展も大盛況で、国内外で高く評価されています。

フランスとスペインでは「エヴァンゲリヲンと日本刀展」が行われて人気を博し、「大刀剣市」(だいとうけんいち:全国刀剣商業協同組合が主催する刀剣販売会)には、アメリカ、ヨーロッパを中心に外国人の訪問が増加傾向です。

また、ロシアの「プーチン大統領」が当時首相だった「安倍晋三」(あべしんぞう)さんに「村正」(むらまさ)の日本刀を贈呈、米俳優「スティーブン・セガール」さんが南米ベネズエラの「マドゥロ大統領」と会談し日本刀をプレゼント、といった報道もありました。日本刀の魅力は今後、アジア・アフリカ・中東地域にまで世界的に広まって行くことでしょう。

最後に、海外の日本刀コレクターである「ウォルター・エイムズ・コンプトン」氏をご紹介したいと思います。ウォルター・エイムズ・コンプトン氏は、アメリカ合衆国出身の医学博士でマイルズラボラトリーズの社長ならびに会長を務めた人物です。

ウォルター・エイムズ・コンプトン氏は、14歳の頃に読んだ少年誌で日本刀に関心を持ち、プリンストン大学在学中にチャイナタウンで6ドルの日本刀を購入したことをきっかけに、日本刀を研究し収集するようになります。

1963年、ウォルター・エイムズ・コンプトン氏は偶然ピッツバーグで「太刀 銘 国宗」(たち めい くにむね)を発見。それが実は終戦後の混乱で行方不明になっていた島津家伝来の国宝だったのです。ウォルター・エイムズ・コンプトン氏は太刀 銘 国宗を購入し、他7振の日本刀と合わせて、日本へ無償で返還しました。

「名刀には在るべき場所が自然に決まっている。私物としておく物ではない。」という潔い彼の言葉には、武士道に通じるものがあります。刀は武士の魂と言います。その魂は、人種、空間、時代を超えて共感できる、世界共通の魂であるのかもしれません。

海外で人気の日本刀

海外で人気の日本刀をSNSでシェアする

「刀剣入門」の記事を読む

時代別に見る日本刀の特徴

時代別に見る日本刀の特徴
「日本刀」は、大別して「古刀」(ことう)、「新刀」(しんとう)、「新々刀」(しんしんとう)、「現代刀」(げんだいとう)の4つの時代に区分することができ、作刀された時代によって様々な特徴があります。各時代で作刀された刀剣にはどのような特徴があるのか。時代ごとに異なる刀剣の特徴をご紹介します。

時代別に見る日本刀の特徴

日本刀の由来

日本刀の由来
日本刀とは、日本独自の製法で作られた反りがある片刃の刀剣のことを言います。日本刀がはじめて現われたのは平安時代の頃。それまでは上古刀(じょうことう)と呼ばれる、大陸から伝来した両刃(もろは)の剣や直刀(ちょくとう)が主流で、海外の刀剣との大きな違いはありませんでした。日本刀発祥の歴史とそのルーツについて紹介します。

日本刀の由来

最強の日本刀

最強の日本刀
「日本刀」とは、かつて武器として使用されていた刀剣類のこと。漫画や映画などのフィクション作品では、「最強武器」のひとつとして挙げられるほど人気が高いことで知られています。最強の武器というイメージは、細身であやしい光を放つ見た目から来ていますが、実在する日本刀も、実はその切れ味の良さによって「格付け」がされていました。「最強の日本刀」を作刀した「最上大業物」(さいじょうおおわざもの)と呼ばれる刀工と共に、抜群の切れ味を誇る最強の日本刀に関する伝説、逸話をご紹介します。

最強の日本刀

名物と呼ばれる刀

名物と呼ばれる刀
「名物」(めいぶつ)とは、「享保名物帳」(きょうほうめいぶつちょう)に記載された日本刀のこと。日本刀に関する書籍に必ず登場する他、博物館などで展示される場合は「名物」と明記されるため、日本刀に詳しくない人でも言葉だけなら聞いたことがあるかもしれません。「名物」と呼ばれる刀とは、どのような刀なのか。「名物」に関する基本知識をご紹介します。

名物と呼ばれる刀

刀の楽しみ方

刀の楽しみ方
日本刀は、漫画や映画が好きな人であれば、誰もが一度は憧れる武器です。その理由は、「一目見ただけでも切れ味の良さを思わせる姿」や「素早い動きで標的を一刀両断することができる」などが連想されるため。実際に、アニメやゲーム、映画などに登場する際は、作中で「最強の武器」に設定されることもあることから、「日本刀は格好良いから好き」と言う人も少なくありません。そして、それらのフィクション作品を鑑賞する以外にも日本刀の楽しみ方は様々。現実で楽しむことができる「刀の楽しみ方」をご紹介します。

刀の楽しみ方

刀匠の紹介(時代別)

刀匠の紹介(時代別)
日本刀は、一見するとどれも同じに見えますが、大きさによって「太刀」や「打刀」、「脇差」、「短刀」などに分類されます。また、この他にも作刀者や作刀年代、作刀された地域、その時代の戦闘形式によって、様々な形状の刀が作られました。各時代、各地域で発達した刀工集団のなかには、「刀匠」と呼ばれる、優れた腕前を持つ刀鍛冶が多く存在します。そして、その作は日本史上有名な戦国武将や、幕末時代に活躍した志士達に愛用されました。それぞれの時代では、どのような刀匠が活躍していたのか。時代別に活躍した著名な刀匠とその作をご紹介します。

刀匠の紹介(時代別)

日本刀鑑定の古書(秘伝書)

日本刀鑑定の古書(秘伝書)
日本刀の研究は、武士制度の発展と共に進歩をしてきました。時代が進むにつれて刀剣研究家や刀剣鑑定士など、刀剣に関する専門家と呼べる人達が現われるようになり、刀剣・刀工の紹介、刀工の系譜や刀剣逸話・刀剣鑑定に関する書物などが作られるようになります。そうした日本刀に関する古書について紐解いていきましょう。

日本刀鑑定の古書(秘伝書)

日本刀と神社・寺

日本刀と神社・寺
日本には、神仏に対する感謝や崇敬の気持ちを込めて、神社や寺にお供え物を奉納する文化があります。これは古代から続く文化であり奉納する物も様々。収穫したばかりの米や作りたての酒、そして祭の山車や神楽舞なども奉納の一種です。日本刀が奉納されるのもこうした理由からで、人々にとって価値のある物を神仏に捧げることが感謝の意であり、今後も幸運をもたらして貰うための祈りでもありました。神社や寺のご紹介と、奉納された日本刀について見ていきましょう。

日本刀と神社・寺

刀剣鑑賞会のマナー

刀剣鑑賞会のマナー
日本刀は、実際に手に持って鑑賞することができる美術品です。そのため、日本刀を美術館や博物館で鑑賞するうちに、「もっと間近で、手に持って鑑賞してみたい」と思うようになる刀剣ファンも少なくありません。昨今の刀剣ブームにより、全国各地で「刀剣鑑賞会」が多く開催されるようになりましたが、一方で「刀剣鑑賞会は難しそう」と言う不安を感じて、参加できないと言う方も多いです。刀剣鑑賞会に参加するにあたり、事前に知っておくと便利なマナーや、鑑賞する際のポイントをご紹介します。

刀剣鑑賞会のマナー