刀剣入門

脇差と短刀と鎧通の違い
 - 刀剣ワールド名古屋・丸の内/ミニ博物館

文字サイズ

日本刀は、その役割や寸法によっていくつかの種類に分けることができます。「太刀」(たち)や「打刀」(うちがたな)は刃長が2尺(約60.6cm)以上と規定。それより短く、江戸時代の武士が打刀と共に腰に差した日本刀が「脇差」(わきざし)です。「短刀」(たんとう)はさらに短く、1尺(約30.3cm)以下。短刀のなかでも合戦の際に活用されたのが「鎧通」(よろいどおし)で、甲冑を身に着けた相手に有効な武器でした。脇差と短刀、鎧通の特徴に焦点を当てながら、区別できるポイントを見ていきます。さらに、「刀剣ワールド財団」が所蔵する脇差・短刀・鎧通の名刀から1振ずつをご紹介しましょう。

寸法で区別できる脇差と短刀

脇差と短刀の長さの違い

脇差と短刀の長さの違い

泰平の世となり、秩序を重んじるようになった江戸時代には、「武家諸法度」(ぶけしょはっと)によって差料(さしりょう:自分が腰に差すための)の寸法身分ごとに規定されました。この規定は、「打刀」(うちがたな)の予備的な役割を担った「脇差」(わきざし)や、「短刀」(たんとう)も例外ではありません。脇差は打刀より短い1~2尺(約30.3~60.6cm)と定められ、武士は打刀と脇差の大小2本を腰に差すこととなりました。

短刀はさらに短い1尺以下の日本刀です。「懐剣」(かいけん)または「懐刀」(ふところがたな)と呼ばれる護身用の短刀は4~5寸(約12~15cm)ほど。「寸延短刀」(すんのびたんとう)は1尺以上の刃長(はちょう)がある短刀を指しますが、現在の登録制度では脇差に分類されます。

脇差の特徴

拵に見る脇差と打刀の違い

1637年(寛永14年)の「島原の乱」を最後に幕末までは大きな戦が起こらなかった江戸時代。日本刀が武器として使われることはほとんどなくなりましたが、打刀と脇差という大小2本差しが武士の身分を示す象徴になったため、日常的に携帯されていました。

そんな打刀と脇差は、同じ(こしらえ:日本刀の外装)で揃えるのが通例です。一見しただけでは区別しにくいのですが、打刀の拵には「小柄」(こづか:日本刀に付属する小刀)と「」(こうがい:髷を整える結髪道具)が含まれるのに対し、脇差には小柄のみが付き、笄は付きません。

そのため、打刀の(つば)には刀身を通す中心の穴(なかごあな)の他に、半月形の小柄櫃孔(こづかびつあな)と笄櫃孔(こうがいびつあな)という2つの穴がありますが、脇差の鍔は小柄櫃孔のみとなっています。

  • 笄と小柄
    笄と小柄
  • 打刀の鍔・脇差の鍔
    打刀の鍔・脇差の鍔

脇差の役割とは?

武士が主君など他家の屋敷へ上がる際の作法として、打刀は刀掛け(かたなかけ)へ置くか、その家の者に預けますが、脇差は将軍の御前などを除き腰に差したままでした。脇差は正式な武器としての位置付けがなかったためで、武士ではない武家奉公人や町人にも携帯が許されていたのです。

その一方、打刀を預けた状況でひとたびことが起これば、武士は脇差1振で主君を守るといった対処をすることになり、予備の刀剣として決して軽んじられる存在ではありませんでした。

脇差の種類

脇差の種類

脇差の種類

小脇差(こわきざし)
刃長1尺3寸(約40cm)未満の脇差のこと。1尺(約30.3cm)以下の短刀に近いため、区別が難しいのですが、通常、脇差の拵には鍔が付く一方、短刀には鍔が付きません。
中脇差(ちゅうわきざし)
刃長1尺3寸(約40cm)以上、1尺8寸(約54.5cm)未満の脇差です。旅行時や夜間外出時の護身用として町人にも多く用いられました。
大脇差(おおわきざし)
刃長1尺8寸(約54.5cm)以上、2尺(約60.6cm)未満の脇差で、打刀に近い長さがあります。

刀剣ワールド財団が所蔵する「脇差」

脇差 無銘 貞宗(わきざし むめい さだむね)

脇差 無銘 貞宗」(わきざし むめい さだむね)を鍛えた「彦四郎貞宗」(ひこしろうさだむね)は、名工「正宗」(まさむね)の弟子にあたり、鎌倉時代後期から南北朝時代にかけて活躍しました。その腕を見込まれて正宗の養子になったと言われています。

刀身に施されているのは、師である正宗の叔父で刀剣彫刻師だった「大進房」(だいしんぼう)の技法を受け継いだ彫物。差表(さしおもて)には三鈷剣(さんこけん:災厄を祓う仏具)、梵字(ぼんじ)、蓮台(れんだい)、鍬形(くわがた)が、差裏(さしうら)には独鈷杵(どっこしょ:仏と祈る人とが一体となることを表現した仏具)と梵字が刻まれ、貞宗の繊細な技量の一端を垣間見ることができます。

脇差 無銘 貞宗
脇差 無銘 貞宗
無銘
鑑定区分
特別重要刀剣
刃長
39.6
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

短刀の特徴

反りが浅く、鍔が付かない短刀

  • 鍔が付かない短刀
    鍔が付かない短刀
  • 花嫁衣裳の懐剣
    花嫁衣裳の懐剣

短刀は刃長が1尺(約30.3cm)以下の日本刀で、ほとんど反り(そり)がありません。また、打刀や脇差と違って鍔を付けないため、「合口/匕首」(あいくち)とも呼ばれます。短刀は、非力な女性や体の小さな子どもでも扱いやすく、主に護身用の刀剣として使われました。

また、災厄や邪気を祓うお守りの一種としても利用され、これを「守り刀」(まもりがたな)と言います。今日でも天皇家及び宮家で子どもが誕生した際には、天皇より打ち卸し(新品)の守り刀を贈る「賜剣の儀」(しけんのぎ)が行われています。

和装の結婚式では、守り刀としての懐剣が花嫁衣裳の必需品となっています。現代では本物(真剣)の懐剣を使用することはありませんが、これは武家の娘が護身用の懐剣を持っていたことに由来。組紐の付いた懐剣袋が打ち掛けの帯に差してあるのを見ることができます。

刀剣ワールド財団が所蔵する「短刀」

短刀 銘 光包 延慶二年二月日(たんとう めい みつかね えんぎょうにねんにがつにち)

作刀者である「光包」(みつかね)は、備前長船派の名工「長光」(ながみつ)の庶子(しょし:家督相続権のない子)と伝えられる刀工です。父の長光に学ぶと共に、来派(らいは)を代表する名工「来国俊」(らいくにとし)にも師事しました。滋賀県大津市にある「比叡山延暦寺」の総本堂「根本中堂」(こんぽんちゅうどう)に籠って作刀にあたったことから、「中堂来」(ちゅうどうらい)の異名を持ちます。

本短刀は(しのぎ)のない平造り(ひらづくり)の作品で、刀身がやや刃側に反っている内反り(うちぞり)ごころ。差表には「不動明王」(ふどうみょうおう)が持つ素剣(そけん/すけん)と梵字が、差裏には不動明王の化身である護摩箸(ごまばし)と同じく梵字が彫られています。いずれも仏教の守護神である不動明王の霊験あらたかな厄除けの意味を持つ文様です。

短刀  銘  光包  延慶二年二月日
短刀 銘 光包 延慶二年二月日
光包
延慶二年二月日
鑑定区分
重要文化財
刃長
27.3
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

鎧通(よろいどおし)とは

甲冑の弱点を突く

鎧通」(よろいどおし)とは、甲冑を着た相手と組み合って戦う際、関節部分や首元などのすき間を狙うために用いる短刀のこと。身体の右側に差すことから「馬手差し」(めてざし)とも呼ばれます。

鎧通は使用するときに逆手に持つため、刃長は肘までの長さより短い9寸5分(約28.8cm)以下で、多くは7寸(約21.2cm)前後。刀身の手元に近い部分の重ね(かさね)が厚い頑丈な造込み(つくりこみ)であったため、城を攻略する場合には石垣に差して足場として利用しました。

鎧通は敵との接近戦になったとき相手に奪われたりしないよう、通常の日本刀とは逆に(つか)を後ろに向け、(さや)の先端部である(こじり)を前に向けて腰に差したと言われています。その様子は、甲冑姿の戦国武将「細川澄元」(ほそかわすみもと)を描いた肖像画でも観ることが可能です。

刀剣ワールド財団が所蔵する「鎧通」

鎧通 銘 長運斎綱俊 天保七年八月日
(よろいどおし めい ちょううんさいつなとし てんぽうななねんはちがつび)

本鎧通の作刀者である「長運斎綱俊」(ちょううんさいつなとし)は、新々刀(しんしんとう)を創始した「水心子正秀」(すいしんしまさひで)の門人であり、幕末に活躍した名工として知られています。新々刀期の備前伝を得意とする刀工のなかでも屈指の腕前を備えていました。

本鎧通は、やや深い反りの付いた短刀としては稀有な姿が特徴的です。重ねは厚く、鋒/切先(きっさき)部分のみ両側に刃のある切先両刃造(きっさきもろはづくり)。小板目(こいため)が詰み地沸(じにえ)微塵に付く地鉄(じがね)と、匂出来(においでき)の刃文(はもん)はいずれも明るく冴え、綱俊の特色が際立っています。

鎧通 銘 長運斎綱俊 天保七年八月日
鎧通 銘 長運斎綱俊 天保七年八月日
長運斎綱俊
応須長君次義需
天保七年八月日
鑑定区分
特別保存刀剣
刃長
24.8
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

脇差と短刀と鎧通の違い

脇差と短刀と鎧通の違いをSNSでシェアする

「刀剣入門」の記事を読む

時代別に見る日本刀の特徴

時代別に見る日本刀の特徴
「日本刀」は、大別して「古刀」(ことう)、「新刀」(しんとう)、「新々刀」(しんしんとう)、「現代刀」(げんだいとう)の4つの時代に区分することができ、作刀された時代によって様々な特徴があります。各時代で作刀された刀剣にはどのような特徴があるのか。時代ごとに異なる刀剣の特徴をご紹介します。

時代別に見る日本刀の特徴

日本刀の由来

日本刀の由来
日本刀とは、日本独自の製法で作られた反りがある片刃の刀剣のことを言います。日本刀がはじめて現われたのは平安時代の頃。それまでは上古刀(じょうことう)と呼ばれる、大陸から伝来した両刃(もろは)の剣や直刀(ちょくとう)が主流で、海外の刀剣との大きな違いはありませんでした。日本刀発祥の歴史とそのルーツについて紹介します。

日本刀の由来

最強の日本刀

最強の日本刀
「日本刀」とは、かつて武器として使用されていた刀剣類のこと。漫画や映画などのフィクション作品では、「最強武器」のひとつとして挙げられるほど人気が高いことで知られています。最強の武器というイメージは、細身であやしい光を放つ見た目から来ていますが、実在する日本刀も、実はその切れ味の良さによって「格付け」がされていました。「最強の日本刀」を作刀した「最上大業物」(さいじょうおおわざもの)と呼ばれる刀工と共に、抜群の切れ味を誇る最強の日本刀に関する伝説、逸話をご紹介します。

最強の日本刀

名物と呼ばれる刀

名物と呼ばれる刀
「名物」(めいぶつ)とは、「享保名物帳」(きょうほうめいぶつちょう)に記載された日本刀のこと。日本刀に関する書籍に必ず登場する他、博物館などで展示される場合は「名物」と明記されるため、日本刀に詳しくない人でも言葉だけなら聞いたことがあるかもしれません。「名物」と呼ばれる刀とは、どのような刀なのか。「名物」に関する基本知識をご紹介します。

名物と呼ばれる刀

刀の楽しみ方

刀の楽しみ方
日本刀は、漫画や映画が好きな人であれば、誰もが一度は憧れる武器です。その理由は、「一目見ただけでも切れ味の良さを思わせる姿」や「素早い動きで標的を一刀両断することができる」などが連想されるため。実際に、アニメやゲーム、映画などに登場する際は、作中で「最強の武器」に設定されることもあることから、「日本刀は格好良いから好き」と言う人も少なくありません。そして、それらのフィクション作品を鑑賞する以外にも日本刀の楽しみ方は様々。現実で楽しむことができる「刀の楽しみ方」をご紹介します。

刀の楽しみ方

刀匠の紹介(時代別)

刀匠の紹介(時代別)
日本刀は、一見するとどれも同じに見えますが、大きさによって「太刀」や「打刀」、「脇差」、「短刀」などに分類されます。また、この他にも作刀者や作刀年代、作刀された地域、その時代の戦闘形式によって、様々な形状の刀が作られました。各時代、各地域で発達した刀工集団のなかには、「刀匠」と呼ばれる、優れた腕前を持つ刀鍛冶が多く存在します。そして、その作は日本史上有名な戦国武将や、幕末時代に活躍した志士達に愛用されました。それぞれの時代では、どのような刀匠が活躍していたのか。時代別に活躍した著名な刀匠とその作をご紹介します。

刀匠の紹介(時代別)

日本刀鑑定の古書(秘伝書)

日本刀鑑定の古書(秘伝書)
日本刀の研究は、武士制度の発展と共に進歩をしてきました。時代が進むにつれて刀剣研究家や刀剣鑑定士など、刀剣に関する専門家と呼べる人達が現われるようになり、刀剣・刀工の紹介、刀工の系譜や刀剣逸話・刀剣鑑定に関する書物などが作られるようになります。そうした日本刀に関する古書について紐解いていきましょう。

日本刀鑑定の古書(秘伝書)

日本刀と神社・寺

日本刀と神社・寺
日本には、神仏に対する感謝や崇敬の気持ちを込めて、神社や寺にお供え物を奉納する文化があります。これは古代から続く文化であり奉納する物も様々。収穫したばかりの米や作りたての酒、そして祭の山車や神楽舞なども奉納の一種です。日本刀が奉納されるのもこうした理由からで、人々にとって価値のある物を神仏に捧げることが感謝の意であり、今後も幸運をもたらして貰うための祈りでもありました。神社や寺のご紹介と、奉納された日本刀について見ていきましょう。

日本刀と神社・寺

刀剣鑑賞会のマナー

刀剣鑑賞会のマナー
日本刀は、実際に手に持って鑑賞することができる美術品です。そのため、日本刀を美術館や博物館で鑑賞するうちに、「もっと間近で、手に持って鑑賞してみたい」と思うようになる刀剣ファンも少なくありません。昨今の刀剣ブームにより、全国各地で「刀剣鑑賞会」が多く開催されるようになりましたが、一方で「刀剣鑑賞会は難しそう」と言う不安を感じて、参加できないと言う方も多いです。刀剣鑑賞会に参加するにあたり、事前に知っておくと便利なマナーや、鑑賞する際のポイントをご紹介します。

刀剣鑑賞会のマナー