刀剣入門

槍と長巻の違い
 - 刀剣ワールド名古屋・丸の内/ミニ博物館

文字サイズ

「槍」(やり)とは、刃を持つ「穂」(ほ)と長い「柄」(つか)を組み合わせた「長柄武器」(ながえぶき)の一種です。一方の「長巻」(ながまき)は「太刀」(たち)から発展した片刃(かたは)の刀剣で、「銃砲刀剣類所持等取締法」(銃刀法)では「薙刀」(なぎなた)のカテゴリに分類されます。槍と長巻それぞれの特徴について解説し、「刀剣ワールド財団」が所蔵する槍、長巻の逸品から3振をご紹介。さらに槍と長巻を比較しながら、その違いについて述べていきます。

槍の特徴とは

槍の構造

槍の構造

」(やり)とは長い「」(つか)の先に「穂」(ほ)を持つ、刺突(しとつ)に適した武具です。穂は、槍の先端部分に付けられた刀身(とうしん)にあたり、その長さは槍の種類によって様々。柄の長い「長柄槍」(ながえやり)では20cmほど、穂が長い「大身槍」(おおみやり)では60cmほどあります。

槍の柄は、主に両手で持つための部位のことで、柄の造りによって強度が決まる大切な部分です。下端部にある「石突」(いしづき:柄の先端)で打撃するなど、使い方次第では柄自体も武器とすることができます。柄の長さは、長柄槍では4~6m前後で、記録の上では約8mの柄もありました。大身槍の柄は4m以上。また、槍の種類によっては数10cmという短い柄も確認されています。

多様な槍の種類

槍は柄の長さや穂の形の違いから、多くの種類に分けられるのも特徴です。

槍の穂の種類

槍の穂の種類

素槍(すやり)
長めの柄に幅の狭い直線的な穂を付けた槍。「直槍」(すぐやり)とも言います。穂の断面は正三角形や平三角形、表裏に鎬造り(しのぎづくり)が施された両鎬(りょうしのぎ)などがあり、最も数が多いのは平三角形の槍です。
大身槍(おおみやり)
穂が60cm前後の長い槍のことを指します。名槍中の名槍と誉れ高い「日本号」(にほんごう/ひのもとごう)、「御手杵」(おてぎね)、そして「蜻蛉切」(とんぼきり)という「天下三名槍」(てんがさんめいそう)も大身槍です。

穂が長くなるほど重量が増し、扱うのが難しくなるため、大身槍を自在に使いこなすことができたのは筋力と技に優れた槍の名手だけでした。

銀杏穂槍(ぎんなんほやり)
穂先は鈍角で、あまり尖っていません。主流は両刃(もろは:両側に刃が付いていること)の両鎬ですが、稀に正三角形の断面を持つ造込み(つくりこみ)も見られます。
笹穂槍(ささほやり)
穂の幅が広く、穂先に向かってすぼまる笹の葉のような形をした素槍です。重ねは薄めで、刃長(はちょう)はほとんどが1尺(約30.3cm)以下となっています。
菊池槍(きくちやり)
長い柄の先に短刀(たんとう)を付けた槍のこと。穂に短刀を使っているため、刀身は片側のみに刃のある片刃となっています。

1336年(建武3年)の「箱根・竹ノ下の戦い」(はこね・たけのしたのたたかい)において、肥後国菊池郡(現在の熊本県菊池市)の武将「菊池武重」(きくちたけしげ)が竹の先に短刀を縛り付けて武器にしたことがはじまりという説が有力です。

鎌槍(かまやり)
「鎌槍」(かまやり)は、穂の側面に枝刃を備えた槍の総称で、この枝刃のことを「鎌」(かま)と言います。片側だけに鎌がある槍が「片鎌槍」(かたかまやり)。左右両側に鎌があり十の字に見える槍を「十文字槍」(じゅうもんじやり)、または「両鎌槍」(りょうかまやり)、「十字槍」(じゅうじやり)と呼びます。

鎌が付けられた目的は、相手の足を斬ることの他、深く刺さりすぎるのを防ぐ役割も持っていました。

刀剣ワールド財団が所蔵する槍

槍 銘 伯耆守藤原信髙(やり めい ほうきのかみふじわらのぶたか)

本槍は、1563年(永禄6年)に美濃国(現在の岐阜県南部)に生まれた初代「伯耆守藤原信髙」(ほうきのかみふじわらのぶたか)の手による大身槍です。藤原信髙はのちに尾張国清洲(現在の愛知県清須市)に移住し、尾張刀工として活躍しました。

藤原信髙は新刀(しんとう)期の刀工ですが、本槍は穂の長さが2尺5寸(約76cm)もある大身槍で、さらに「螻蛄首」(けらくび:穂と柄が接する部分)が長くなっており、これは古刀(ことう)期にあたる戦国時代の造込みに見られる特徴です。勇猛果敢な武士が戦場で用いるのにふさわしい、そんな戦国時代の槍の作風を手本として作られたことがよく分かります。

槍 銘 伯耆守藤原信髙
槍 銘 伯耆守藤原信髙
伯耆守藤原信髙
鑑定区分
重要刀剣
刃長
76
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

長巻の特徴とは

大太刀から発展した長巻

長巻

長巻

武家が支配権を握った鎌倉時代、武士は自らの豪気を誇示するため、刃長が3尺(約90cm)を超える長大な太刀(たち)が作られるようになりました。これらは「大太刀」(おおたち/おおだち)または「野太刀」(のだち)と呼ばれています。

しかし、どんなに腕力や体力に自信のある者でも、長大な太刀は重く扱いづらかったのです。そこで柄をそれまでの太刀よりも長くし、振るいやすいように改装。さらに、室町時代になると、太刀を改装するのではなく、はじめから長い柄を持つ刀剣が作刀され、これが「長巻」(ながまき)となりました。

長巻の柄は、刃長約3尺に対して同じ長さの約3尺から約4尺(約120cm)。力自慢の者でなくとも扱うことができ、さらに振るう、薙ぎ払う、突くといった様々な使い方が可能であった上に、太刀よりも威力が大きかったため広く普及していったのです。

江戸時代には「長巻直し」が登場

戦国時代には大いに活用された長巻ですが、平和になった江戸時代には江戸幕府によって3尺以上の刀剣を個人で所有することが禁じられてしまいます。戦場で威力を発揮した長巻の名品が失われるのを良しとしなかった当時の武士は、長巻を磨上げ(すりあげ)て打刀(うちがたな:刀とも)や脇差(わきざし)に作り替えさせました。

この磨上げとは、(なかご)を切り詰めて刀身を短くすることです。磨上げによって幕府の規定通りの長さに生まれ変わった長巻は、「長巻直し」(ながまきなおし)として後世に伝えられることとなりました。また、のちには最初から長巻直しを模して作った「長巻直し造り」(ながまきなおしづくり)の刀剣も登場しています。

刀剣ワールド財団が所蔵する長巻・長巻直し

長巻 銘 備前長船住重真(ながまき めい びぜんおさふねじゅうしげざね)

本長巻「備前長船住重真」(びぜんおさふねじゅうしげざね)は、陸奥国二本松藩(現在の福島県二本松市)100,000石の「丹羽家」(にわけ)に伝来。そののち、「徳川家」に献上されて、15代将軍「徳川慶喜」(とくがわよしのぶ)の愛刀となりました。

作刀者は備前国長船(現在の岡山県瀬戸内市)を拠点とした刀工「次郎兵衛重真」(じろうべえしげざね)。名工の呼び声高い「大蔵允元重」(おおくらのじょうもとしげ)の弟としても知られています。本長巻は、長巻が普及していた鎌倉時代から南北朝時代の姿を現代に残す貴重な1振です。

長巻 銘 備前長船住重真
長巻 銘 備前長船住重真
備前長船住重真
鑑定区分
重要刀剣
刃長
63.7
所蔵・伝来
丹羽家 → 徳川慶喜 →
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

刀 銘 備州長船住近景(かたな めい びしゅうおさふねじゅうちかかげ)

周防国岩国藩(現在の山口県岩国市)の領主「吉川家」(きっかわけ)に伝来した本刀「刀 銘 備州長船住近景」(かたな めい びしゅうおさふねじゅうちかかげ)。長巻を打刀に作り直した長巻直しです。

作刀者の「長船近景」(おさふねちかかげ)は鎌倉時代後期から南北朝時代の備前国長船で活躍。「明智光秀」の愛刀であった「明智近景」(あけちちかかげ)を鍛えたことでも有名です。

作風は鎌倉時代後期の様式を表し、本刀においても地鉄(じがね)は板目(いため)が詰み、地沸(じにえ)が精緻に映り立つ、長船近景の特色が際立っています。

刀 銘 備州長船住近景
刀 銘 備州長船住近景
備州長船住近景
鑑定区分
重要美術品
刃長
68.2
所蔵・伝来
岩国藩藩主
吉川家伝来 →
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

槍と長巻の違いとは

槍と長巻それぞれの特徴は、前述した通り、槍は穂の形や大きさによって数種類に分けられますが、長巻は1種類しか存在しません。それ以外に槍と長巻にはどのような違いがあるのでしょうか。詳細に見ていきましょう。

刀身と柄の形状

槍の柄には装飾がない

槍の穂は、菊池槍など一部を除き基本的には両側に刃がある両刃です。柄は主に木製で、樫(かし)や栗、胡桃(くるみ)、椎(しい)、ブナなどの頑丈な木材が使われました。次いで、クヌギやナラ、柏(かしわ)、桜など硬さに加え柔軟性もある木材も多く利用されています。この柄に装飾を施すことはほとんどありません。

柄巻が長巻の名の由来に

一方の長巻は片刃で、刀身に反りがあるのは太刀と同じです。また(つば)や(はばき)など太刀と同様の金具が付き、柄には「柄巻」(つかまき)として麻紐や革が巻かれ、長巻という名の由来になりました。

使い方の違い

誰にでも扱えた槍

槍衾

槍衾

槍の最も有利な点は間合いの広さです。離れた場所から刀剣を持った相手を刺突、あるいはその長さと重量を利用して振り下ろす打撃も行われました。柄の握る位置を短くすることで接近戦にも対応できたと言われています。

また、槍は誰でも使うことができたのも大きな利点です。武芸に心得のない足軽でも容易に扱えたため、戦場には大量に投入されました。

大量に投入されたことで、大勢が槍をすき間なく並べる「槍衾」(やりぶすま)を作ることもできたのです。馬が尖った物を怖がる習性があることから、槍衾は騎馬兵に対して有効でした。

慣れなければ使えない長巻

長巻は槍や薙刀(なぎなた)などの長柄武器に次いで重視された強力な武器です。槍が突くことを基本としているのに対し、長巻は斬ることが主眼となっていました。刃長の長さと重量を活かして、相手の脚や馬の脚を払い斬ることができたのです。

その反面、柄が長いため扱いが難しく、上手く使いこなすには熟練が必要でした。慣れない者が馬上で使うと自分の馬を傷付けてしまう恐れもあったと言います。

しかも重量のバランスが刀身側に片寄っているため非常に重く、柄の端を握って振り回すことは困難でした。また長巻の柄は長くともあくまで握るための部位であるので、槍のように石突を利用した攻撃はできなかったのです。武術の腕が物を言う長巻は、武人らしい武器であったと言えます。

槍と長巻の違い

槍と長巻の違いをSNSでシェアする

「刀剣入門」の記事を読む

時代別に見る日本刀の特徴

時代別に見る日本刀の特徴
「日本刀」は、大別して「古刀」(ことう)、「新刀」(しんとう)、「新々刀」(しんしんとう)、「現代刀」(げんだいとう)の4つの時代に区分することができ、作刀された時代によって様々な特徴があります。各時代で作刀された刀剣にはどのような特徴があるのか。時代ごとに異なる刀剣の特徴をご紹介します。

時代別に見る日本刀の特徴

日本刀の由来

日本刀の由来
日本刀とは、日本独自の製法で作られた反りがある片刃の刀剣のことを言います。日本刀がはじめて現われたのは平安時代の頃。それまでは上古刀(じょうことう)と呼ばれる、大陸から伝来した両刃(もろは)の剣や直刀(ちょくとう)が主流で、海外の刀剣との大きな違いはありませんでした。日本刀発祥の歴史とそのルーツについて紹介します。

日本刀の由来

最強の日本刀

最強の日本刀
「日本刀」とは、かつて武器として使用されていた刀剣類のこと。漫画や映画などのフィクション作品では、「最強武器」のひとつとして挙げられるほど人気が高いことで知られています。最強の武器というイメージは、細身であやしい光を放つ見た目から来ていますが、実在する日本刀も、実はその切れ味の良さによって「格付け」がされていました。「最強の日本刀」を作刀した「最上大業物」(さいじょうおおわざもの)と呼ばれる刀工と共に、抜群の切れ味を誇る最強の日本刀に関する伝説、逸話をご紹介します。

最強の日本刀

名物と呼ばれる刀

名物と呼ばれる刀
「名物」(めいぶつ)とは、「享保名物帳」(きょうほうめいぶつちょう)に記載された日本刀のこと。日本刀に関する書籍に必ず登場する他、博物館などで展示される場合は「名物」と明記されるため、日本刀に詳しくない人でも言葉だけなら聞いたことがあるかもしれません。「名物」と呼ばれる刀とは、どのような刀なのか。「名物」に関する基本知識をご紹介します。

名物と呼ばれる刀

刀の楽しみ方

刀の楽しみ方
日本刀は、漫画や映画が好きな人であれば、誰もが一度は憧れる武器です。その理由は、「一目見ただけでも切れ味の良さを思わせる姿」や「素早い動きで標的を一刀両断することができる」などが連想されるため。実際に、アニメやゲーム、映画などに登場する際は、作中で「最強の武器」に設定されることもあることから、「日本刀は格好良いから好き」と言う人も少なくありません。そして、それらのフィクション作品を鑑賞する以外にも日本刀の楽しみ方は様々。現実で楽しむことができる「刀の楽しみ方」をご紹介します。

刀の楽しみ方

刀匠の紹介(時代別)

刀匠の紹介(時代別)
日本刀は、一見するとどれも同じに見えますが、大きさによって「太刀」や「打刀」、「脇差」、「短刀」などに分類されます。また、この他にも作刀者や作刀年代、作刀された地域、その時代の戦闘形式によって、様々な形状の刀が作られました。各時代、各地域で発達した刀工集団のなかには、「刀匠」と呼ばれる、優れた腕前を持つ刀鍛冶が多く存在します。そして、その作は日本史上有名な戦国武将や、幕末時代に活躍した志士達に愛用されました。それぞれの時代では、どのような刀匠が活躍していたのか。時代別に活躍した著名な刀匠とその作をご紹介します。

刀匠の紹介(時代別)

日本刀鑑定の古書(秘伝書)

日本刀鑑定の古書(秘伝書)
日本刀の研究は、武士制度の発展と共に進歩をしてきました。時代が進むにつれて刀剣研究家や刀剣鑑定士など、刀剣に関する専門家と呼べる人達が現われるようになり、刀剣・刀工の紹介、刀工の系譜や刀剣逸話・刀剣鑑定に関する書物などが作られるようになります。そうした日本刀に関する古書について紐解いていきましょう。

日本刀鑑定の古書(秘伝書)

日本刀と神社・寺

日本刀と神社・寺
日本には、神仏に対する感謝や崇敬の気持ちを込めて、神社や寺にお供え物を奉納する文化があります。これは古代から続く文化であり奉納する物も様々。収穫したばかりの米や作りたての酒、そして祭の山車や神楽舞なども奉納の一種です。日本刀が奉納されるのもこうした理由からで、人々にとって価値のある物を神仏に捧げることが感謝の意であり、今後も幸運をもたらして貰うための祈りでもありました。神社や寺のご紹介と、奉納された日本刀について見ていきましょう。

日本刀と神社・寺

刀剣鑑賞会のマナー

刀剣鑑賞会のマナー
日本刀は、実際に手に持って鑑賞することができる美術品です。そのため、日本刀を美術館や博物館で鑑賞するうちに、「もっと間近で、手に持って鑑賞してみたい」と思うようになる刀剣ファンも少なくありません。昨今の刀剣ブームにより、全国各地で「刀剣鑑賞会」が多く開催されるようになりましたが、一方で「刀剣鑑賞会は難しそう」と言う不安を感じて、参加できないと言う方も多いです。刀剣鑑賞会に参加するにあたり、事前に知っておくと便利なマナーや、鑑賞する際のポイントをご紹介します。

刀剣鑑賞会のマナー