刀剣入門

刀の種類「太刀と打刀の違い」
 - 刀剣ワールド名古屋・丸の内/ミニ博物館

文字サイズ

ひと口に「刀剣・日本刀」と言っても、その種類は様々です。広い意味で日本刀に含まれる「槍」(やり)や「薙刀」(なぎなた)、「剣」(けん/つるぎ)などは姿が特徴的であるため見間違うことはありません。また、刃長が1尺(約30.3cm)以下の「短刀」(たんとう)や、短刀よりは長いものの2尺(約60.6cm)には満たない「脇差」(わきざし)は、その長さによって容易に区別することができます。では、刀剣や日本刀と聞いて多くの方が思い浮かべる「太刀」(たち)と「打刀」(うちがたな)は、どのように見分けられるのでしょうか。太刀と打刀の違いが分かるポイントを探っていきましょう。

一番の違いは携帯方法

刃長だけでは区別できない太刀と打刀

太刀・大太刀・打刀

太刀・大太刀・打刀

打刀」(うちがたな)は「」とも言い、その刃長(はちょう)は江戸時代に入ると持ち主によって寸法が規定されました。

武士の場合は3代将軍「徳川家光」(とくがわいえみつ)の時代までは2尺3寸(約69.7cm)以下、4代将軍「徳川家綱」(とくがわいえつな)の時代以降は2尺2寸8分(約69cm)までとなっています。

それ以前に作刀された長寸の打刀や多くの「太刀」(たち)は、規定に合わせるために「」(なかご:に収める握りの部分)を短く切り詰める「磨上げ」(すりあげ)を施して使用されました。

一方、太刀が主流だった時代には刃長の規定はなく、刃の長さが2尺前後の「小太刀」(こだち)から、3尺(約90.9cm)以上の「大太刀」(おおだち)まで多様であり、刃長だけを観て太刀と打刀を区別することはできません。

太刀は佩く、打刀は差す

太刀は佩く、打刀は差す

太刀は佩く(上)、打刀は差す(下)

最も簡単に太刀と打刀を見分ける方法は、その携帯の仕方です。

太刀は刃側を下にして腰の左に吊るし、これを「佩く」(はく)または「佩刀」(はいとう)と言います。刃を下に向けて左腰に佩いたとき、体とは反対側の外になる面を「佩表」(はきおもて)と呼び、太刀の作刀者である刀工(めい)は基本的にはこの佩表側の茎に切られました。

それに対して、打刀は刃側を上に向けて腰の帯に差し、これを「帯刀」(たいとう)と言います。太刀と同じく、体の外側になる面が「差表」(さしおもて)となり、刀工は差表側の茎に銘を切りました。銘が佩表と差表のどちら側にあるのか確認することも、太刀と打刀を見分ける上での大切なポイントとなります。

なお、太刀も打刀も左側に身に付けますが、これは日本刀を抜く手が右手だったからです。武士は右利きが基本とされ、生まれ付き左利きだった場合は右利きへと矯正されました。

この刃を上に向けるか、下に向けるかの違いは、武士が屋敷に飾る場合や、博物館などで展示される場合も同じです。太刀は刃を下向きに、打刀は刃を上向きに置かれることが多いので、日本刀の展示を鑑賞する機会があれば、佩表や差表の茎に切られた銘にも注目してみましょう。

時代によって変遷した「反り」

反りとは

太刀と打刀の違いを知るポイントは、子細に観ることでさらに詳しく分かってきます。日本刀の茎以外の刀身部分を「姿」(すがた)または「体配」(たいはい)と言い、ここで注目するのは日本刀の大きな特徴のひとつである「反り」(そり)です。

反りとは、「棟区」(むねまち:峰[みね]/[むね]側にある刀身の下端部)から鋒/切先(きっさき)の先端を結ぶ直線と峰/棟との間で最も離れた部分の寸法のこと。この反りがあるおかげで、日本刀は素早く(さや)から抜き放つことができ、弧を描くように斬りおろす、または斬り上げることで、強い力を必要とすることなく効果的に対象を引き斬ることができるのです。また、斬撃の際に持ち手側にかかる衝撃を吸収する効果もあります。

馬上戦に適した太刀は反りが深い

太刀は、刀身の長さにかかわらず反りが深いことが特徴的です。太刀の姿が完成された平安時代後期は武士が台頭し始めた時期にあたり、戦の中心は馬に乗って戦う1対1の馬上戦でした。

馬上戦と太刀

馬上戦と太刀

この平安時代後期から鎌倉時代前期にかけて盛んに用いられた太刀は、反りの中心が手元に近い部分で最も強くなる「腰反り」(こしぞり)。

そして鋒/切先へ向かうにしたがって反りはほとんどなくなり直線的になっていきます。

こうした形状は、騎馬抜刀しやすく、また馬上からの刺突(しとつ:突き刺すこと)にも適していました。

さらに、反りの深い太刀は馬上で腰に佩いたときに鞘の先端である「鞘尻」(さやじり:「石突」[いしづき]とも)が上を向くため、誤って馬のお尻を叩いてしまうことがないのです。

鎌倉時代中期以降、「蒙古襲来」(もうこしゅうらい)または「元寇」(げんこう)とも呼ばれる1274年(文永11年)の「文永の役」(ぶんえいのえき)と1281年(弘安4年)の「弘安の役」(こうあんのえき)をきっかけとして武士の戦い方にも変化が起こります。1対1の馬上戦から、集団での戦いを余儀なくされ、太刀はより実戦を重視した形状へと変化。身幅(みはば)はいっそう広く、重ね(かさね)も厚くなり、反りも刀身の中ほどに中心がある「中反り」(なかぞり)となり、甲冑をも断ち切る強靭さを備えることとなりました。

腰反りの深さが際立つ「太刀 無銘 古千手院」

「刀剣ワールド財団」所蔵のコレクションより、腰反りの体配が目を惹く平安時代後期の名刀「太刀 無銘 古千手院」(たち むめい こせんじゅいん)をご紹介します。

茎より腰元にかけて反りが強く、鋒/切先に向かって反りが浅くなる直刀(ちょくとう)に似た姿は初期日本刀の特徴を示し、日本刀の歴史を研究する上でも注目される貴重な1振です。

本太刀を手掛けた刀工一派の「千手院派」(せんじゅいんは)は、大和国(現在の奈良県)で平安時代後期から南北朝時代にかけて活躍。「大和伝」を代表する「大和五派」のなかで最初に興った流派であり、本太刀は千手院派でも古い時代にあたる「古千手院派」の作品になります。

太刀 無銘 古千手院
太刀 無銘 古千手院
無銘
鑑定区分
特別重要刀剣
刃長
77.1
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

反りが浅く、扱いやすい打刀

さらに時代が下り、戦国時代に入ると戦はより大規模になり、馬上戦よりも地上で戦う徒歩戦が主流になりました。大勢が至近距離で戦う徒歩戦では、反りが強く長寸な太刀は扱いにくく効果的とは言えません。そこで、太刀に代わって日本刀の主流となったのが、反りが浅く比較的軽量な打刀です。

刃側を上に向けて腰に差す打刀は、小さな動作で素早く鞘から抜くことができ、集団での接近戦に向いていました。並み居る武将達が天下を目指した群雄割拠の時代には、打刀は大量に作刀されることとなったのです。

戦国時代が終わり、天下泰平が実現した江戸時代には、打刀は武士の象徴として広く用いられることになります。武士の精神を忘れないために奨励された剣術の稽古では竹刀(しない)が使われ、この竹刀に似たほとんど反りのない「寛文新刀」(かんぶんしんとう)が江戸時代前期を代表する打刀となりました。

幕末になると、江戸時代中期の美術的な価値を重視した打刀より、実用的で頑丈な3尺ほどもある「勤王刀」(きんのうとう)と呼ばれる打刀が求められ、尊王攘夷派(そんのうじょういは:天皇を尊び外敵を排斥しようとする勢力)の志士達の間で普及します。これは、古刀期の太刀に倣い、その作風を復古しようと試みた「新々刀」(しんしんとう)に含まれる打刀の一種です。

寛文新刀らしい反りの浅い作品「[丸に橘紋]近江守法城寺橘正弘[寛文十一年二月日]」

刀剣ワールド財団が所蔵する打刀「[丸に橘紋]近江守法城寺橘正弘[寛文十一年二月日]」(かたな めい[まるにたちばなもん]おうみのかみほうじょうじたちばなまさひろ[かんぶんじゅういちねんにがつひ])は、寛文新刀らしい反りの浅い姿が最大の特色となっています。本刀は地鉄(じがね)・刃文(はもん)ともに出来映えに優れ、作刀当時の姿と状態をそのまま保つ逸品です。

本刀の作刀者である「法成寺正弘」(ほうじょうじまさひろ)は出身地である但馬国(現在の兵庫県北部)から一門を率いて江戸へ移り住み、「江戸法成寺派」を確立。江戸では幕府より命じられる鍛冶関係の業務のすべてを担うほどの権勢を誇りました。のちに水戸藩(現在の茨城県水戸市)2代藩主「徳川光圀」(とくがわみつくに:水戸黄門のこと)に招かれ、水戸でも作刀しています。

刀 銘 (丸に橘紋) 近江守法城寺橘正弘(寛文十一年二月日)
刀 銘 (丸に橘紋) 近江守法城寺橘正弘(寛文十一年二月日)
(丸に橘紋)
近江守法城寺
橘正弘
寛文十一年二月日
鑑定区分
重要刀剣
刃長
70.3
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

刀の種類「太刀と打刀の違い」

刀の種類「太刀と打刀の違い」をSNSでシェアする

「刀剣入門」の記事を読む

時代別に見る日本刀の特徴

時代別に見る日本刀の特徴
「日本刀」は、大別して「古刀」(ことう)、「新刀」(しんとう)、「新々刀」(しんしんとう)、「現代刀」(げんだいとう)の4つの時代に区分することができ、作刀された時代によって様々な特徴があります。各時代で作刀された刀剣にはどのような特徴があるのか。時代ごとに異なる刀剣の特徴をご紹介します。

時代別に見る日本刀の特徴

日本刀の由来

日本刀の由来
日本刀とは、日本独自の製法で作られた反りがある片刃の刀剣のことを言います。日本刀がはじめて現われたのは平安時代の頃。それまでは上古刀(じょうことう)と呼ばれる、大陸から伝来した両刃(もろは)の剣や直刀(ちょくとう)が主流で、海外の刀剣との大きな違いはありませんでした。日本刀発祥の歴史とそのルーツについて紹介します。

日本刀の由来

最強の日本刀

最強の日本刀
「日本刀」とは、かつて武器として使用されていた刀剣類のこと。漫画や映画などのフィクション作品では、「最強武器」のひとつとして挙げられるほど人気が高いことで知られています。最強の武器というイメージは、細身であやしい光を放つ見た目から来ていますが、実在する日本刀も、実はその切れ味の良さによって「格付け」がされていました。「最強の日本刀」を作刀した「最上大業物」(さいじょうおおわざもの)と呼ばれる刀工と共に、抜群の切れ味を誇る最強の日本刀に関する伝説、逸話をご紹介します。

最強の日本刀

名物と呼ばれる刀

名物と呼ばれる刀
「名物」(めいぶつ)とは、「享保名物帳」(きょうほうめいぶつちょう)に記載された日本刀のこと。日本刀に関する書籍に必ず登場する他、博物館などで展示される場合は「名物」と明記されるため、日本刀に詳しくない人でも言葉だけなら聞いたことがあるかもしれません。「名物」と呼ばれる刀とは、どのような刀なのか。「名物」に関する基本知識をご紹介します。

名物と呼ばれる刀

刀の楽しみ方

刀の楽しみ方
日本刀は、漫画や映画が好きな人であれば、誰もが一度は憧れる武器です。その理由は、「一目見ただけでも切れ味の良さを思わせる姿」や「素早い動きで標的を一刀両断することができる」などが連想されるため。実際に、アニメやゲーム、映画などに登場する際は、作中で「最強の武器」に設定されることもあることから、「日本刀は格好良いから好き」と言う人も少なくありません。そして、それらのフィクション作品を鑑賞する以外にも日本刀の楽しみ方は様々。現実で楽しむことができる「刀の楽しみ方」をご紹介します。

刀の楽しみ方

刀匠の紹介(時代別)

刀匠の紹介(時代別)
日本刀は、一見するとどれも同じに見えますが、大きさによって「太刀」や「打刀」、「脇差」、「短刀」などに分類されます。また、この他にも作刀者や作刀年代、作刀された地域、その時代の戦闘形式によって、様々な形状の刀が作られました。各時代、各地域で発達した刀工集団のなかには、「刀匠」と呼ばれる、優れた腕前を持つ刀鍛冶が多く存在します。そして、その作は日本史上有名な戦国武将や、幕末時代に活躍した志士達に愛用されました。それぞれの時代では、どのような刀匠が活躍していたのか。時代別に活躍した著名な刀匠とその作をご紹介します。

刀匠の紹介(時代別)

日本刀鑑定の古書(秘伝書)

日本刀鑑定の古書(秘伝書)
日本刀の研究は、武士制度の発展と共に進歩をしてきました。時代が進むにつれて刀剣研究家や刀剣鑑定士など、刀剣に関する専門家と呼べる人達が現われるようになり、刀剣・刀工の紹介、刀工の系譜や刀剣逸話・刀剣鑑定に関する書物などが作られるようになります。そうした日本刀に関する古書について紐解いていきましょう。

日本刀鑑定の古書(秘伝書)

日本刀と神社・寺

日本刀と神社・寺
日本には、神仏に対する感謝や崇敬の気持ちを込めて、神社や寺にお供え物を奉納する文化があります。これは古代から続く文化であり奉納する物も様々。収穫したばかりの米や作りたての酒、そして祭の山車や神楽舞なども奉納の一種です。日本刀が奉納されるのもこうした理由からで、人々にとって価値のある物を神仏に捧げることが感謝の意であり、今後も幸運をもたらして貰うための祈りでもありました。神社や寺のご紹介と、奉納された日本刀について見ていきましょう。

日本刀と神社・寺

刀剣鑑賞会のマナー

刀剣鑑賞会のマナー
日本刀は、実際に手に持って鑑賞することができる美術品です。そのため、日本刀を美術館や博物館で鑑賞するうちに、「もっと間近で、手に持って鑑賞してみたい」と思うようになる刀剣ファンも少なくありません。昨今の刀剣ブームにより、全国各地で「刀剣鑑賞会」が多く開催されるようになりましたが、一方で「刀剣鑑賞会は難しそう」と言う不安を感じて、参加できないと言う方も多いです。刀剣鑑賞会に参加するにあたり、事前に知っておくと便利なマナーや、鑑賞する際のポイントをご紹介します。

刀剣鑑賞会のマナー