刀剣入門

刀の鑑定ランク
 - 刀剣ワールド名古屋・丸の内/ミニ博物館

文字サイズ

かつては武器として使われていた「日本刀」ですが、現在では美術品として価値が評価され、鑑定ランクが付けられます。評価する機関は国と公益財団法人「日本刀美術刀剣保存協会」です。2つの機関で日本刀がどのように評価されているのか見ていきましょう。

刀の鑑定ランク

刀の鑑定ランク

刀の鑑定ランク

の鑑定ランクは、国と公益財団法人日本刀美術刀剣保存協会によって認定されています。

国による鑑定ランクは、「国宝」・「重要文化財」・「重要美術品」です。

一方、日本刀美術刀剣保存協会による鑑定ランクは、「特別重要刀剣」・「重要刀剣」・「特別保存刀剣」・「保存刀剣」・「特別貴重刀剣」・「貴重刀剣」となっています。

なお、特別貴重刀剣と貴重刀剣は、1982年(昭和57年)に廃止。現在はこの2つを除いた4段階で認定されています。

国による認定

日本には、多種多様な文化財が存在し、日本刀もそのうちのひとつです。文化財は、長い歴史のなかで生み出され、今日まで残されている物のうち、特に歴史的・文化的価値の高い物のこと。そして、文化財保護の中心となっている機関が「文化庁」です。文化庁は文部科学省に属する行政機関で、文化財に関する事業の他、文化の振興や国際文化交流、著作権、博物館事業などを行っています。

文化財保護法

大切な文化財を保存するため、1950年(昭和25年)に「文化財保護法」が制定されました。

文化財保護法では、文化財を「有形文化財」、「無形文化財」、「民俗文化財」、「記念物」、「文化的景観」、「伝統的建造物群」の6種類に分類し、重要な物を指定、選定、登録しているのです。日本刀はこのうち有形文化財(美術工芸品)に含まれます。

国宝・重要文化財

有形文化財のうち、重要な物を重要文化財として指定しています。そのなかでも特に価値の高い物を国宝に指定し、保護しているのです。

初めて国宝が指定されたのは、1897年(明治30年)に制定された「古社寺保存法」(こしゃじほぞんほう)。そののち1929年(昭和4年)の「国宝保存法」によって指定の対象が拡大されています。さらに、1950年(昭和25年)に文化財保護法が制定されますが、このときにそれまで国宝に指定されていた文化財はいったん重要文化財とし、改めて国宝を指定しました。

なお、文化財保護法の制定以前に国宝指定された物は、新たに指定された国宝と区別するため「旧国宝」と呼ばれることがあります。

短刀 銘 来国光(名物 有楽来国光)
短刀 銘 来国光(名物 有楽来国光)
来国光
鑑定区分
国宝
刃長
27.7
所蔵・伝来
豊臣秀頼 →
織田有楽斎 →
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

刀 無銘 貞宗(尾張徳川家伝来)
刀 無銘 貞宗(尾張徳川家伝来)
無銘
鑑定区分
重要文化財
刃長
69.1
所蔵・伝来
尾張徳川家 →

刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

太刀 銘 備州長船住景光
太刀 銘 備州長船住景光
備州長船住景光
正和五年十月日
鑑定区分
重要文化財
刃長
75.8
所蔵・伝来
徳川家康 →
徳川家 →
徳川家達 →
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

重要美術品

重要美術品は、1933年(昭和8年)制定の「重要美術品等ノ保存ニ関スル法律」によって認定された文化財のことを言います。国宝の資格を持ちながらまだ国宝になっていない、準国宝が認定基準とされました。文化財保護法の施行に伴いこの法律は廃止になりましたが、文化財保護法の附則にて「認定されている物件については、同法は当分の間、なおその効力を有する」とされています。

そののち現在に至るまで、文化庁は重要美術品の見直しと調査を実施。認定の取り消しや重要文化財への格上げ指定などを推進しています。

太刀  貞真
太刀 貞真
貞真
鑑定区分
重要美術品
刃長
74.5
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

公益財団法人「日本刀美術刀剣保存協会」による認定

日本刀美術刀剣保存協会は、1948年(昭和23年)2月に文部大臣の認可を受けて設立されました。同年9月に鑑定を開始し、1976年(昭和51年)には作刀材料確保のために「日刀保たたら」を開設。1968年(昭和43年)に「刀剣博物館」(東京都墨田区)を設置するなど、刀剣類の保存・公開・鑑定、作刀技術の保存向上、調査研究や鑑賞指導を行っている組織です。

現在の鑑定ランクは、特別重要刀剣・重要刀剣・特別保存刀剣・保存刀剣の4段階。審査に合格した刀剣には、鑑定書が発行されます。

特別重要刀剣

特別重要刀剣は、重要刀剣のうち、特にできが良く保存状態が優れている刀剣のこと。国が認定する重要美術品もしくは重要文化財と同等であると判断でき、資料的価値が極めて高い物になります。

太刀 無銘 古千手院
太刀 無銘 古千手院
無銘
鑑定区分
特別重要刀剣
刃長
77.1
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

重要刀剣

重要刀剣は、特別保存刀剣のうち、特にできが良く、保存状態が良好な刀剣のこと。南北朝時代以前の物は無銘(むめい)作でも認定されますが、室町時代以降の作であれば在銘作に限られます。さらに、江戸時代以降の作は、原則として在銘かつ生ぶ茎(うぶなかご)の物に限定。国が認定する重要美術品と同等であると判断できるものになります。

太刀 銘 延秀(山城)
太刀 銘 延秀(山城)
延秀(山城)
鑑定区分
重要刀剣
刃長
69.05
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

特別保存刀剣

特別保存刀剣は、保存刀剣のうちできが優れていて、保存状態が良い刀剣のこと。再刃(さいば/さいは)の物や室町時代・江戸時代の無銘作は対象となりませんが、著名刀工の作で、できが良く保存状態が良好などの条件を満たす場合には認定されることがあります。

刀 金象嵌 兼氏
刀 金象嵌 兼氏
兼氏
鑑定区分
特別保存刀剣
刃長
71.2
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

保存刀剣

保存刀剣は、江戸時代までに作られた刀剣のうちで正しい(めい)が付いた物、無銘の場合は作刀年代・作刀国・系統が分かる刀剣のこと。また、補修や多少の傷がある物は、美観を損なわず鑑賞に堪えうることが認定条件。明治時代以降の作の場合は、在銘でできの良い物に限られています。

刀 銘 備州長船盛重
刀 銘 備州長船盛重
備州長船盛重
鑑定区分
保存刀剣
刃長
61.4
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

特別貴重刀剣、貴重刀剣

1948年(昭和23年)の鑑定開始時は、貴重刀剣の制度を設け、さらに優れた物を特別貴重刀剣として認定。1973年(昭和48年)からは特別に優れた物を「甲種特別貴重刀剣」と認定しましたが、1982年(昭和57年)5月にこれらの認定制度は廃止となり、同年9月から現行の制度になっています。

太刀 銘 家助
太刀 銘 家助
家助
鑑定区分
特別貴重刀剣
刃長
67.9
所蔵・伝来
松平親信 →
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

鎧通 銘 備前国吉光
鎧通 銘 備前国吉光
備前国吉光
鑑定区分
貴重刀剣
刃長
21.8
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

刀の鑑定ランク

刀の鑑定ランクをSNSでシェアする

「刀剣入門」の記事を読む

時代別に見る日本刀の特徴

時代別に見る日本刀の特徴
「日本刀」は、大別して「古刀」(ことう)、「新刀」(しんとう)、「新々刀」(しんしんとう)、「現代刀」(げんだいとう)の4つの時代に区分することができ、作刀された時代によって様々な特徴があります。各時代で作刀された刀剣にはどのような特徴があるのか。時代ごとに異なる刀剣の特徴をご紹介します。

時代別に見る日本刀の特徴

日本刀の由来

日本刀の由来
日本刀とは、日本独自の製法で作られた反りがある片刃の刀剣のことを言います。日本刀がはじめて現われたのは平安時代の頃。それまでは上古刀(じょうことう)と呼ばれる、大陸から伝来した両刃(もろは)の剣や直刀(ちょくとう)が主流で、海外の刀剣との大きな違いはありませんでした。日本刀発祥の歴史とそのルーツについて紹介します。

日本刀の由来

最強の日本刀

最強の日本刀
「日本刀」とは、かつて武器として使用されていた刀剣類のこと。漫画や映画などのフィクション作品では、「最強武器」のひとつとして挙げられるほど人気が高いことで知られています。最強の武器というイメージは、細身であやしい光を放つ見た目から来ていますが、実在する日本刀も、実はその切れ味の良さによって「格付け」がされていました。「最強の日本刀」を作刀した「最上大業物」(さいじょうおおわざもの)と呼ばれる刀工と共に、抜群の切れ味を誇る最強の日本刀に関する伝説、逸話をご紹介します。

最強の日本刀

名物と呼ばれる刀

名物と呼ばれる刀
「名物」(めいぶつ)とは、「享保名物帳」(きょうほうめいぶつちょう)に記載された日本刀のこと。日本刀に関する書籍に必ず登場する他、博物館などで展示される場合は「名物」と明記されるため、日本刀に詳しくない人でも言葉だけなら聞いたことがあるかもしれません。「名物」と呼ばれる刀とは、どのような刀なのか。「名物」に関する基本知識をご紹介します。

名物と呼ばれる刀

刀の楽しみ方

刀の楽しみ方
日本刀は、漫画や映画が好きな人であれば、誰もが一度は憧れる武器です。その理由は、「一目見ただけでも切れ味の良さを思わせる姿」や「素早い動きで標的を一刀両断することができる」などが連想されるため。実際に、アニメやゲーム、映画などに登場する際は、作中で「最強の武器」に設定されることもあることから、「日本刀は格好良いから好き」と言う人も少なくありません。そして、それらのフィクション作品を鑑賞する以外にも日本刀の楽しみ方は様々。現実で楽しむことができる「刀の楽しみ方」をご紹介します。

刀の楽しみ方

刀匠の紹介(時代別)

刀匠の紹介(時代別)
日本刀は、一見するとどれも同じに見えますが、大きさによって「太刀」や「打刀」、「脇差」、「短刀」などに分類されます。また、この他にも作刀者や作刀年代、作刀された地域、その時代の戦闘形式によって、様々な形状の刀が作られました。各時代、各地域で発達した刀工集団のなかには、「刀匠」と呼ばれる、優れた腕前を持つ刀鍛冶が多く存在します。そして、その作は日本史上有名な戦国武将や、幕末時代に活躍した志士達に愛用されました。それぞれの時代では、どのような刀匠が活躍していたのか。時代別に活躍した著名な刀匠とその作をご紹介します。

刀匠の紹介(時代別)

日本刀鑑定の古書(秘伝書)

日本刀鑑定の古書(秘伝書)
日本刀の研究は、武士制度の発展と共に進歩をしてきました。時代が進むにつれて刀剣研究家や刀剣鑑定士など、刀剣に関する専門家と呼べる人達が現われるようになり、刀剣・刀工の紹介、刀工の系譜や刀剣逸話・刀剣鑑定に関する書物などが作られるようになります。そうした日本刀に関する古書について紐解いていきましょう。

日本刀鑑定の古書(秘伝書)

日本刀と神社・寺

日本刀と神社・寺
日本には、神仏に対する感謝や崇敬の気持ちを込めて、神社や寺にお供え物を奉納する文化があります。これは古代から続く文化であり奉納する物も様々。収穫したばかりの米や作りたての酒、そして祭の山車や神楽舞なども奉納の一種です。日本刀が奉納されるのもこうした理由からで、人々にとって価値のある物を神仏に捧げることが感謝の意であり、今後も幸運をもたらして貰うための祈りでもありました。神社や寺のご紹介と、奉納された日本刀について見ていきましょう。

日本刀と神社・寺

刀剣鑑賞会のマナー

刀剣鑑賞会のマナー
日本刀は、実際に手に持って鑑賞することができる美術品です。そのため、日本刀を美術館や博物館で鑑賞するうちに、「もっと間近で、手に持って鑑賞してみたい」と思うようになる刀剣ファンも少なくありません。昨今の刀剣ブームにより、全国各地で「刀剣鑑賞会」が多く開催されるようになりましたが、一方で「刀剣鑑賞会は難しそう」と言う不安を感じて、参加できないと言う方も多いです。刀剣鑑賞会に参加するにあたり、事前に知っておくと便利なマナーや、鑑賞する際のポイントをご紹介します。

刀剣鑑賞会のマナー